2019_12_20(金) 09:48

プレ大掃除は「ざっくり整頓」で気負いにもさよなら【幸せを呼ぶ片付け術】

記事投稿: hayuru

2019_12_20(金) 09:48

217

記事投稿: hayuru

217

年の瀬も近づいてきましたね。

大掃除を計画している方も多いことでしょう。

掃除をスムーズに進めるには、片付いていないと時間がかかりますよね。

しかし!

まずは片付けからと思うと、とたんにやる気もしぼんでいく気が。

そんな時はとにかく気負わずざっくりと片付ける。

今回は「整頓」に注目してみます。

★目次★

片付けは、楽しい作業と思えないことが多い

やろうと思えば思うほど、億劫になるのが片付け。

片付けというと、一緒に思い出されるのが「整理整頓」という言葉ではないですか?

・整理 → いらない物といる物を分けて処分

・整頓 → 必要な場所に必要な物を置くこと

大体このような認識だと思いますが、確かに片付けをするということは、「整理整頓」をするということ。

言葉の順序からも、片付けはまず「整理」からという気がしますよね。

実はこれが一番楽しくない作業。

知っての通り、物をいるかいらないかに分けるのは、結構心の負担です。

「整理」でつまずいて「整頓」まで行きつかないまま挫折、ということも多いのでは?

最初の1歩でつまずくと、先へなかなか進めないんですよね、これが(-_-;)

そこで、大掃除が控えている師走の忙しい時期に特におすすめなのは、ざっくり整頓。

片付いていないと掃除が出来ない、でも片付けを目的にすると掃除までいきつかない。

そんな時は「整理」の部分をとばしてしまうといいんです。

「整頓」だけでもりっぱに片付け。

がっつり片付けるというより、散らかっていない、ということを目指します。

ざっくりした「整頓」だけでも片付けです

片付け=整理整頓。

一言「片付け」と言うより「整理」と「整頓」2つにわける方が少しだけ気が楽になりませんか?

整理してから整頓しようと思うから時間もかかるし先へすすまない。

でも、置き場所を決めて整頓するだけなら物の移動だけですみます。

いつまでたっても片付かないと考えている人は、まず整頓だけに徹するとすっきりとしますよ。

同じような種類や、一緒に使う物をまとめて置く

たったこれだけのルール。

ほとんどの人は、これ、実は出来ているはずです。

わかりやすく言うなら、

靴は靴箱へ

ということ。

じゃあ服用のホコリ取りブラシは?

これ、我が家では靴箱の扉の裏に下げています。

出がけに玄関で使いたいから。

でもクローゼットで使いたいという場合もありますよね?

それなら、クローゼットに置くでもいいのです。

自分が決めた場所でいいけれど、何をどんな時どれと一緒に使うか、ということを考えて物を配置しておく。

そうすると、一見違う種類だよね?って物でも、同じ場所に置くことで便利にもなるし、

物の住所も決まるし、結果片付きます。

ざっくりとでいいんです

ラップはここ、ポリ袋は絶対ここ、と言う風にきちんと分けなくても、食品保存に使う物はこの辺りへ、というふうに。

この時、いるかいらないか迷っている物も同じく、とりあえず同じ種類のところへ置いておくことが大事です。

というのも、しばらくすると気づくんです。

あ、これ長いこと使っていないなって。

いるかいらないかを、物だけを目の前に置いて考えても決められないことが多くないですか?

いつも使っている物と一緒に置いておくと、その物が動いていないのがわかるんです。

ポイントは、処分を迷っている物ほどは奥にしまい込まないということ。

「整頓」したとしても目につくところに置かなければ、その後の「整理」につながらないからです。

今週さよならしたもの

使っていない洗剤が2本。

去年からあったかも(-_-;)

ずっと使わなかったんだから、この先も使うとは思えないので、欲しいという友人に譲りました。

普段は手に取らない、買うこともないいただき物。

いつか使うかもと思っていたけれど、やっぱり人って使い慣れた物しか手に取らないんですよね。

ただ、ずっといつも使う洗剤のストックなどと一緒に置いておいたので、使わない物だって気づくことが出来たのは良かった。

年末にまた物を整理できたことは、片付けの励みになります。


置き場所を決めて整える

片付けなきゃと思うから面倒な気分になるけれど、決めた場所に物を置く、というだけならそれほど面倒ではないと思いませんか?

使うか使わないか迷う物でも、同じような物と一緒に置いておくことで、ずっと使っていないということに気づけます。

それに気づいた時が処分時。

そこで「整理」すると、あら不思議。
片付くというわけです。

すぐに「整理」しようとしなくてもいい。
置く場所を決めて「整頓」しておけば、それは片付いていると言ってもいいのでは?

特に大掃除を控えるこの年末は、片付けもさっと済ませて掃除にとりかかりたいですよね。
それならまずは「整頓」から。
散らかっていない状態を保ってからでも、「整理」するのは間に合います。

来年以降も、気負わず楽な気持ちで片付けを続けていきたいですね。

オハナスタイル公式ライター : hayuru

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!