2019_09_06(金) 07:00

片付けのモチベ維持に効く5つの方法【幸せを呼ぶ片付け術】

記事投稿: hayuru

2019_09_06(金) 07:00

136

記事投稿: hayuru

136

暑さもまだ落ち着いていない上に雨が多いですね。

低気圧に弱い私にはつらい時期。

片付けも、やりたいのに気が向かない、体が動かな~い(T_T)

それでも、時間を見つけては目についたところを片付けるようにはしているのです。

片付けって終わりが見えないし、私のように頭重いだの首痛いだのという日はモチベーションがだだ下がりなんですよね~。

そんな時、やっていることがいくつかあるんです。

今回は片付けを続けていくためのちょっとしたコツをご紹介します。

★目次★

片付けは、終わらない

こう聞くと、片付けを始める前からくじけちゃいそうになるかもしれません。

これはネガティブに考えることはないんです。

片付けを進めていくと、当然家の中がすっきりしてくる。

そうすると、少ーしずつですが、物に対する考え方が変わってくるのを感じる日があると思います。

一度片付けて、もう処分する物も散らかっている物もないぞ、と思っても、実はここからさらに片付けが始まる場合が。

例えば、物を片付けたり処分したりしているうちに。

・必要だと考えていた物も、よく考えたらいらないと思った

・もらい物やプレゼントに対する考えが変わった

・趣味が変わった

など、気持ちの変化で物をさらに厳選できる、新しい自分になっているのです。

あとは日々家に持ち込まれるいろんな物、これは毎日片付けることになるので、いつまでたっても片付けは終わらない。

そんなわけで、片付けはきっと「しなくちゃ」いけないものではなく。

毎日の当たり前なのだと思うのです。

そうは言っても、片付け面倒くさ~いとなる日はあるわけでして。

モチベーションが下がりそうになったら

長い長い片付けの日々。

やる気のなくなる時もあれば、体調不良でどうしようもない時もある。

体調が悪いのに無理やり毎日片付けるのは違うとしても、3日坊主やあきたなどの理由で片付けをする気にならないことは誰しもが経験すること。

なんとなくモチベーションが上がらなくて片付けが進まないという日があったら。

これからご紹介する、ちょっとしたことを試してみるのをおすすめします。

①人を招待する

これは強制的に片付ける手法ですが(笑)

・友達が来る

・子どもの友達が来る

・親戚が来る

などの時は、どうしたって片付けますよね?

なので、もう自分から友達を家に呼んでしまう。

片付けないと呼べないので、少なくとも友達を招く部屋だけは片付く。

一部とは言え部屋も片付き、友だちとおしゃべりすることでストレス発散。

片付けへのやる気が戻ってくるかもしれないと期待しつつ。

②床の上に物を置かないことに決める

気が付くと物を床に置いていること、ありませんか?

もう床に物を置かないと決めてしまいましょう。

だから、床の上に散らかっている物だけをまず片付ける。

それだけで、お部屋が広くなったと思うくらいすっきりした見た目になります。

とにかく床に物を置かないということだけでも毎日心がけると、特別片付けなくても片付いているように見えるんです、不思議と。

③家の中をウロウロする

私は専業主婦で家にいる時間も長いので、これ、よくやります(笑)

時間があったら、体を動かすつもりでウロウロしてみる。

そうすると、目につくんですよ、散らかっているところが。

ちょっとしたところでも、目についたら手をかける。

さあ、片付けをしよう!と意気込まなくて大丈夫。

なんとなく気づいたところをちょっとだけ。

5分でもいいのです。

今日も片付けられたっていう気持ちを積立する感じで。

④とりあえず散らかっているものを集める

机の上や棚の上などにいろんな物が地層のようになっていませんか?

多分、片付ける先は決まっていて、ただ面倒で片付けていないだけのことも。

そういうものは、とりあえず袋や箱などに一度まとめると、見た目はすっきり(笑)

ジャンルは問いません、とにかく差支えない物なら全部。

もちろん、そのままにしておくと後々大変だし、忘れてしまうことも。

私の場合はよくバケツに入れることが多いのですが、とにかくまとめたら目につくところに置いておく。

目にとまったら1つでもいいので元の場所に戻す。

大事なのは必要な物を見つけ出せるようにしておくこと。

探す場所をできるだけ少なくするためにも、ひとまとめにしておく。

目につくところに必ず置くのがポイント。

そうすることで、片付けきれてはいないけれどすっきり感もでるし、そのまま忘れてなくすこともなく、探し場所を限定できるってわけです。

⑤片付けを休む

どうしてもやる気がおきないなら、休んでしまいます。

思い切って。

休むことを自分に許さないと、どんなことでもストレスに。

ただ休むだけ、やめるわけではない。

そんな風にゆる~く考えて、休み休み片付けをしていけばモチベーションが上がらない時を乗り越えられると思います。



今週さよならしたもの

子どもが小さい頃遊んでいたおもちゃ。

家の中をウロウロしていたら、色んなものでギュウギュウ詰めの場所を見つけたので掘り起こしてみたら。

奥の方からこんなのが出てきました。

まだ残ってたんだね~と懐かしそうに開けてみていましたが、もはやそれで遊ぶような年頃でもなく。

箱が壊れているけど、バザー行きとなりました。

中のおもちゃは、足りない物もないし、比較的きれいなまま。

誰かまた、遊んでくれたらいいなあ。

どうしても気が向かなかったら休んでもいい

少しずつでもコンスタントに続ける方が、片付くのは確実なのですが。

どうしたって、気持ちが上がらない時もありますよね。

片付けは、ここでおしまいっていう時は来ない。

生きている間ずっと、何かしら片付けていくだろうことを考えると、時には休みたい気持ちもでてきて当たり前。

仕事だって学校だって休みはある。

片付けも休んだっていいんです。

それが1週間になるか3年になるかはわかりませんが。

一度は片付けた経験があるからいつでも戻ることが出来ると信じて、今は休む。

長い片付けの毎日、そんな日もあります。

そんな私は。

肩痛いと言いつつ家中ウロウロ、家族にちょっと休めば?と冷たく言われている日々なんですけどね(-_-;)

オハナスタイル公式ライター : hayuru

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ