2019_11_06(水) 07:10

「勉強」という名の冒険へ!1歩を踏み出す勇気を子どもに!

記事投稿: NEKONOKO

2019_11_06(水) 07:10

135

記事投稿: NEKONOKO

135

「単語が全く覚えられない時はどうしたらいいのでしょう?」

「どうすれば勉強ができるようになるのですか?」

そんな問いの答えについて、今回は考えていきます。

「できる」or「できない」という0か100思考

「勉強ができない」と親が思い込んでいる子やそう思いこんでいる本人は、脳のどこかで勉強に対して拒絶反応を起こしています。

成績が思わしくない子、授業に真面目に取り組めない子は、例えば単語20題のテストをすると、18問間違えたりします。

これは、勉強ができないというよりは、頑固で頭が硬いだけなのです。

私は、そういう場合0か100かの考え方をしている子たちなのではないかと思っています。

つまり……

覚える努力をしていない → テストができない → 自分はダメな奴だと思いこむ → 努力しても無駄と思う → 勉強しない → 当然次もできない → 自分は0なんだ!

このスパイラルをグルグルと巡っているだけなのではないかなぁ。

どうせいくらやっても……

他の子が、どれだけ努力してるかを具体的に考えてみることもせず

「みんな何もしなくてもできるんだ!」

と思い込んで言い訳にするのは簡単です。

私が中学生の時、学年一勉強のできたSくんは、試験が近づくだいぶ前からいつも眠そうな顔で登校してきていました。

「なんでいつもS君はあんなに眠そうなのかなぁ。」と担任の先生に本気で聞いたくらい私はのんきな子どもでした。

先生は、「NEKO・・・それはなぁ、Sは家で長い時間勉強してるってことだろうよ。」と、ほとんど呆れながら教えてくれました。

あんなに勉強のできるSくんでさえそんなに勉強していたのか!とショックを覚えたのを、今でも覚えています。

子どもってそんなもんです。



「できない」を具体的な数値にすると?

できない・・・という場合、大概は漠然としたできない悩みを抱えていませんか。

なんとなくできないとか、とにかく自分はダメなんだとか。これって、なんの根拠もないですよね。

でもその「できない」の程度はもしかしたら、100のうちの28かもしれないし35かもしれないです。

それはたしかに78や92という人と比べれば低めですが、0ではないのです。

20題の単語テストを18問間違えても、ちゃんとできていた2問に着目してみてください。

なぜそれはできたのかと考えてみると、よく目にする単語だったとか、簡単だったとかの理由が見つかります

そのヒントは他の18問につなげていくことができるのです。

あと2問簡単な単語を見つける、惜しかった他の3問をしっかりと覚える、というようにじわじわとできるを増やしていきます。

いきなり100にならなくても、28を32に、35を43に増やすことはできるのです。

「0ではない」、というところから始めませんか。

ただし78や92という他の子たちよりはもちろん時間がかかります。

それをダメだ!とあきらめずに、その子たちより勉強するチャンスがたくさんあるのだと考えてください。

これはワクワクする楽しい経験です。

「わかる」経験は「ゲーム」のような面白さ!

先生よりも親よりも、本人が「勉強するチャンスにワクワクできること」を理解して、自分はやればやった分だけ前に進めるという事実を知ることがとても大切だと思います。

ゴールを目指すゲームと同じです。

ゆっくりでもいいし、みんなからは遅れてしまったとしても、全く問題ないです。なにしろ一人でやるゲームなのですから。

長い道のりの途中、

大きな亀裂のある崖っぷちを通らねばならないときはどんなツールが役に立つのか、

敵が大勢襲ってきたときはどんなふうに戦えば効率がいいのか、

たぶん子ども自身はよく知っているはずなので、親そのことを分かりやすく伝えてあげることぐらいです。

鎧兜をつけ、剣を持ち、マントを翻した主人公である子どもが、遠いゴールを目指してその一歩を踏み出す勇気を、持たせてあげたい。

私たちは、まるでマラソンの伴走者のように、付かず離れずその主人公を見守って応援し続けるだけです。

オハナスタイル公式ライター : NEKONOKO

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ