2019_11_22(金) 10:11

「季節」を楽しむための「季節雑貨」収納法♪【幸せを呼ぶ片付け術】

記事投稿: hayuru

2019_11_22(金) 10:11

44

記事投稿: hayuru

44

寒さも増してきて、いよいよ冬到来という感じですね。

街中を見渡すと、もうクリスマスツリーが!

すでに飾り付けしているご家庭もあると思います。

季節の飾り物を出すと、ちょっとした物でも雰囲気が出て気分も盛り上がります。

でもこの季節の飾り物や雑貨、結構場所を取るんですよね(-_-;)

皆さんはどうやって収納していますか?

★目次★

年々、季節の飾り物や雑貨が増えていく

最近は日本本来の行事ではない「イースター」や「ハロウィン」なんかも定番になりつつあります。

「クリスマス」だって、キリスト教の行事ですしね。

国や人種に関係なくお祭りや行事を楽しめるのも、神様がたくさんいる日本人ならでは。

そういうこと含め、家の中を飾って雰囲気を楽しむような行事って1年にどのくらいあるのでしょうか。

1月 お正月

2月 節分

3月 ひな祭り

4月 イースター

5月 端午の節句

7月 七夕

9月 十五夜

10月 ハロウィン

12月 クリスマス

他にも各地域にしかないお祭りや行事もあるかと思いますが、一般的にはこんな感じですよね。

ほぼほぼ毎月行事があるわけですよ。

そして、何かしら飾ったり仮装したり(は、ハロウィンだけか)。

やはり子どもがいる家では、簡単にでも部屋を飾って楽しんでいるのではないでしょうか。

年に1回しか出さないのに、季節の飾り物ってすごくかさばりますよね?

日々使う物ではないけど、たまに出す物。

だからこそ、どうやってしまっておくか迷います。

季節を楽しむために、持てる量を知ろう!

季節の飾り物や雑貨も持てる分量を自分で知ることが大事。

その季節になるとショップで見かけて、可愛い物やきれいな物をたくさん買いたくなるけれど、しまう場所にも限度があります。

片付けも楽々できて、季節も楽しむためにはどうやって収納したらいいかのヒントを3つご紹介します。

1.飾る場所としまう場所を決める

飾る場所を決めると、飾りや雑貨の分量を知ることが出来ますよね?

家中全部にしろ、1コーナーだけにしろ、飾るスペースがどのくらいなのかを知ると、物の量を決めやすくなるんです。

逆にしまう場所を決めるとそこに入る分しか持てないということ。

これも物の量を決める基準になります。

収納に余裕があるなら飾る場所次第でいいですし、しまう場所があまりないなら、飾るスペースも広くとらないようにするなど、各家庭の住環境で決めるといいですね。

2.出しやすくしまいやすい、1か所にまとめる

収納場所はできれば出しやすくしまいやすい所に。

なぜなら、たまにしか出さない物は奥へ奥へとしまいがち。

そうなると、出すのが面倒くさくて結局持っていても出さずに終わるのが目に見えています。

そうは言っても飾りたい気分にはなるわけで、だったら新しく買った方が簡単な気がして物を増やす結果になることも。

普段は邪魔にならないような、出しやすくしまいやすい場所。

家の間取りや収納よっては難しいけれど、工夫して収納場所を確保したいですね。

また、物によっては壊れ物などもあるかもしれないので、脚立を使わないと出せないような高いところは避けた方が無難。

そして、出来る限り1か所にまとめます。

あちこちにしまい込むと、何と言っても年に1回のこと。

どこへしまったか忘れてしまいます。

忘れて飾らなかったとならないように、1か所にしまうのがコツです。

3.コンパクトにまとめる

分量がわかったら、あとはコンパクトにまとめます。

ジッパー付きの袋や小箱を利用したり、中身がわかるようにラベリングしたり、イベントごとの小物はそれぞれでまとめて、。

さらに、それを収納ボックスや収納ケースにひとまとめ。

ただ、お雛様や五月人形などの繊細な物は、もともと入ってきたようにするのが一番。

最初からお品に適したしまい方になっていると感じるからです。

今週さよならしたもの

一時期、趣味でキャンドルを集めたり作ったりしていました。

その時のスタンド。

子どもが生まれてからは危ないので出さなくなり、そのうち人にあげたりしてキャンドル自体それほど残っていません。

当然火をつける機会も減り。

飾り物を入れているケースの下の方で10年以上も忘れていた物。

防災用にとも考えましたがお仏壇にもロウソク立てがあるし、何しろ10年以上出さなかったことを思えば、答えは簡単ですよね。



季節雑貨の収納はコンパクトに出しやすく!

我が家はお雛様とクリスマスツリーだけ、もともと入ってきた箱にしまっています。

他の飾り物は収納ケース1つに収まるだけ、と決めてまとめて納戸へ。

新しい物を買いたい時は、前から持っていた物を見直してから、が鉄則。

季節の飾りや雑貨を飾って、子どもや家族と行事を楽しむのはとても大事。

気軽に飾ってしまえるようにしておきたいですね。

我が家もそろそろクリスマスツリーを飾ろうかな。

子どもと一緒にハンドメイドなんかもいいですね!

って、また片付けるのが大変そうですが(^^;)

オハナスタイル公式ライター : hayuru

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ