2020_03_16(月) 07:55

[新型コロナウィルス]の影響で旅行を断念!キャンセルする時の注意は?

記事投稿: いちかママ

2020_03_16(月) 07:55

187

記事投稿: いちかママ

187

ネットニュースやワイドショー、新聞で朝から晩まで報じられている「新型コロナウィルス」問題。

いまや小中学校の休校延長などをはじめとして、私たちの家族生活に重大な影響を与えています。

いったいいつ収束するのか、終わりが見えないからこそ気分も塞ぎがち。こんな時こそ、家族で力を合わせて乗り越えていきたいものですね。

さて今回は、その新型コロナウィルス拡大にともなう、家族旅行のキャンセルについて。

TDRやUSJなど大型施設の休園延長も決まり、「ずっと計画していた旅行だけど、泣く泣く断念…」という方も多いのではないでしょうか。

「でも、どうやってキャンセルすれば良いの?」

「キャンセル料ってかかる?!」

といった気になる情報について、3/16現在の最新情報を基にお伝えします。

★目次★

家族旅行をキャンセル!手順は?

楽しみにしていた家族旅行をキャンセルするのは苦渋の決断ですが、その取り消し手順がそもそもわからない…という方もいらっしゃるかもしれません。

まずは、基本的なキャンセル手順をご紹介します。

1.航空券について

JALやANAなどの国内航空券については、現在4月5日(日)搭乗分まで取り消し料免除でキャンセルが可能です。

支払った金額分を戻してもらう対応が大半ですが、ジェットスターのように同一区間便への予約変更やフライトバウチャーによる払戻しという対応をしている航空会社も。

いずれにせよ、キャンセルの際は公式HPでログインし、予約履歴から取消し処理するのが最も早いです。

予約の際の確認番号や便名を今一度用意しておきましょう(具体的な進め方は、各航空会社の記載内容に従ってください)。

「不安だから、電話で手続きしたい…」

という方もいらっしゃるかと思いますが、現在多くの窓口が通常以上に混雑しているようです。

可能であれば、WEB上の取消しをおすすめします。

2.国内ツアーについて

国内ツアーに関しても、JR付き・航空券付きいずれも取り消し料免除で対応してもらえる旅行会社がほとんどです。

航空券同様、予約したエージェントのマイページ等から取消し手続きをしましょう。

なお、海外航空券やツアーに関しては、行き先や航空会社によって対応が大きく異なります。

公式HPで最新情報を確認しましょう。

特に、外務省感染症危険情報が発出されている中国、香港、マカオ、韓国、イタリア、サンマリノ、バチカン市国が目的地のツアーは催行中止の連絡が順次入るかと思います。

旅行をキャンセルする時の注意点

航空券やツアーの取り消し料免除を知って安心、という方も、国内ホテルの宿泊やレンタカーを予約している方は、それらも忘れずにキャンセルの連絡をしましょう。

ホテルや旅館に関しては、今回の新型コロナウィルスによる宿泊取消しに関しての対応は施設によってバラバラです。

ただ、一般的に宿泊日の前々日までは取り消し料がかからない規定のホテルが多いので、直前でない限りは金額は発生しないはず。

一方、ツアーや航空券に関しても

「出発日が近いから早く取消ししたいのに、全然窓口がつながらない!」

と焦っている方も多いのでは。

万が一出発日を過ぎても、今回のような特別措置においては、取消料免除期間内の商品は遡って返金手続きが可能なのでご安心くださいね。

また、TDRやUSJなどテーマパークの入園チケットを持っている場合も、「もう行けないから…」と処分せずに保管しておきましょう。

今後、払い戻し方法等について順次発表される見込みです。



旅行中止は残念。それでも負けない家族でいよう!

本来、春休みに向けてワクワクしながら旅行計画を立てていたご家族も多いこの時期。

今回の新型コロナウィルス騒動は、日本中の多くの観光地にも打撃を与えています。

わたし個人としても、このまま多くの観光業が経営継続の危機にさらされるのでは…と心配しています。

でも、その反面、「ピンチはチャンス!」とも思ってもいるんです。

今わたしが感じているこの焦燥感って、実はちょっぴり2018年9月の北海道地震のときに似ていて。

あの時もあれこれ不安や心配もあったけれど、落ち着いた頃に「ふっこう割」という旅行割引企画が実施されて、お得に旅行を楽しむことができたりしました。

今回のコロナ騒動は日本どころか世界全域の問題になっていて、なかなか地震のときと比較はできないかもしれませんが、きっと何かしら希望の光が見えてくるはず…と信じています。

まだまだ先は見えない状況だけれど、こんな時こそ家族の繋がりを感じられるように

皆さんを応援しつつ、わたし自身も家族を大切に過ごしていきたいなと思います。

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!