2020_03_21(土) 12:41

犬チョコ?ホワイトデー【生きる力を伝える育児】

記事投稿: ノンママ

2020_03_21(土) 12:41

42

記事投稿: ノンママ

42

突然の一斉休校から2週間。

世間の騒動には関わらず、季節は巡り、今年もホワイトデーがやってきました。

★目次★

桜が、、

近所の公園の桜が一本だけ、チラホラ咲き始めました。

何本もある桜の木の中で、その桜だけが毎年ひと足早く咲き始めます。

薄いピンクの桜の木の下で、たくさんの子供達が遊んでいます。

子供達が笑顔で遊んでいる姿は、いつ見ても楽しいものです。

でも時間は平日の午後早くです。

学校があれば見ることのない景色です。

休校で行き場を失った姿だと思うと、何とも言えない気持ちになります。

チョコレート、もらったの

遊んでいる子供達の中にわが家の小学6年生の娘がいます。

休校でも、休校でなくても毎日、公園で遊んでいる娘です。

そんな娘が先月のバレンタインデーの翌日、チョコレートをもらってきました。

「犬友達から、もらったの。」

と言います。

犬友達のおひとりから、いつもワンちゃんを可愛がってくれてありがとうのチョコレートだと言います。

箱には可愛い犬のイラストが描いてあります。

「わぁ。捨てずにとっておかなくっちゃ。」

とご機嫌です。

私も犬友達のチョコレートのお相伴に預かりました。

犬友達って?

さて、犬友達とは娘のお友達で、公園に散歩に来るワンちゃん達と、その飼い主さん達のことです。

動物大好きの娘ですが、わが家はペット禁止です。

犬を飼いたくても飼えない娘は、公園で散歩するワンちゃん達と仲良くなりました。

そして自然と、飼い主さん達とも仲良くなったのでした。

飼い主さん達は全員、立派な大人の皆さんです。

その交友関係は幅広く、娘と近所を歩いていると私が知らない方から挨拶をされます。

私は驚きますが、娘は慣れた様子で受け答えをします。

後から娘が説明してくれます。

「あのおばさんは公園にリンちゃんを連れてくるの。リンちゃんはチワワ。なかなかさわらせてくれなかったけど、今は仲良しなの。」

「あのお兄ちゃんは柴犬の空ちゃんのパパで、、」

などなど。

娘には、そんな犬友達がたくさんいるのです。

私の知らないうちに娘は、ワンちゃんを間に大人と仲良くお付き合いするようになっていたのでした。

今年のバレンタインデー、ホワイトデーは?

チョコレートと言えば、娘が小学生になってから毎年、バレンタインデーやホワイトデーは大騒ぎでした。

今年もバレンタインをひかえた1月末から、何かあるぞと心していました。

でもバレンタインデーを前に娘は余裕です。

あまり口うるさくてもと思いつつ、娘に聞いてみました。

「今年はバレンタインの友チョコはやめたの。みんなで、お菓子食べることになったの。あげたい男の子もいないし。」

との返事。

お友達と友チョコの交換はやめて、お菓子を持ち寄って食べることになったと言います。



お返ししなゃ。

誰にも作らず、誰からももらわず。

静かに今年のバレンタインデーは終わったのでした。

そこに、犬友達からの思いがけないバレンタインのチョコレートです。

少し盛り上がりに欠けていたバレンタインデーだったので、娘は余計に嬉しかったのでしょう。

お返しを考えたようです。

「ホワイトデーしなきゃ。どうしようかな。本当はワンちゃん達にもあげたいけど、勝手にあげちゃダメだから。」

などと言っているうちに、休校になりました。

毎日、時間はたっぷりあります。

せっかくなので手作りすることになりました。

そうと決まれば、実行です。

図書館は閉館なので、ネットでレシピをさがしています。

美味しそうで、難しくなくてと条件が色々です。

やっと娘が選んだのは、グラノーラのチョコバーです。

グラノーラは娘の好物です。

ヨーグルトと一緒によく食べているので、味が想像しやすかったのが決め手のようです。

それでも初めて作るので、練習で作ってみることになりました。

作るぞ。作るぞ。

レシピを横目に調理開始です。

まずはグラノーラを砕きます。

楽しくなったようで調子にのって、たたいています。

次にチョコレートを湯せんします。

二つを合わせて型に流して冷蔵庫へ。

こうして文章に書くと、特に問題はないようです。

でも現場のキッチンは粉々のグラノーラと、溶けて固まったチョコレートが飛び散っています。

口出し手出しはしまいと決めたので何も言いませんが、そっとため息です。

数時間後、チョコバーが冷えて固まりました。

娘が慎重にカットしてゆきます。

でも、なかなかうまくいかないようです。

「ああッ。失敗したっ。」

悲鳴が聞こえてきます。

でも何とかカット出来ました。

美味しいかな

お楽しみの試食です。

サクッサクッとした食感とチョコの甘さがマッチしています。

「美味しいね。これならあげられるな。本番は犬の形にカットしてみよう。」

と娘もご満悦です。

プレホワイトデーは成功でした。

本番では美味しさだけでなく、見た目も重要です。

上手く出来たら犬友達から、どんな反応があるのかな。

それを楽しみに本番が成功するよう、見守りましょう。

あまりキッチンが汚れないことを願いつつ、、。

オハナスタイル公式ライター : ノンママ

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ