2019_12_09(月) 11:40

「もう帰ろうよ」2歳息子のイヤイヤ期は続く【初ママの毎日は難題でいっぱい!?】

記事投稿: Mee

2019_12_09(月) 11:40

142

記事投稿: Mee

142

前回に引き続き息子の2歳息子の「イヤイヤ」エピソード。

今回は「外出先から帰る時」のお話です。

前回の「イヤイヤ期」エピソードはこちら

★目次★

息子はイヤイヤ、ママはイライラ

私の息子は2歳。イヤイヤ期真っ盛りで難しいお年頃ってやつです。

その時々で機嫌も違うので、調子がいい時は私も楽しく遊びに付き合ったり会話したりしていられるのですが、一度機嫌が悪くなるとさあ大変。

両家共に初孫なので、他の子と比較するのが難しいのですが、なかなか手強い方に入るのではないかと思います。

おそらくこれがたまに会う親戚の子くらいなら我慢できるのでしょうが、毎日これに付き合ってると嫌気が差し、ブチ切れてしまうこともしばしば。

時間が経ち、ああまたやってしまったと反省するのですが、なかなかその時は冷静な対応するのは難しいものです。

少し前にひどく怒ってしまったことがあったので、実家で静養しながら反省し、なるべく怒らないよう心がけています。

例えば息子は要求を通したい時、それが叶うまでずっと同じことを言い続けます。もしくは泣き叫び続けます。

そこで私が何を言っても声が大きいので息子の耳に届かないわけです。

なのでしばらくそのまま何も言わず放置してみたり、大きめの音量にして音楽を聴かせてみたりしました。

するとしばらくすると諦め、もしくは落ち着いて、気分が変わって普通に話をし始めたりするようになりました。

息子に対抗して声を荒げてもイライラが増幅するだけだし、結局泣いてて聞いてないので言うだけ無駄だと思ったのです。

正しい対処の仕方ではないでしょうが、私なりに怒らないで対応する今の唯一の手段です。

機嫌が悪いと大変なので、日々息子の機嫌を見ながらなるべく悪化させないように努めています。

もう帰ろうよ

よく歩けるようになった頃からでしょうか。保育園に迎えに行き、すんなり帰れるのは雨の日くらいです。

最初は保育園の周りをお散歩。

道路を渡るとすぐ神社があり、桜の時期はお花見をした時もありました。

ある時は水の流れていない排水溝があり、そこに落ち葉がたまって、わざわざそこに入って落ち葉で遊んだりしました。

またある時は近くで大きな病院の建設をしているので、そこで使用されているクレーン車やショベルカーを見に行き、現場のおじさんたちと顔見知りになり、クレーン車のパンフレットをもらったりしたこともありました。

そして今のお気に入りは保育園のブランコ。

本当は遊ばないですぐ帰らなくてはいけないのですが、先生の注意もないのでそれに甘えて遊ばせてもらっています。1時間近くも……。

迎えに行くと自分の靴を出し、履かせると真っ先にブランコの所へ走って行きます。

少し前まではよかったのですが、最近寒くなってきたので上着を着せたいのですが、着るのを嫌がり、

「着ないならブランコ押さないよ」

と毎回嫌がる息子と格闘しています。

すんなり着てくれる時もあれば時に無理矢理着せてブランコで遊んでいると、息子と同じクラスのママたちが次々に迎えに来て、よく一緒に遊んでいます。

息子もクラスから出てくるお友達に

「○○ちゃん、一緒にブランコしよ〜」

など声をかけ、その子が滑り台にいけば

「はーくんも!」

とお互いにまねっこしあっています。

そうやってしばらくみんなで遊んでいるのですが、ママたちは早く帰りたいのはみな同じ。

「○○くん、もう帰るよ」と、1人、2人と帰って行きます。

すんなり帰る子、しばらくしてから帰る子と様々ですが、大抵一番最後がうち。

一番最初に迎えに行って一番最後に帰るって、よく我慢してるなって自分でも思います。

それでもその間に30回以上「もう帰ろう」と言ってるのです。

息子の大好きなお煎餅作戦が効く時もあれば、嫌気が差して無理矢理連れて帰る時もあります。

これは保育園の迎えの時だけの話ではなく、児童館などに行っても閉館の鐘がなっていつも私たちが最後に帰るのです。

息子の機嫌を悪化させないようなるべく息子の希望通りにしてやっているのです。



外の顔、内の顔

保育園の先生と話をすると、息子は「時間がくるとちゃんとお片付けもできていい子ですよ」なんて言われます。

また給食もよく食べ、最近は悪くても80%の完食率です。

「家と外で違うんですね」とよく返答するのですが、周りの子がしてたりするとマネしてやったり食べたりするのでしょう。

そうやって段々といろんなことを学んで、理解していき、家でもできるようになってくれることを願います。

いつになるかわかりませんが、今の苦しみを笑って息子に話せる日がくることでしょう。

オハナスタイル公式ライター : Mee

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ