2020_04_03(金) 11:09

不妊治療中、子宮内膜症の悲劇【泣いた笑った妊活days】

記事投稿: tomo

2020_04_03(金) 11:09

4196

記事投稿: tomo

4196

不妊治療を少しお休みすることにした私は、2周期治療から離れた生活をしました。

それでも頭の中は妊娠のことばかりで赤ちゃんのことを考えない日はありませんでしたが、妊活においてお休み期間はとても大切だと思います。

リラックスすることや治療を忘れて夫婦で楽しく自由な時間を過ごすことは、治療を続けていく中での息抜きとして必要なことだと改めて感じました。

ところがそんなお休み期間の中、私はチョコレート嚢腫という子宮内膜症になってしまったのです。

★目次★

チョコレート嚢腫

不妊に追い討ちをかける内膜症

嚢腫は、通院を再開して久しぶりに卵胞チェックをしてもらったときに見つかりました。

最初は、前回の生理の出血が残っているだけかもしれない…ということもあり、もう一周期様子を見ることになったのですが、次の生理がきても卵巣のところにある血の塊のようなものは消えてくれていませんでした。

痛みは月経時や排卵時に…

子宮内膜症の主な症状のひとつとして、生理痛が酷くなる人が多いようです。

でも私は元々生理痛が重かったということもあり、その変化に全く気付きませんでした。

むしろ重い生理痛に慣れてきて、最近はマシになったのではないかとさえ勘違いしているくらいでした。

先生に内膜症になっていると言われて初めて、

「そういえばこの前の排卵日付近にすごくお腹が痛いときがあった…?」

と思い出しました。



いよいよ体外へ

妊娠が最善の治療法

治療をお休みしたから内膜症になったというわけではありませんが、知らないうちに嚢腫が出来てしまっていたので、私は治療をお休みしなければよかったと後悔したこともありました。

幸い嚢腫の大きさは3cm程度でそんなに大きいものではなかったので、すぐに手術などをしなければいけない状態ではありませんでした。

変に触ってしまうよりも、今は妊娠を優先することが最善の治療法だと先生に言われました。

嚢腫が小さいうちは特に症状がない人もいるそうです。何も悪さをすることなくそこに嚢腫があるだけ、という方もいます。

症状が出るとしたら月経や排卵に伴って悪化するようです。

ステップアップを決意

妊娠することができたら何ヶ月もの間生理が止まることによって進行を止めることができます。妊娠を希望している今の私には、ピル服用で悪化を防ぐのではなく、妊娠することが何よりもの治療法でした。

出産、授乳が終わったあとに生理が再開したときには、小さな嚢腫であれば消えてなくなっている人もいるそうです。

私は、人工授精を6回目まで挑戦してみましたが結局一度も良い結果は出ませんでした。

内膜症のこともあり、早く妊娠することが自分の気持ちにも身体にも最善であると改めて思ったので、いよいよ体外受精へ進むことになりました。

前回はこちら

次回はこちら

オハナスタイル公式ライター : tomo

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!