2019_08_09(金) 07:00

「要・不要」の見極めラインはどこ?【幸せを呼ぶ片付け術】

記事投稿: hayuru

2019_08_09(金) 07:00

146

記事投稿: hayuru

146

梅雨が明けると、もう即座にカラっとした夏の暑さを感じる毎日ですね!

年ごとに夏がつらく感じられるのは、気のせいなのか年のせいなのか。

エアコンの効いた部屋から出るのが本当に億劫な季節になりました。

暑い日は、出かけないでいようと思えば出かけずに済む日もあったりするのですが、そんな日はずっと家にいるので片付けをしたくなることも。

部屋をぐるっと見渡すと、なんとなく気になるあれやこれや。

どんどん気持ちも高まってきて…。

でもちょっと待て、私。

急にその気になった時こそ慎重に片付けをしないと、実は必要だったって物まで処分しちゃうかもしれないぞ~。

それでなくても、すぐに片付け=捨てるっていう思考になりがちだから。

と自分をなだめながら、過去に失敗した片付けを思い出しつつ。

片付けする時に、もし「思い切って捨てよう」という方向へ気持ちが動いたら。

ちょっとだけ、待ってみることをおすすめします。

★目次★

捨てちゃって後悔したもの、ありませんか?

私はあります、ええ、何度も(-_-;)

片付けを進めていくと、ハイな気分を経験することがあると思います。

俗にいう「片付けハイ」

そのまんまですね(^^;)

なんとなくテンションがあがって、あれもこれもと片付けに手を出して。

そのうち、あれもいらないこれもいらない、と捨て始めたり。

ハイな気分で捨て続けて、後で気持ちが落ち着いてみると「あれ、もしかしたら必要だったかも」的なことになって、捨てたことを後悔するはめに。

片付け続けていると、どうしてもスッキリ感を味わいたくて物を捨てに走りがち。

でも思い切って捨てた後に「やっぱりないと不便」と気付くんですよ…。

捨てるときはいらないと確信しているつもりなので、意外とあっさり捨てられたりできます。

言い方を変えれば、深く考えずに捨てちゃってる。

どう考えても1年以上使ってないとかなら、まだいいんです。

だって、それだけ使ってないなら今後も使わないでしょうしね。

今まで使っていたけどスッキリさせたいから手放そうみないな感じが一番危険!

私も買い直した物がいくつかあります

必要かどうか、どうやって見極める?

「捨てても困らなかった物」などで検索をかけると、たくさんの人がブログなどで「捨てて良かったベスト○」とか「必要なかった物△選」などアップしてくれていて。

結構ブログを読んでいると、面白いんです。

捨てて良かった物として「ムダ毛」を挙げている人も(笑)

片付け始めって、こういうブロガーさんなんかに影響されたりもします。

皆さんあくまでも自分個人の場合、とただし書きしてありますが、確かに参考になりますよね。

もちろん全部をまねることは難しいのも事実。

住んでいる環境や生活の仕方によって、必要な物は全然違ってくるのだろうし。

問題は必要かそうでないかの見極めですよね。

何かを捨てようと思った時に、本当に捨てちゃって困らないのかという判断のつけ方。

こんな時おすすめしたいのは、それ使わずに1ヶ月過ごしてみよう作戦(長い!)。

今まで使っていたけどいらないと思った物を、すぐ捨てたい気持ちをグッとこらえて、まずは一旦隠します。

そして文字通り使わずに1ヶ月過ごしてみて、なくても困らないかを確認してから捨てる。

そうすることで、途中「やっぱり必要だった!」となっても取り返しがつくんです。

1ヶ月たって必要だと思わなければ、潔く捨てるだけ。

たくさんのブロガーさんが捨てている、雑誌でも特集されているなどに影響される気持ちは、私も痛いほどわかります。

でも、やっぱり人それぞれ生活習慣が違うので即捨てるのはやめた方がいいのです。



今週さよならしたもの

やっと、決心がつきました。

トイレマットは絶対必要と思っていたけれど、なくても別に大丈夫でした。

むしろ、掃除が楽になったかも。

洗濯物としても割合大きなサイズなので、トイレマットを洗わずに済むだけで使う水の量も減りそうだし。

でも、これも人それぞれのようですよ!

トイレの床がフローリングだった場合は、床材の傷みを防ぐ意味もあってマットを敷いた方がいいという話も聞きます。

また賃貸の場合は、引っ越す時のことを考えて出来るだけきれいに保ちたいという場合は敷いた方がいいようです。

我が家は持ち家で、トイレはクッションフロア。

比較的お手入れも簡単だし、令和の夏からは使わないことに決定。

もちろん、1ヶ月使わずに過ごしてみた結果です。

「参考」すれど「全部マネ」はしなくて良い!

いろいろな方が推奨している「捨てていい物」は、私が捨てていい物とは限らないってことですね。

なので、参考にしつつ無い状態を自分で試してみてから捨てるのでもぜんぜん遅くはありません。

私も捨てるのを待ってみる、という発想がない頃はかなり失敗もしたので、今はいらないからといってすぐ捨てるということはしなくなりました。

もちろん、物にもよりますけど。

よく捨ててもいい物にあがってくる「三角コーナー」、あれは私も結果としてなくても大丈夫でした。

でも、同じくよく話題にあがる「水切りかご」はどうしても使いたい派。

これこそ、生活習慣の違いということですよね。

このように、いるいらないは本当に個人差があることなので、片付けハイになった時にも急がず慌てず、まずは使わない期間をもうける。

捨てたい気持ちが高まった時は、まず一呼吸おいて、1ヶ月間捨てたつもりで過ごしてみてください。

やっていくうちに、だんだん自分に必要な物が見えてくると思いますよ!

オハナスタイル公式ライター : hayuru

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ