2019_08_08(木) 09:06

「アポ電」詐欺・強盗にご注意を!【人生と介護】

記事投稿: 二児のパワフルママ

2019_08_08(木) 09:06

117

記事投稿: 二児のパワフルママ

117

夏休みが近くなると、困ってくる一つが子供の過ごし方。

我が家は夫婦ともどもフルタイム勤務で、日中は子供が二人で過ごしています。

学童保育は通っていない分、自宅で過ごす二人にどのようにして宿題をしながら夏休みを満喫させようか…。

そして毎日の昼ごはん…。

給食が本当にありがたいと思う毎日です。

早く、夏休みが終わってくれないかな……。

そんななか、今「アポ電」詐欺・強盗というものが横行しています。

お盆でご実家に帰省されるときに、ちょっとだけ注意してください。

★目次★

「アポ電」詐欺・強盗って?

アポイントメント詐欺・強盗の略です。

アポイントメント、つまり約束や面談を取り付けて詐欺や強盗行為を働くことです。

自宅にいくらお金があるかを確認し、それをねらって詐欺や強盗をします。

どんな手口があるの?

詐欺や強盗に入る手口は巧妙です。

そして、個人情報までもが一緒に把握されていることも。

息子や娘の仕事まで把握し、その仕事に失敗したからお金がいる。

自宅にとりに行こうと思うんだけど、いくらある?

といったかんじに、現金等が自宅にあるか確認するもの。

また、自分の銀行口座がふりこめ詐欺の口座に使われている。

はやく現金を下ろさないと銀行口座が凍結して使えなくなる。

窓口で対応すると犯人扱いされてしまうからATMで何度かに分けておろすように。

などの指示を出され、自宅に現金があるところを襲われてしまう。

不安を上手にあおって騙されてしまうのです。



どうしたらいいんだろう?

どの犯罪行為でも同じですが、電話でのお金の話は信用しないことが一番です。

たとえ、それが息子や娘といった家族を名乗っていたとしてもです。

お金の話が出た時点で、たとえ話の途中でも相手をせずに一度電話を切って、かけなおすこと。

電話をかけなおした時に家族に確認が取れたら、話は別です。

しかし、犯罪集団も賢いもの。

うまいこと、自分たちの携帯電話にかけなおしをしてもらう方法もあるようです。

更には公的機関の職員を名乗って個人情報(家族構成・職業など)をアンケートと称して聞き取ることもあります。

絶対的な対策はないの?

知らない番号の電話には出ない。(可能なら電話番号が表示される電話機に変える、もしくは留守番電話にして音声を聞いてから自分でかけなおす。)

お金の話は電話で行わない。(電話でお金の話が出たら100%詐欺!)

身内でお金の話をするときの約束を決めておく。

かけなおす家族の連絡先等をすぐにわかるようにしておくなどが重要です。

手法は日々変化しています。

電話や訪問での悪質な犯罪は後を絶ちません。

しかし、その一方でまたハガキや郵送など公的機関をよそおった古典的な方法で犯罪を行う場合もあります。(流行は巡るといいますが、古典的な方法は携帯などと違ってたどりにくいらしいです)

大切なのは家族同士でコミュニケーションをとること。

お盆に帰省するときには、ぜひとも家族で話をしてくださいね。

オハナスタイル公式ライター : 二児のパワフルママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ