2019_09_27(金) 07:10

「お土産」のお片付けって?選び方も伝授!【幸せを呼ぶ片付け術】

記事投稿: hayuru

2019_09_27(金) 07:10

127

記事投稿: hayuru

127

夏休みも終わり、新しい学期が始まって約1ヶ月。

子どもが学校に行き始めたので、日中は片付けざんまい…なはずなのですが、それがなかなか進まない我が家です。

1人時間も出来て久々に友達に会ったり実家へ行ったりしていると、まあいただき物が増える増える。

夏休みに旅行へ行ってきただとか、法事にいってきただとか(これは実家)で、おすそわけやお土産を持たされ、ありがたく頂戴してくるものの。

これがまたなかなか片付かないんですよね~。

今回はいい機会なので、お土産と片付けについて考えてみようかと思います。

★目次★

買ってももらっても、結果片付けにつながる

旅行の楽しみはいろいろあります。

観光や食事、そしてお土産。

私はお土産を買うのもいただくのも好きなのですが、問題はその後。

相手の気持ちも嬉しいし、買ってきたお土産は自分も思い出が出来て満足ではあるのですが、片付けということから考えれば、物は増えるし片付けも増えるということになるんですよね。

片付けをしはじめて気づいたのは、今までどれだけ友人や家族などに配慮のないお土産を買ってきていたかということ。

いえ、考えに考えて、渡す相手のことを思って選んではいるのです。

でも、今にして思えば、あんなお土産もらっても負担だったよね、というような物もあったなあ。

自分の場合、あげてしまった物に関してはその後どうなってもあまり気にしません。

手元を離れてしまった物の所有権は、相手にあるので気にしてもしょうがない。

でも、いただいた物に関しては、やっぱり処分するなどの時には心が痛みます。

そんな思いを相手にもさせていたかもしれないと思うと、お土産1つでも買うのに気を使ってしまうようになった時期もありました。

心がこもっていようと、そうでなかろうと。

家の中に入ってきてしまった物は、どんな形でも片付けなければいけないわけです。

使う、しまう、あげる、捨てる…。

お土産などのやりとりは、人としてのつきあいの中で必ずあることです。

片付けの手間や処分時の気持ちの持ちようなど、相手の負担にならないように心がけたいですよね。

相手に負担小なお土産 独断5選

では、相手の負担にならないお土産ってなんだろうってことですよね。

要は自分でもらっても負担にならないと思える物でもあるってこと。

そこで、私がベストと思う、相手の負担にならないお土産5選をご紹介します。

選ぶ基準として「行った先がわかる」物であること、を心がけています。

① 定番のお菓子や食べ物

またこれか、と思われそうですが(笑)

でも、定番のお菓子が一番万人受けするから、よくいただくのだと思うんです。

言うまでもなく消耗品。

食べないのであれば、職場に持っていくとか好きな友達にあげるなど他の行き先を考えやすい物でもあります。

前にももらったことがあるなど、定番であるからこその安心感もあります。

② ハンドタオル(またはハンカチ)

ご当地の地名やキャラクターの刺繍がされていたりと、お土産感満載のものもあります。

実はバザーなどでも案外売れ筋で(経験済み)。

使わない場合でも、家族が使ってくれるかもしれないし、さほど邪魔にならないと思います。

③ ペンやノートなどの文具

文具はこだわりがなければ使うことが多いものだと思います。

子どもにあげてもいいし、ペンなどは使い切れる点がいいですよね。

④ マスキングテープ

マステ流行りもあって、どこのお土産屋さんに行っても最近はマスキングテープが売っています。

普段でもポチ袋をとめたり、ちょっとしたおすそ分けの袋をとめたりと、意外と使う機会があるんです。

好みでない場合も、ガンガン使って使い切れますね。

⑤ マグネット

マステや文具と同様、あれば意外と使います。

小さいものだし、他の人に譲りやすい物なので、共通するのは、

・消耗品

・腐らない

・他にまわせる

という点。

もちろん、いただいた気持ちは大切にする。

でも、もし好みでなかったら大事に使ってくれる人のところへいった方が物にとっても、いい。

買ってくる場合もかさばらず、お土産らしさもあり、もらった方の負担感も少ない、これが、私のお土産を選ぶ時の基準です。



今週さよならしたもの

知人のSさんがアメリカのお土産で買ってきてくれた「deep steepモイスチャースティック」。

日本でもネット最大級の某ショッピングモールなどで買えるのですが、私はお土産でいただきました。

パッションフルーツグアバの香りで、天然成分しか使っていない、とても低刺激な保湿バームなのですが、残念なことに、どうにも香りが好きになれないのでした…。

パッションフルーツは嫌いではないのですが、このバームの香りが苦手で。

慣れると使えるかもと、数回トライしたもののやっぱりダメだったので、この度さよならすることにしました。

家族の誰かが使えるかとも考えましたが、苦手な香りが家族から漂ってくるのもちょっと避けたいんですよね。

ごめんね、Sさんm(__)m

気持ちはとっても嬉しかったです。

お土産は9割「自己満足」と10割の「心遣い」

どれだけかさばらない物でも、消耗品だとしても、いらない物はいらないと考える人はもちろんいます。

自分の好みで何でも買った方がもちろん満足いくわけなので、そこは仕方ない。

お土産って結局「心遣い」ということ。

なので、もちろん相手に喜んでもらえることが一番ですが、気持ちを差し上げる・いただくという考えでいれば、仮に好みの物でなくても嬉しいものだと思うのです。

その中でも、出来るだけ負担にならない物を選ぶようにする。

こだわりのある人にとっては、どんなに考え抜いて買った物でも多分いらないものなのだと思います。

だから完璧にすばらしいお土産である必要はなくて、「私があげたくて買った物」という「9割自己満足」という気持ちでいればあまり悩まなくて済みます。

また、いただくものは「10割の心遣い」として受け取れば、物の良し悪しは気になりません。

好みでなかったら、どなたかへ譲るでもいいですし、バザーに出すものが出来たくらいに考えてもバチはあたらないと思いますよ!

旅行やおでかけでは、買い物も楽しみのひとつですよね。

片付けに力をいれるあまり、記念の物を買うという楽しみまで片付けてしまわないようにしたいものです。

まだまだ、秋の行楽シーズン。

観光や紅葉狩りのあとは、お土産選びも楽しんでくださいね。

オハナスタイル公式ライター : hayuru

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ