2020_01_04(土) 14:10

今年こそは。【生きる力を伝える育児】

記事投稿: ノンママ

2020_01_04(土) 14:10

187

記事投稿: ノンママ

187

新年明けましておめでとうございます。

よいお正月をお迎えのことと思います。

みなさまにとって、この一年がよい年でありますよう願っています。

今回は2020年の「今年こそは」について。

★目次★

新年に思う。

新年を迎えると今年一年はどんな年になるかを誰しもが考えると思います。

よい一年であるように。

健康であるように。

幸せであるように。

願い事は皆それぞれです。

子供がいる方は何をおいても子供のことを願われると思います。

子供が健康で幸せであること。

それが親とっての何よりの幸せであり願い事であると思います。

去年を思う。

新年を思う時は同時に去年のことも思い返されます。

わが家には小学6年生の娘がいますので、自然と娘のことが中心になります。

自分のことよりも冬休み真っ最中の娘の去年はどうだったかと思い返します。

娘はお休みに入ると早速、町内会のお餅つきに参加していました。

毎年恒例の子供達に大人気の行事です。

それからお友達とのクリスマス会やらお楽しみ会。

何かと名前のついた集まりが続きます。

まるで大人の飲み会のようです。

忙しい事、この上ありません。

嬉々として遊びに出かける娘の様子を見るにつけ、ため息です。

去年の冬休みと同じ光景が繰り返されているからです。

そこには年令を重ねても成長はしていないのではという疑問です。

思い返せば個人懇談でも同じことを先生から注意されていたのでした。

同じことと言えば、二学期の終業式の朝に毎年繰り返される光景があります。

終業式はクリスマス当日です。

ということは子供達の枕元にはサンタさんからのプレゼントがあります。

もちろん、娘の枕元にもサンタさんからのプレゼントがあります。

いつもは寝起きの悪い娘がプレゼントを見つけるなり、跳ね起きて喜びの声を
あげます。

でもいつまでも喜んではいられません。

遅刻してしまうからです。

私に急かされ娘は渋々、プレゼントに後ろ髪を引かれながら学校に行きます。

今年も同じ光景が見られたのでした。

成績は?

そして帰ってきた娘は、ただいまもそこそこにプレゼントを持って遊びに行こうとします。

エッ。ちょっと待って。と声をかけると、不思議そうに

「何?」

と言います。

ああ。とため息が出ます。

今日、学校からもらってきたでしょ。

と言うと、やっと

「ああ、そうそう。」

と成績表を取り出して渡してくれました。

成績について何か説明や言い訳があるかと思ったのですが、ひと言もなく元気に飛び出して行きました。

成績表を見ます。

相変わらずです。

良くもならず悪くもならず。

読解力が弱い、計算が遅い、忘れ物が多いと先生のコメントが続きます。

個人懇談で耳を痛くして聞いたことが繰り返されます。

予想はしていたことですが、ああとまたとため息が出ます。

娘の成績表ははっきりとした数字や言葉での評価ではありません。

悪くても、がんばろうと励ましの言葉がついています。

あいまいさが良くも悪くも娘に影響を与えているなと見る度に感じてしまいます。

これからは。

中学生になる今年の4月からはそうもいきません。

成績表だけでなく定期テストでも、はっきりと数字で表れるようになるでしょう。

それが進路にも繋がります。

お友達の中には進学塾での厳しい受験戦争に突入している子もいます。

娘もその話を聞いて知っていますが、今は自分のこととして考えることは出来ていないと思います。

成績に順位付けすることに納得がいかないとこれから感じるかもしれません。

それでも現実を知り受け入れることを学ぶ必要があると思います。

三学期には業式が待っています。

とうとう卒業するのです。

娘を見ていると本当に卒業できるのかしらと思ってしまいます。

それでも卒業式の練習は三学期早々に始まります。

そうして少しずつ娘も親の私も小学校を卒業するのだと実感してゆくのだと思います。

娘にとって初めてのことは親の私にとっても初めてのことなんだと当たり前のことですが気がつきます。



今年に期待することは。

今年こそは、よい内容の成績表を持ち帰ってほしいものだと思います。

小学校最後の成績表とこれから入学する中学校の成績表。

どちらにも娘の努力が表れ先生のコメントもいいものであるよう願わずには
いられません。

そしてもう一つ。

今年こそ、ため息は少なく、娘の成長をたくさん感じられるように。

新しい年は新しいことを運んできます。

娘にとって戸惑いもあるでしょうが前向きに乗り越えていってくれることを
願います。

とりあえずは小学校最後の三学期が娘にとって楽しく忙しく、そして思い出深いものになることを願いつつ、三学期を迎えたいと思います。

オハナスタイル公式ライター : ノンママ

タイアップ

タグ一覧

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!