2020_02_15(土) 09:06

子育て・妊娠しながらの働き方~3人育児ママ

記事投稿: つん

2020_02_15(土) 09:06

328

記事投稿: つん

328

1人目妊娠の時には想像もつかなかった働きながらの子育て、これから出産される方、1人目、2人目子育て中の方にも共感していただけるかなと思います。

現在3人目を妊娠中で、もうすぐ出産予定です。

1人目妊娠中には産休を取って、今の仕事を辞めて違う仕事を探すつもりでいました。

しかし色々な問題があり、妊娠中には想像もしていなかったので、辞めずに続けています。

その他もたくさん大変なことがあるので、妊娠中からイメージし、覚悟しておきましょう。

今回はそんな「3人育児のイメトレ」について

★目次★

差し迫って想像できること

3人育児だけでなく、現代の日本で育児をするにあたり、差し迫って想像できることもありますよね。

まずはそうした問題?について。

保育園問題

育休復帰であれば、入園の優先順位があがるため、待機児童が多い場合には求職中であれば優先順位が下がること。

働く時間によって預けれる時間が違うこと。

それ以外になると料金が発生すること。

など実際に入るために資料をもらうことで知りました。これを聞いたら仕事は辞めれません。

正社員で働く事の大変さ

正社員で働くにも、常勤扱いなので働く時間も自分で決めれません。

時短勤務があるのは、もともと働いていて育休復帰した人や、ある一定期間働いている人にあたえらる権利のため、再就職となると難しい。

なので一旦辞めてしまい、働く時間を見直そうとすると、パートで探すことになります。これを聞いたら他に仕事を探すのは大変そうです。

子どもが熱を出した時の仕事

病児保育を登録しても、入れるかどうかは当日までわからない。

診察を受けて用紙を書いてもらってからになるので、それなら早くに休む連絡をした方が迷惑かけずにすむ。

周囲に協力してくれる環境がないと休みがちになってしまう。これは割り切る根性が大事!

時短家事の必要性

帰ってからのご飯は、子どもの相手をしながらなかなか作れないため、簡単メニューや、下ごしらえや、冷凍作り置きが必須。

2人目妊娠中には想像できなかったこと

復帰のタイミング

保育園に入れる年齢や、育休期間と照らし合わせて復帰しないといけません。

入りやすい年齢や、兄弟枠というものがあるため、優先順位を決めるにあたって上の子が保育園に入っている間に復帰を考えないといけない。

もしくは早い段階での復帰を考慮。

上の子の小学校入学と自分の仕事復帰がかぶるのも避けたいですよね。

学童問題

上の子どもが小学校に入学すると、帰宅時間が早いため、学童も考えなくてはなりません。時間を聞いて、復帰の時間も決めないといけません。

他にも……

・仕事から帰ってきたあと、寝るまでの時間との戦い

・リフレッシュの時間がなかなか取れない

など色々出てきます。



3人目妊娠中には想像できなかったこと、は?

3人目妊娠中には想像できなかったこと

は、何になるんでしょうか。

・子どもと過ごす時間があっという間

・子どもの笑顔がリフレッシュ、頑張ってよかったと思える瞬間

・大変だけど何とかなる

と言えるママになっていたいです。

私は、子どもと過ごす時間を犠牲にしないための育児と仕事両立と考えています。

それは子どもは増えてもそうです。

色々な葛藤があると思いますが、子どものためにどうすればいいのかを考えて、両立できたらいいですよね。

オハナスタイル公式ライター : つん

タイアップ

タグ一覧

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!