2020_02_10(月) 06:02

家族で思い出作り!オリジナルの絵で家族だけの器作り

記事投稿: いちかママ

2020_02_10(月) 06:02

116

記事投稿: いちかママ

116

暖冬で雪が少ない…なんて言われている今冬ですが、2月に入って急に気温が下がりましたね。

皆さん、健康管理を万全にしていきましょう!

さて、バレンタインが近付いてきて、先週は“家族でチョコレートにふれる”をテーマにチョコ作り体験などをご紹介しました。

それに続いて今週は、“家族で手作りできるモノ”から派生し、焼き物体験スポットをご紹介したいと思います。

手作りチョコも良いけれど、作品としてずっとおうちに残せる焼き物は、また格別なバレンタインになる予感。

冬遊びのマンネリ脱却レジャーにもおすすめですよ。

★目次★

北陸石川県の誇り!九谷焼

北陸地方で広がった歴史的な焼き物と言えば、九谷焼。

赤、黄、緑、紫、紺青の「五彩手」と呼ばれる色付けが特色で、伝統を感じる作品の数々は眺めているだけでもワクワクします。

その中心地である石川県の「久谷満月」は、日々多くの観光客も訪れる最大級の九谷焼専門店。

ここで、初心者でも挑戦できる「九谷焼絵付け体験」ができるのです!本格的に挑戦したい方は、ろくろ体験も可能。

<詳細はこちら>

都内から行くのもアリ!益子焼

日本の中心地である東京から近いことで、かつて急激に需要を伸ばしていったのが益子焼き。

栃木県益子町には今も多くの窯元が存在し、最近はモダンな柄の陶器が人気になるなど、時代と共に進化を遂げています。

益子焼き体験をするなら、体験プランが充実している「やまに大塚陶芸教室」がおすすめ。

小さいお子さんが一緒でも丁寧に教えてくれるので、安心して参加できますよ。

もし新築やリフォームの予定があるなら、家族で洗面鉢作成コースにトライしてみるのも思い出深い!

<詳細はこちら>

今、ジワジワと人気上昇中!美濃焼

平安時代頃から、岐阜県で盛んになった焼き物作りが、美濃焼。

でも実は、”美濃焼には、こういう条件があります!”という明確な区分けというのはありません。

自由度が高いからこそ、現代の生活に溶け込むおしゃれな作品もどんどん生まれている、注目の陶磁器です。

アットホームな雰囲気のなか、湯飲みやお皿への絵付け体験、あるいは陶芸体験できるのは、「角山製陶所」。

夫婦二人三脚で営まれている工場は、見学するだけでも職人の技を垣間見られます。

<詳細はこちら>



家族で想いを込めた手作り陶器をGETして!

最近は、朝ドラ「スカーレット」の影響でも広く親しまれるようになった焼き物。

日本の伝統技術や、地方独特の魅力が詰まったものだからこそ、是非ともその世界を家族で少しだけ味わってみてほしいなぁと思います。

できあがりまで時間がかかるものだからこそ、みんなで「どんなできばえになるかな?」とドキドキしながら待つ楽しみも味わえますよ。

この冬は、思い切って焼き物体験に、是非挑戦を!

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ