2019_10_19(土) 07:21

カレールー投入前の一工夫!1品→5品になる「作り置き」術!

記事投稿: つん

2019_10_19(土) 07:21

124

記事投稿: つん

124

カレーは大量に作って作り置きすると、いざと言う時に大変便利ですよね。

ルーを入れる前の工夫で5品のおかずもしくは、メインメニューができるのです。

やってる方は多いかもしれませんが、王道メニューを大量に作り置きできるのはこのやり方!!

★目次★

1.1品から5品へ

・カレーの具材をいつもどおり炒めて煮込みます。具はいつもより3.4倍の量を入れる

・具材が柔らかくなれば

①子ども用ルーを入れる用に分ける、できたら冷凍

②ミネストローネ用に分ける、できたら冷蔵

③シチュー用に分ける、できたら冷凍

④グラタン用に分ける、できたら冷凍

⑤具材のみ分けて冷凍

これで大人用のカレーと合わせれば、5品できます!!!!

難点は、分ける時に、ボールやお鍋がたくさん入りますが、その都度洗えば問題ありません。

1時間もあれば5品が完成!

手間暇かけるおかずより、確実に食べてくれるメニューを大量に作り置きすれば、仕事が忙しくて作る時間のない時に重宝します。



2.作り置きをする時の工夫

その時に使う材料は使う分を切り分けるのではなく、多目に切り分けます。

①味噌汁用具材

②サラダ用具材

③肉団子などのタネ用具材

に後々使えるので、切り分けた食材はジップロックに入れて保存します。

3.他にも今日から使える「作り置き」の工夫をご紹介!

①ほうれん草お浸し

カレーにもほうれん草を入れたので、残りをそれ用に、残りはお浸しにしました。

ポイントは、まるごとお浸しです。

こうすることで、シャキシャキ感が残るのと、根っこの栄養も取れるのでおススメです。

②サラダ

ミネストローネを作った時にトマトを切ったので、サラダも作りました。

③さつまいものキンピラ

人参を使った時の皮は、キンピラや、スープ、肉団子のタネなどに使えるので捨てません。彩りで一緒にいれます。

残ったものはジップロックで冷凍します。

④生姜焼き

カレーに生姜を使って、玉ねぎを多めに切ったので、豚肉と炒めて生姜焼きに。

⑤どて焼き

カレーにスジ肉を使ったので、残りを糸こんにゃくと甘辛みそと絡めて煮込みました。

これでもうご飯まだー?とは言わせません!!

オハナスタイル公式ライター : つん

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ