2019_09_25(水) 11:12

[子どもと一緒に]レンガデッキを作ろう!下調べから土台作りまで[お庭diy]

記事投稿: ラッキークローバー

2019_09_25(水) 11:12

1165

記事投稿: ラッキークローバー

1165

家族で楽しむDIY!

玄関アプローチやビオトープなど、様々なものをDIYしている我が家。

今回は我が家のお庭DIYで最長の期間を要した「レンガデッキ」についてご紹介していきます。

「レンガデッキ」シリーズは全8回。

今回はその1回目。下調べから土台作りまでをご紹介します。

楽しむことを1番に、マイペースで進めていきましょう。

★目次★

レンガデッキを作ろう!

さて!!

今回ご紹介する「レンガデッキ」。

冒頭でもお伝えしましたが、この「レンガデッキ」は我が家最大にして最長期間を費やしたお庭DIYの製作物です。

我が家がDIYしたレンガデッキは、屋根部分となる「パーゴラ」と、「壁」になる部分とのセット。

壁に取り付けた窓や鎧戸、自転車用のスロープなども含め、1年以上かけて製作しました。

花壇や装飾物など、細々したものもたくさん自作しているので、8回シリーズの中でそれらもまとめてご紹介します。

お庭DIYで作る「レンガデッキ」の下調べはしっかりと!

何を作るときも同じですが、実際の作業に入る前にはたくさんの下調べが必要です。

材料ひとつ決めるにしても、材質によって値段も随分変わってきます。

目的に応じた大きさやデザインを決めるのも、最初にしっかりとしたイメージを持つことが重要。

……な~んて、真面目な感じで書いていますが、本当はこの段階が1番わくわくしますよね!

自分の好きな見た目や材質でイメージを膨らませ、出来上がってからの「これがしたい!」「あれがしたい!」を叶えるために、どんどん希望やアイディアを生み出していく!

もちろん、途中で変わる場合もあるし、不可能な状況になったりする時もありますが、それもひっくるめて自由に楽しめるのがDIYだと思います♪

私は、新しい製作物の記事を書き始める度にいつも、この緩~い感じを忘れないで楽しんでほしいなあと思って、書いています。

正解も不正解もない、自由な創造の世界なので、我が家のやり方が合わない場合もあると思いますが(特に今回のような大型の製作物に関しては;;)、是非、自分の理想をしっかりイメージしながら、取り組んでみて下さいね!

レンガデッキの土台「ブロック」を置いて位置決め

レンガデッキを作る際、まずは、ブロックを置いて場所を確定させるところから始めます!

レンガデッキを作る場所が決まったら、大量の土で土台作り!

以前ビオトープを作ったときの土や、駐車場予定地の土&砂利、それから、昔使っていたPCテーブルの板や廃材なんかをどんどん運び、かさ増し(笑)しつつ、ならしていきます!

どんどんイメージに近づいていく感じに、わくわく♪

階段部分は、何度も置き直し!

あーでもない、こーでもないとしてる中で、インスピレーションが降りてくることも!

土台を完成させるには、まだもう少し;;

第2回は土台作り基礎部分の仕上げ手順をご紹介します。

レンガデッキ製作 第2回はこちら



我が家が選んだ「レンガデッキ」

さて今回のシリーズでご紹介している「レンガデッキ」ですが、そもそも、なぜ我が家は「レンガデッキ」を作ろうと思ったのか?

お庭に作るデッキと言えば「ウッドデッキ」の方がメジャーですよね。

新居建設の際、ハウスメーカーさんからも「ウッドデッキ」のご提案は頂きました。

が、あまりにいいお値段だったので、一旦保留に;;

その後、デッキについてはお手頃な「ウッドデッキ」の製作キットを購入する方向で考えていました。

ネットで調べると、様々なスタイルのものが、まあまあなお値段で売られているんですよね~。

ですが、商品を調べる中で、メリット&デメリットについて夫と話し合った結果「ウッドである必要はない!」という結論に達しました。

木材は経年劣化が激しいし、防腐剤を塗っても完璧に腐敗を防ぐことは出来ません。

もちろん、定期的な塗り直しが必須です。

家や庭を大切に長持ちさせるために、手入れは絶対に必要なことですが、私も夫も基本面倒くさがりなので、新居建設の段階から全てにおいて、なるべく便利でシンプル、簡単なものを選ぶようにしてきました。

その分(!?)、自分がこだわりたい部分に関しては、徹底的に作り込みますが……(苦笑)←極端な性格;;

そこで、考えたのが今回ご紹介している「タイルデッキ」!

海外のサイトを見ていると、目から鱗なものもた~~~くさん!!

様々なスタイルを見ていくうちに、だんだん二人の理想の形が見えてきました。

そこから更に悩み続け、最終的には、見た目や丈夫さで「レンガデッキ」に決定しました!

けれど、実際に購入するとなると、かなりの数のレンガが必要で、結構な金額になるんですね;;

もちろん、安いレンガばかりを使えばコスト削減は可能ですが、そこはやっぱりこだわりたいポイント!

そこで、土とレンガを組み合わせて作ってみようということになったのでした。

レンガデッキ製作 第2回はこちら

レンガ&ストーンで素敵な庭づくり

オハナスタイル公式ライター : ラッキークローバー

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!