2019_11_25(月) 07:10

年末年始の帰省旅は家族の大事な「会話時間」!

記事投稿: いちかママ

2019_11_25(月) 07:10

102

記事投稿: いちかママ

102

2019年も残すところ、もう1か月。令和の時代になって初めて迎える年末年始に向けて、帰省計画を立てている方も多いのでは?

今回は、その年末年始の帰省にスポットを当て、退屈しがちな移動時間や交通利用時に実践したい、”家族のコミュニケーションを深める方法”をご紹介します♪

★目次★

今年こそイライラしない、帰省の移動タイムを目指そう!

久しぶりの帰省で家族や親戚に会える喜びもありつつ、人混みや渋滞、長時間移動に今から気が滅入っている方もいるかもしれませんね。

「まだ着かないの~?」

「もうちょっとだから、静かにしてて!」

「”もうちょっと”ってどれくらい~?」

なんて会話を繰り返しながら、お互いイライラが募って実家に着く頃にはぐったり、なんて経験ありません?

その退屈しがちな帰省時間。せっかくなら”家族のコミュニケーションを深める時間”にしませんか?

帰省と一言で言っても、それぞれの家庭によって飛行機やJR、マイカー移動など手段もさまざま。

そこで今回は、空路、陸路(公共交通機関)、陸路(マイカー)の3パターンに分けて『家族のコミュニケーションを深める方法』を伝授します。

① 空路の帰省は、空港の過ごし方が最大の鍵!

帰省ラッシュで混雑しがちな空港。1秒でも早く搭乗手続きして、保安検査場の列に並んで、と忙しなく行動しがちですよね。

でも、普段家族で訪れる機会が少ない空港こそ、家族のコミュニケーションの場になりえるのです。

是非とも、1~2時間でも早めに空港に行ってみましょう!

特に子どもたちを連れている場合、展望デッキで飛行機の離着陸を眺めるだけでも興奮もの。

機内でお昼寝してもらえるよう、キッズスペースで遊ばせてあげるのも良いですね。

また、預け荷物がなく事前に座席指定まで済ませておけば、チェックイン手続きも不要。時短を心掛けて、できるだけスムーズに搭乗するのが快適な飛行機移動のポイントです。

② 陸路(公共交通機関)は、ファミリー車両で気兼ねなく過ごす!

小さいお子さん連れの場合、JRや新幹線移動で気になるのが周りの視線ですよね。

長時間ずっと子どもへ「静かにしてて!」と言い続けるのも疲弊するし、泣き出してしまう赤ちゃんを連れてデッキと座席を行ったり来たり、なんてことも。

そんなご家族こそ、この冬はファミリー車両を利用しませんか?

各路線によって、家族専用の車両を設けたり、座席を人数分プラス1席設けてくれたり、パパママが嬉しいサービスを展開しています(参考:https://recommend.jr-central.co.jp/oyakotabi/fs/)。

家族みんなでストレスフリーな移動時間を過ごせそう!

③ 陸路(マイカー)は、途中休憩をレジャータイムに変身させる!

飛行機やJRよりも長時間に及びがちなのが、マイカー移動の帰省。

限られた空間にずっと座っていると、どうしてもうんざりしてくるものですよね。

そこでおすすめなのが、途中休憩を家族レジャーにしてしまう方法。

人気サービスエリアや道の駅など、移動途中に寄れそうなスポットを事前にチェックしておきましょう。

年末年始に向けて特別イベントを開催していることもあるので、普段経験できないレジャーを家族で楽しめることもありますよ。

帰省先へのお土産もGETできて一石二鳥!



帰省時間こそ、家族の仲を深めるチャンス!

それぞれの家庭ごとに帰省事情も異なりますが、「なんとか楽しい帰省にしたい!」という思いは共通のはず。

億劫に思いがちな移動時間も、発想の転換で”どうすれば家族でコミュニケーションを取れる時間になるかしら?”と考えてみたり、ご紹介したアイディアを実践してみてください。

年末年始というちょっぴり特別な時間を、家族の絆がさらに深まるきっかけにできるかもしれませんよ。

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ