2017_03_14(火) 23:13

大切な人を亡くして気付いた、それ以上の私の大切なこと<福岡県在住 30代女姓>

記事投稿: オハナスタイル編集部

2017_03_14(火) 23:13

1510

記事投稿: オハナスタイル編集部

1510

我々(BOLSTER株式会社)は、皆さんへ親孝行のきっかけと、親孝行を手軽に行うための仕組みを提供しています。今回は、福岡県在住 30代女姓から、「大切な人を亡くして気付いた、それ以上の私の大切なこと」が届きましたので是非ご覧ください。

 

私が小さい頃から女手一つで育ててくれた母だけど…

私の父は、私が小学3年生の時にで病気で亡くなりました。
そのときから、母は女手一つで私を育ててくれ、私はいつも祖母と一緒に遊んでいました。母は一生懸命働く反面、お酒を飲んではトラブルを起こしていました。私はそんな母が恥ずかしく、いつも惨めに思っていました。
今考えると、小学校高学年から社会人になるまで私は母と、親孝行はおろか、ろくに会話をしたことがありませんでした。


そんな母が乳がんに

社会人になった私は、母親と一緒に暮らすことが窮屈に感じていたので、県外就職をして、すぐに一人暮らしを始めました。初めての一人暮らしは、とても楽しいものでしたが、やはり母親のことを考えないときはありませんでした。
そんな時に母と暮らしている祖母から急に電話が入り、「お母さん、ガンが見つかったよ」と告げられました。
会社に早退を告げ、我を忘れて急いで実家に帰ったことを覚えています。
幸い、早期発見の乳がんでしたので、無事に手術が終わり、転移も見られなかったです。母も「帰ってきてたの?」と、私の心配をよそに、けろっとしていました。

母の最愛の祖母が亡くなる

母の乳がんの手術も終わり、やっと家族で一息ついたときに、祖母が緊急入院となりました。
そのまま、あれよあれよという間に、祖母は逝ってしまいました。母の乳がんの手術が終わったので、自宅に帰った矢先の出来事でした。
再び、急いで実家に戻ると、そこには今までみたことのない母の後ろ姿がありました。
母と祖母はいつも喧嘩ばかりしていましたが、一緒に旅行に行くなどして、とても仲が良かったです。その最愛の母を亡くした母は、遺影を眺めてはただただ涙を流しているだけでした。
私は、なんと言葉をかけていいかわかりませんでした。葬儀は早々に終わり、私はまた県外の自宅へと、母を残して帰りました。私はその日、どうしても母の後ろ姿が目に焼き付いて離れませんでした。

私と母をつなぎとめてくれたのは、小さな命

祖母が他界して半年を過ぎたころでしょうか。私のお腹の中に、小さな命を授かりました。
私は、それを機に母と暮らすことを決心しました。
会社に転勤を何度もお願いし、転勤が決まり、婚約していた彼にも頭を下げ、母に内緒で突然帰宅をしました。
その時の母の顔は忘れられません。嬉しいような、ほっとしたような、そんな顔でした。
それから子供が産まれ、母は毎日、孫と一緒に生き生きと過ごしています。
何より、両親のいない旦那に、「二人目の母ができたみたいで、僕もうれしい」と言われ、母も「息子がいなかったから、私もうれしい」とお互いに感謝の言葉を掛け合っていました。
そのとき、こんな私でも、やっと親孝行ができたと思い、初めて心の底から母に感謝することができました。

<福岡県在住 30代女姓 ペンネーム ふーたママ>

 

親孝行、始めませんか?

みなさんはご両親とのコミュニケーションは取られていらっしゃいますか?忙しい日々を過ごしていると、つい両親への連絡が後回しになってしまう方も多いのではないでしょうか。
まずは月に一度から、手軽に両親への手紙を郵送できる「親孝行、お届け便。」を活用して、コミュニケーションのきっかけをつくってみませんか?
「親孝行、お届け便。」は、お客様のスマートフォンに保存されている写真やSNSの投稿をもとに、スマートフォンをあまり利用していないご両親にも近況を手軽に伝えられる手紙を作成し、ご両親のお手元までお届けするコミュニケーションサービスです。
ご両親へご郵送させて頂く際には、返信の際にご利用頂ける返信用ハガキも同封していますので、メールや電話とは違う、直筆の温かみがあるお返事も頂けますので、ぜひ一度、「親孝行、お届け便。」を体験してみてくださいね。

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ