2019_12_13(金) 07:10

しくじり先生、教師生命をかけて残した教訓【徒然スパイスバル】

記事投稿: シオ・コージ

2019_12_13(金) 07:10

284

記事投稿: シオ・コージ

284

最近の学校で起きた問題を耳にして、僕の中学時代の、教師生活をしくじったある先生のことを思い出しました。

★目次★

大変な騒動になった「教員間のいじめ」

神戸市の小学校で20代の男性教員が先輩教員たちから暴行や暴言などのいじめを繰り返し受け、体調を崩して休職していた問題は記憶にも新しいと思います。

激辛カレーを無理やり食べさせている映像は衝撃的で、

「助けをもとめられず体調を崩してしまい、ごめんなさい」

という生徒たちにあてた先生の手紙も、やりきれない内容でした。

一連の報道を見ながら、自分の中学時代のある先生を思い出しました。もう30~40年も前の話ですが…(恥)。

ある「教え下手」な先生の話

その先生は別のクラスの担任でしたが、伝わってくる評判はどうも微妙な感じで

「あの先生の授業はよくわからない」

と生徒の誰もが口をそろえて言っていました。

たぶん性格的に、人にものを教えることに向いてないのでしょう。

僕自身は代行でその先生が来た2,3回しか直接教わったことはありませんでしたが、やっぱり評判どおりの、う~~んと首をかしげてしまうような授業でした。

先生自身も自分の教え方に自信がないようで、授業の途中に何度も

「わかる? 分かる?」

と生徒たちに問いかけるのですが、そのたびにいっせいに

「わかんないよ~!」

と大ブーイングを受け、意気消沈している様子でした。

いい人なんだけど性格的にナイーブで、生徒たちからは完全にナメられているようでした。

先生はついに「キレて」しまい…

中3になり進路を決めるシーズンがきて、三者面談などで周囲があわただしい雰囲気になってきたころ、ひょんな噂が耳に入ってきました。

例の小心先生が担任のクラスで、日ごろの生徒たちの自分を見下した態度に堪忍袋の緒が切れてついに爆発、生徒たちに向かい

「お前らの内申書は最低の評価にして、誰も高校に合格できないようにしてやる!」

とかなんとか暴言を吐いたのだそうです。

その一件がPTAでも問題となり、教師にあるまじき態度ということでその先生はついに教職を去っていくことになってしまいました。

風の噂でその後、実家で農業を手伝っていると聞きました。

たしかに中学生のガキ相手にマジ切れし、権威をタテに脅しをかけるなんて教育者としては失格でしょう。

精神的に追い詰められ、心を病んでいたのかもしれません。

「教師は人格者でなければいけない」という空気が今よりずっと強かった時代でした。

振り返って思う「本当に悪いのはどっち?

そのときは先生の方に非があるという結論で終わってしまったわけですが……。

僕自身、大人になってから振り返ってみると、当時のPTAに代表される世間の目が必ずしも正しかったとはいえないような気もします。

いくら教え方が下手だからといって人間的にバカにして見下しちゃまずいでしょう。

相手をナメてかかっていると手ひどいしっぺ返しを食らうこともあるのです。むかしのことわざでいえば、一寸の虫にも五分の魂というやつ。

もしかしたら暴言を受けた生徒たちは、勉強なんかよりもっと重要なことを教わったのかもしれません。

おとなしく見える人でも内心どう感じているかは分からない。甘く見たらあかんぜよと。

けして教え方がうまいとは言えない先生でしたが、最後の最後にみずからの教師生命をかけて、生徒たちに大切な教訓を残したんじゃないかと今になって思います。



最後に

オハナスタイル読者の中には小学生のお子さんをお持ちの方々も多く、学校内でのいじめはけして他人事とは考えられない問題でしょう。

子どもたちがスマホを持ち歩き、ネットやSNSでいろんな情報に簡単にアクセスできてしまう今の世の中は、僕らの子ども時代と激変しています。

心を病んで教育現場を去っていく先生がこれ以上増えないことを祈ります。

オハナスタイル公式ライター : シオ・コージ

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ