2018_04_11(水) 15:00

『家族の「スゴイ」に耳を澄ますべし!』編
~家族にスゴイ!と言われるパパになるには~ スゴパパ道! その1

記事投稿: スゴパパ工場

2018_04_11(水) 15:00

1146

記事投稿: スゴパパ工場

1146

さてさて、まずは「スゴパパ」ってなんなの?というところですよね。これは「家族にスゴイ!と言われるパパ」です。ポイントは「家族に」というところ。「スゴイ!」という言葉に対する価値観って、当たり前のことですけど、人それぞれですよね?



東大を出たパパを「スゴイ」と思う人もいれば、年収1億円のパパを「スゴイ」と思う人もいる。また一方で、すごく優しいパパを「スゴイ」と思う人もいれば、料理がうまいパパを「スゴイ」と思う人だっていて、スプーンを曲げられるパパを「スゴイ」という人もいます。
だけど、その基準を決めるのはあくまで「家族」であることが大事。決して「自分」ではない。

人は認められたいものです。いわゆる“承認欲求”ってやつですね。とはいえ、自分が基準で「スゴイ」を求めていくと自己満足になりがち。そうなると思わず自分から「スゴイだろ?」とドヤ顔を決めてしまって、家族はドン引きなんてことも(汗)それじゃマズイわけです。言ってみれば「マズパパ」です(汗)

世の中の風潮は男性も家事や育児に参画するべき、というものがありますが、そうは言っても仕事もしないと家族は養えないわけで、なかなか大変。そんな時にこそモチベーションに火をつけてくれるのが愛する家族からの「スゴイ!」だったりしませんか?少なくとも僕はそうです。正直、仕事をしながらの家事や育児が負担になることはあります。でも、やった分だけ認めてもらえるなら、そして家族が笑ってくれるなら!

だからこそ使命感ではなく、幸福感を求めて家族を楽しむための方法や家族サービスを考えていきたいと思っています。

では、具体的に家族に「スゴイ!」と言われるためにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、家族がどんなことを考えて、どんなことで「スゴイ」と思うのか?これを知ることが第一歩だと思います。

そしてその方法は・・・

①これまでに家族が自分に「スゴイ」と言った時のことを思い出してみる。
②家族がテレビや雑誌などを見て「スゴイ」と言った時を思い出してみる。
③直接「どんなことができる人をスゴイと思う?」と聞いてみる。

意外と③の方法では明確な回答が出てこないことが多いような気がしますが(汗)

そう!とにかく耳を澄ますのです。
家族が「スゴイ」とつぶやく瞬間に!

そこからスゴパパ道が始まります。

スゴパパの道は一日してならず。

スゴパパ工場 工場長 杉山錠士
http://www.george-sugiyama.com/sugopapa/

Ohana styleをご覧の皆さん、はじめまして。
スゴパパ工場の工場長で兼業主夫放送作家の杉山錠士です。

結婚16年目、妻がフルタイムで働いているので自営業である僕が、主に家事育児を担当する兼業主夫をしています。2018年4月現在、中3と小1の娘が二人。今も変わらず迷いながら楽しみながら子育てをしています。

オハナスタイル公式ライター : スゴパパ工場

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ