2019_08_24(土) 07:00

台風が気づかせてくれたのは。【生きる力を伝える育児】

記事投稿: ノンママ

2019_08_24(土) 07:00

78

記事投稿: ノンママ

78

★目次★

台風、再び。

本当にここは日本なのか、と疑ってしまうような暑さが続いています。

そんな中での台風発生のニュースです。

あぁ、台風か、、。

と正直、暑さに気を取られていて、あまり気にしませんでした。

でも、あれよあれよという間に勢力を拡大し

日本列島に直撃か

とニュースが流れるようになりました。

思い出せ。

喉元過ぎれば何とやら。

人は忘却の生き物だと言います。

去年、あれほど恐ろしく不安な思いをしたというのに、なぜ簡単に忘れてしまうのでしょうか。

台風が直撃するとなって、やっと去年の悪夢を思い出しました。

恐ろしいまでの暴風と、前も見えないほどの豪雨。

雨と風の音がこんなにも恐ろしいと、初めて知ったのでした。

そして真夜中の停電。

断水。

屋根が飛ばされ、木がなぎ倒され、ブロック塀が崩れ落ち、、。

日常が非日常になることの不安。

普段は気づかずにいる自然の恐ろしさを身を持って感じたのでした。

カバンにつめたのは。

台風のニュースがますます頻繁に流れます。

我が家の小学6年生の娘も、去年の記憶がよみがえったのでしょう。

「怖いな。

また屋根が飛ばされるかな。

停電になるのかな。」

と不安気です。

出来ることから準備しようと娘と一緒に、防災グッズの点検を始めました。

防災グッズの入ったカバンは去年から、そのままです。

カバンの中身を全部出して確認しました。

乾電池。

懐中電灯。

ビニール袋。

タオル。

救急セット。

ウェットティッシュ。

常備薬。

靴下。

カンパン。

水等など。

思いつくままに入れたものが手付かずに入っています。

これならこのまま使えるなと思いながら、去年のことを思い出しました。

娘にも避難に備えて、大事なものをカバンに入れるように言いました。

娘が入れたものは、

毎晩一緒に寝ているぬいぐるみが3つ。

保育園の頃のアルバム。

お友達からもらった誕生日カード。

お気に入りの絵本。

着替えや学校にいるものといった必要な物は何も入っていませんでした。

あきれて、避難するから大事なものを用意するのだと改めて説明しました。

すると、娘は真剣な顔で、

「これが大事なの。

絶対になくなったらダメなものなの。」

と言い、カバンから出しませんでした。

大切なものは。

もう小学5年生なのに、いるものといらないものが分からないのかと何だかがっかりしたのでした。

でもその後、豪雨被災地へ写真修復のボランティアに行った時、気づかされたのでした。

命の大切さ。

これはもちろんですが、人が生きていく為には命だけではダメなのです。

思い出や記憶。

今まで生きてきた証となるもの。

それらは何ものにも変え難く、失えばもとには戻らないのです。

そして大切なものは一人ひとり、違うこと。

大切なものをと問われた時、それが何かを娘は幼いながらも直感したのかもしれません。

そんなことを思い出している横で、娘は着替えや学校で使うものをカバンに入れています。

もちろん、ぬいぐるみ等も忘れていません。

それでも去年に比べれば現実的な内容です。

そんな娘を見ながら、私も写真を保存したメモリーカードやデジカメをそっとカバンに入れたのでした。



とうとう、台風がやって来た!

台風直撃の当日は嵐の前の静けさ、というのでしょうか。

外に出るといつもなら感じられる街のざわめきが、聞こえてきません。

人の気配がない、よそよそしい何だか知らない街のようです。

嵐を恐れてみんなが閉じこもり、気配を消しているようです。

昼間は雨も風もない曇り空でしたが、夕方には突然、激しく雨が降り始めました。

夜が深まるにつれ、風雨は強まり轟音が聞こえてきます。

暗闇のせいで昼間よりも恐ろしい気がします。

見えないこと、状況が分からないことは、とても恐ろしいことだと改めて感じます。

テレビをつけていても、外の風雨の音が勝ります。

娘は落ち着きなく、何度もカーテンを開けて暗い夜の闇を見ています。

外で何かが倒れる大きな音がします。

その度に、ビクッと娘の身体が反応します。

音は恐ろしい記憶と結びついているようです。

台風一過。

朝になりました。

台風は無事通過してくれました。

幸い、我が家の近所は停電もなく去年のような被害はありませんでした。

昨夜の恐ろしい嵐がウソのようです。

いつもより高い空を見上げました。

どんなにひどい天候でも、過ぎ去ってゆく。

そして娘も成長してゆく。

自然の不思議を感じます。

自分にとって大切なものは何かを考え、非日常に何を備えておくのか。

恐ろしい思いをしましたが、そんなことを改めて気づかせてくれた台風でした。

オハナスタイル公式ライター : ノンママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ