2020_02_17(月) 06:20

家族で思い出作り!勝負の春に手作りお守りはいかが?

記事投稿: いちかママ

2020_02_17(月) 06:20

149

記事投稿: いちかママ

149

バレンタインのチョコ作りや、オリジナルの陶芸作品づくりなど、今月は家族で”ハンドメイドに挑戦できるスポット”を続々とご紹介していますが、今週のテーマは何だと思いますか?

正解は、なんと「お守り」!

そう、大学や高校入試本番に向けて、今が追い込み真っ最中の時期。

受験生がいる家庭では、親も子もなんだかピリついてしまって…と疲れが溜ってくる時期でもありますね。

そこで今回は、自分で作れる「お守り」にフィーチャーしたいと思います。

★目次★

あなたは「お守り」を持ったことありますか?

そもそも、皆さんにとって「お守り」ってどんな存在でしょう?

もしかしたら、今まで一度も持ったことはない、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

ちなみにわたしは今年が本厄なので、昨年厄払いをしてもらったときのお守りを持っています。

お守りに託す願いや想いは、人それぞれ。

今時期に人気の合格祈願はもちろん、交通安全や安産、健康、縁結びなど、様々な祈願内容に応じて選べるのもお守りの魅力のひとつです。

だからこそ、家族それぞれに必要なお守りは異なってきますよね。そこでおすすめなのが、「手作りお守り」なのです。

お守りが手作りできる!?

「お守りを手作りするの?!」

と意外に感じる方も多いかもしれませんが、最近は意外と多くの仏閣で体験可能になっているんです。

例えば広島県尾道市の「浄土寺」では、焼き印を押したお願い札をお守り袋に入れる「しあわせ守り」という体験プランがあります。

ほかにも神奈川県小田原市の「蓮華寺」、滋賀県東近江市の「太郎坊・阿賀神社」など、全国各地で多様なお守り作りを実施中。

それぞれの寺・神社によってプラン内容は様々ですが、多くは自分でお札や専用の神に願い事を書くことができるので、”自分だけのお守り”という特別感が高まります。

もちろん、受験生のお子さんへ差し入れしても、感動してもらえますよ。

お守りをつくるだけじゃなく、写経をしたり、説法を聞いたり、あるいは抹茶をたてたり、その仏閣独自の体験内容はありがたみがあって、一度体験の価値アリ!



家族で願えば、きっと春は来る!

受験本番が近付いてくるにつれ、ナーバスになってしまうお子さんも多いはず。

「たまに気分転換を兼ねて、お守りを作りに行ってみない?」

と気軽に誘ってみてはいかがでしょう。

もちろん、なかなか外出は厳しい…という場合は、ご両親やご兄弟が代わりにお守りを作って、本人へプレゼントしてあげるのも素敵ですね。

なんにせよ、家族全員が一丸となって迎える受験シーズン。

1つのお守りにかける想いの強さこそが、家族の絆の証にもなるはず。

是非挑戦してみたい、という方はお近くの社寺の手作り体験を探してみてくださいね。

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ