2019_11_09(土) 11:07

あれ?怒るの減った!子ども部屋の移動で生まれた「好循環」♪

記事投稿: つん

2019_11_09(土) 11:07

119

記事投稿: つん

119

子どもが成長すると、部屋の使い方も変わっていきますよね。

子どもが小さい頃は、リビングで遊ばせるのがベストの時代があったり、大きくなってくると「遊ぶ部屋」を作った方が良かったり。

今回は「子どもの遊びスペース(子ども部屋)」を2階に移したことで得られたメリットをご紹介!

★目次★

なぜ子ども部屋をうつそうと思ったのか

当初、我が家の子ども部屋は、リビング続きの1階にらありました。

食事の支度をしながら、子ども達が遊んでいる姿が見える方がいいと思ってそうしていました。

しかし、実際は、リビング続きの部屋のため、1階全体がおもちゃで溢れてしまう結果にってしまったのです。

子ども部屋を2階に移そう!

1階に子ども部屋があった頃、子ども達はダラダラ遊んでいることが多くありました…。

私は洗濯物も畳めないので、この状況がどうしてもイライラの原因に。

子ども達にも早く片付けなさいと毎日怒ってしまい、子どもとのコミュニケーションは「負のループ」、悪循環に。

この状況に私は……

部屋が片付かない印象、ごちゃごちゃしがちなリビングをすっきりにしたい!

子ども達に自分達の部屋だという自覚を持たせ、彼らに片付け上手になってほしい!

という思いを抱き……

思い切って、子ども部屋を2階に移すことにしたのです!

子ども部屋を2階に移した結果

・子ども部屋のお引越し過程で、子ども達と楽しくお話しながら、おもちゃのいる、いらないを一緒に仕分けできました。

・移動後は、ご飯をつくるまでの時間、部屋で集中して遊んでくれるので、ご飯をつくる時間が短縮されました。

・ご飯食べた後も、子ども部屋に行く前に、することをしてからと行くようになりました。

その他にもお風呂、歯磨き、明日の保育園の準備が終わってから子ども部屋に行くようにすることで、遊びとのメリハリがつきました。

何よりも大きなメリットは……

何よりも一番大きな結果は、子ども達を怒る回数が激減したこと。

子ども達自身が「することをしてから」2階に上がってくれるので、片付けなさい!先にすることしなさい!がなくなりました。

さらに!次男は長男のマネをするので、長男が率先してすることを促したことで、次男もマネをし、好循環が生まれました!



イライラが減れば笑顔の会話が増える!

部屋の散らかりは親にとってはイライラの原因の1つになってしまいます。

今回は子ども部屋を2階にうつしたことで、子ども達が自分達の部屋という自覚をもち、片付けができるようになりました。

子ども達がすべきことを自らしてくれるので、毎日怒ってるなぁと感じていた私にとっては、怒る以外の会話が多くなり、気持ちのいい毎日を過ごせています。

こんな風にママの気持ちが変わるって、子ども達にとってもいい影響があるのかもしれません。

オハナスタイル公式ライター : つん

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ