2019_07_10(水) 09:30

おばあちゃんの転院、再スタートする暮らし

記事投稿: みぃ

2019_07_10(水) 09:30

47

記事投稿: みぃ

47

去年の年末から入院していたおばあちゃん。

沢山の試練を乗り越えて、先日やっと隔離病棟から転院することができました。

遠い病院まで通った半年間は家族にとっても大変な日々でした。

★目次★

転院……。そして、これからの治療は……。

GW前から体調次第では転院とのお話は出ていたのですが・・・。

熱が出ないことや結核菌の培養検査の結果を見てといったところで、不安定な状態でした。

結核の隔離病棟から出る目安となるのは、咳や発熱が出ていないこと、そして喀痰の塗抹検査と培養検査で3週連続で陰性の結果が出ることと、難しい基準がありました。

塗抹検査で3週連続陰性が出ていても、咳が出ていたり発熱があれば、転院もしくは退院できないらしいのです。

おばあちゃんの場合は結核の重症患者(結核菌が血液や骨にまで悪さをしていた状態)だったので、退院(転院)は慎重に考えていきたいと先生からお話がありました。

隔離病棟を出ていっても、また戻ってくる人もいるとのことで、高齢で体調の事を考えても安定している状態がおばあちゃんの転院のタイミングと考えているようでした。

退院と言っても、お家に帰れるわけではありません。

結核菌が他の人に感染しないレベルまで菌が減ったというだけで、隔離病棟から出ないと行けないのですが、引き続き結核の治療は続けていき転院して様子を見るのです。

結核菌の耐性を作る為に、お薬をきちんと飲み続けなくてはいけないのですが、お薬を管理する人がいない人は病院等で治療を続けていく必要があるのです。

転院へ近づく複雑な気持ち

隔離病棟(医大)で入院をしてきて大変なこともありましたが、病院の対応にはとても感謝していました。

先生や看護師さん、薬剤師さん、清掃のスタッフまでもみんな優しく一生懸命に働いていました。

嫌な人がひとりもいなかった・・・。

入院中はそんな方との少しの会話も、おばあちゃんにとっては楽しみのひとつになっていたので、転院で病院から出ていくようになるということは寂しかったようです。

毎日の丁寧なケア、心のこもった接し方、ひとつひとつが手厚く入院中も癒されたとおばあちゃんは感じています。

どんなに感謝しても返しきれないこの気持ち・・・。

大学病院は神様だって近所のおばちゃんが言っていましたが、身内が入院してみて本当にそうだなと思いました。

謝礼などは受け取れないという病院の方針があって、お礼を言うだけしかできない・・・。

最初は大学病院と聞くだけで怖くて、行きたくない病院でしたが、今では印象が変わって何かあったらまたお世話になりたいと思っています。

転院が決まって最後の日、娘の気持ち……。

半年間、娘も私に付き添って頑張ってくれました。

おばあちゃんが入院していた医大は自宅から30分くらいかかる場所。

仕事が終わって幼稚園に迎えにいくともう6時・・・。

夕飯の時間や寝る時間のことを考えると、私一人で平日はお見舞いに行きたかったのですが、娘は、

『ご飯遅くても大丈夫!帰りにラーメンでもコンビニのおにぎりでもいいから、一緒にひぃばぁのところに行きたい!!

そんな優しい気持ちでいつも私について来てくれました。

そんな娘は病院に行ったところで病室には入れないので、面会室で一人で待っているか、ナースステーションで看護師さんと一緒に待っていました。

半年間も顔を合わせれば、看護師さんや先生方と仲良くなりますし、可愛がってもらっていたのでお見舞いも楽しい時間でした。

検査の結果が出て転院が決まった日、娘と病院へ行き荷物を取りに行きました。

『今日で病院に来るのは最後のだよ、お世話になりましたってご挨拶してね?』

と、娘にお話すると娘の顔から涙が・・・。

娘にとっても、病院に通っていた半年間はとても幸せだったのです♡

そんな娘を見て私も嬉しくなりました。

私は娘に誰かに優しくされたら、心に優しさの貯金をすることを教えています。

困っている人がいたり、泣いている人がいたらその優しさの貯金を使ってあげなさいって・・・。

この半年間に貯まった優しさの貯金♡

どんな風に使っていくのか、これから楽しみにしています。


新しい環境(病院)で再スタート!!

おばあちゃんは無事、お家の近くの病院に転院し、病院が近くなって、前よりは時間に余裕ができて気軽にお見舞いに行ける環境になりました。

平日一回お見舞いに行って洗濯物を回収して、週末に洗濯して届ける生活はこれまでと変わらないのですが、隔離病棟を出たことで、娘との面会が可能になりました。

半年姿を見ていないと、大きくなってしまうようでおばあちゃんは娘の成長に驚いていました。

娘もひぃばぁに会えることが嬉しくてたまりません♡

転院してから娘はお見舞いにいくことも、リハビリやお洗濯のお手伝いも喜んで手伝ってくれています♪

そんな娘に元気をもらいながら、おばあちゃん順調に回復し笑顔が増えていっているところです。

転院して落ち着きつつある今日この頃・・・。

新しい生活の再スタート!!

おばあちゃんも私もお互い笑顔になれる介護生活にしていきたいです♪

おばあちゃんの入院など、半年間についての詳細はこちら

おばあちゃんのサポート

入院生活での変化と家族の思い

③ ハイリスクの手術に挑戦!!おばあちゃんの気持ちに寄り添って……。

オハナスタイル公式ライター : みぃ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ