2019_09_01(日) 07:00

バンガローで寝袋体験☆アジアンキャンプリゾート

記事投稿: ぶちかぶちか

2019_09_01(日) 07:00

153

記事投稿: ぶちかぶちか

153

この夏の我が家の家族旅行。

場所は群馬の水上です。

自然豊かな水源の町として有名でラフティングやキャニオニング、はたまた橋からのバンジージャンプも人気で外国人観光客も多く見かけます。

東京からも高速でおよそ90分、水上インター降りてすぐの場所なのでアクセスも抜群です。

今回の旅行の目的はズバリ、

『 アウトドア 』

いつもの温泉旅館やホテル宿泊ではなく、初めてのバンガロー体験です。

今回選んだ宿泊施設は水上温泉のすぐ近くにある

❛アジアンキャンプリゾートTAPA❜

異国情緒漂うバリ風の雰囲気が人気の施設です。

さらにアウトドアをみっちり味わいたい我々が選んだプランはベッドではなく、初めての寝袋体験!

ちなみにバンガローにはトイレや浴室は付いていません。※共同トイレとパウダールームは外にあります。

3歳の幼児もいるのにあえて不便さを選んだ今回の旅行。

果たして満喫できるのでしょうか?

★目次★

出だしからトラブル発生!?

旅のお供にはやっぱりパパのジムニーでしょ♪

ということで、もう一台のミニバンの方が絶対に乗り心地も広さも快適なのにあえてジムニーを選んだ我々。

アウトドアなら、きっとジムニーの方がいい仕事してくれるはず!と信じて荷物はルーフキャリアに載せて見た目はいかにも旅慣れた風♪

※まずは形から…も時には大事です(笑)

当日も時々休憩を挟みながらのんびりと目的地に向かいました。

…が高速道路を順調に走行していると思いきや、

「あれ?なんか思うようにスピードが出なくなってきた…」

突然夫がこんなことを言ってきたのです。

えっ?!車壊れたの??

こんな所で車止まっちゃうのっ!?

私は軽くパニックになりました。

「さっきからcheckengine(チェックエンジン)の警告ランプが付いてる」

えぇーっ!?!

車や機械に全く詳しくない私はここで車が止まっちゃうのか、と焦り。

とりあえず次のパーキングで一度停めるわ、と夫からの一言。

その間、いつ車が止まるのか私は気が気じゃありませんでした。

その後パーキングに到着し、車のボンネットを開けてチェックする夫。

原因はその場では分からなかったのですが、一度エンジンを休めたおかげでその後は問題なく走れたのでよかったです。

恐らく、高速の登り車線でジムニーが頑張りすぎてエンジンにいつも以上の負荷がかかったんだろうとのことでした。

危うく、車がそのまま故障して旅行が中止になるかとヒヤヒヤしました。

日本にいながら気分はまさにアジアンリゾート

その後無事に群馬県に入り、目的地のアジアンキャンプリゾートTAPAに到着した我々。

施設のスタッフのほとんどが外国の方でしたが、日本語ももちろん通じましたし親切で感じがよかったです。

エキゾチックな像や南国で見られるような鮮やかな花々が咲いていて群馬にいることを一瞬忘れそうになるほどでした。

そして、ついに初めてのバンガロー!

中に入ってみると、思っていたより手狭でしたが、こじんまりした山小屋風でロフトが付いていました。

それを見た子供たちは大コーフン♪

早速ロフトに上がり、遊び始めました。

ロフトに柵やガードはもちろんないので、誤って落下しないか終始ヒヤヒヤだった私。

せっかくの旅行が病院行きになってしまっては困る!!

ということで、子供たちからはブーイングでしたが今回はロフトは使用せず1階で寝ることにしました。

入浴は近隣の温泉を満喫

夕食は施設内でBBQを申し込んでいたのでその前に入浴を済ませることに。

せっかくなので近くの水上温泉郷で温泉を満喫することにしました。

向かったのは、水上温泉の中でも大きな施設の一つ、❛水上館❜

仕事でお客様に紹介したことはよくあったのですが、私自身が利用するのは実は今回が初めてです。

なので余計に楽しみでした。

旅館に入った時に温泉宿ならではの優雅な雰囲気に一瞬、

「今晩はこっち(旅館)に泊まりたいな…」

とついつい浮気しそうになりましたが、ダメダメ!!バンガローが私たちを待ってるから、と自分で自分を説得させ(笑)

大浴場の男女入口から内湯までしばらく続く畳敷きの床がとても気持ちよく、やっぱり旅館っていいなと思いました。

内湯だけでなく、外湯もゆっくり味わいたかったのですが、私と一緒に入った3歳の次男がこんな時に限って、

❛お湯が熱いから温泉には入りたくない❜

となんと温泉拒否。

私だけゆっくり温泉に入るわけにもいかず、せめて10秒間だけ…と子供にお願いして内湯にサッと入らせてもらいました。

一方の夫と長男は男湯をゆっくり堪能できたらしく、内湯と外湯両方を楽しめたそうです。

…実に羨ましい…

夜は家族水入らずでBBQ

温泉で疲れた体も癒したあとはお楽しみの夕食です。

BBQプランで予約していたので、手ぶらで楽しめることが何よりも楽でした。

自分たちが宿泊するバンガローのすぐ横でBBQが楽しめ、タープが付いていたことでお隣さんとも目が合わずとてもプライベートが保たれたいい環境でした。

お皿やコップを始めとした道具の他、お肉や野菜、焼きそばの麺まで全て付いていたのであとは飲み物やちょっとしたデザートを近くのスーパーで調達してきました。

虫除けはしたものの、自然豊かな場所だったのでやっぱり何ヶ所も蚊に刺されましたが、アウトドアならではの開放的な雰囲気に気分も胃袋も大満足でした。

まさかの「寝付けないっ」!!

BBQのあとは事前に買っておいた手持ち花火を楽しみ、あっという間に1日は過ぎていきました。

寝る時間になってもまだまだコーフン気味な子供たち。

バンガローの中をドタバタ動き回り、奇声まで発する始末。

普段から叱り慣れている私では全く動じず、普段滅多に怒らない夫が叱った途端に静かになった子供たち。

効果てきめんでした。

こうして、いざ寝ようと寝袋を広げましたが、時は真夏の真っ只中。

やっぱり暑い!!

夜になればそれなりに涼しくなりましたが、バンガローの中はまだ暑さが残っていました。

なので、せっかくの寝袋体験も残念ながら次回にお預け。

寝袋の下に敷くシートだけ何枚か重ねてそのまま雑魚寝で就寝することにしました。

その後就寝してから2時間ほど経った頃、ふと目が覚めた私。

…なんか、背中が痛い。

夫は運転の疲れからか、寝返りも打つことなく寝入っていました。

子供たちは寝ていながらもやはり背中に違和感があるのか、それとも暑さからなのか何回も寝返りを繰り返していました。

私も向きを変えたり、寝袋を下に敷いてみたり工夫してみましたが、やはり背中の痛みは止みません。

とうとうあまり寝付けないまま朝を迎えてしまいました。



これぞ、The・アウトドア!

こうして、初の寝袋体験は次回へ持ち越されることになったのですが、この予想外の背中の痛みから果たして寝袋体験は今後実現するかどうか…

けれども、今回のバンガロー体験はとてもいい思い出になりました。

テレビや音楽もなく、思いっきり自然と触れ合い、朝日と鳥のさえずりで目覚めるというなんとも贅沢な時間。

朝食も家族水入らずで朝の新鮮な空気を感じながら美味しく頂きました。

まだまだ初心者ですが、アウトドアの魅力を少しずつ私も分かってきたような気がします。

ただ、もし寝袋体験が今後実現した場合、今回の教訓として自分専用の敷マットを持っていくことは間違いありません(笑)

次はみんなでどこへ行こうかな♪

オハナスタイル公式ライター : ぶちかぶちか

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ