2019_07_08(月) 10:52

子連れでも楽しい!家族旅行で行きたい海外エリア3選!

記事投稿: いちかママ

2019_07_08(月) 10:52

119

記事投稿: いちかママ

119

いよいよ消費税10%へ増税も近付いてきましたね…。

「大きい出費は今のうちに!」

と考えている方も多いのではないでしょうか。

そうした駆け込み需要のひとつとも言えるのが、旅行。

実は飛行機代や電車代などは、9月30日までに支払いを済ませれば、利用日が10月以降でも8%税率が適用されるのです(観光関連でも、ホテル等はこの経過措置に当てはまらない場合があるので要チェック!)。

ならば、特に大きい出費となる海外旅行も、今のうちに予約するが吉かも?!

そこで今回は、子連れでも満喫できる海外エリアを厳選ピックアップ

気になる飛行時間や楽しみ方をさっそく参考にしてくださいね。

★目次★

【台湾】海外デビューは、身近なアジア圏内で!

まずおすすめしたいのは、日本から約4時間フライトで行ける「台湾」

成田-台北間など直行便の便数も多く、LCCの運航もあるので気軽に行きやすい旅行先と言えます(LCCについての記事はこちら)。

「初めて子どもを海外に連れて行く」という方も、アジア圏内である台湾なら、時差も少なく食べ物も親しみを感じるものが多いですよ。

特におすすめは、夜市の屋台の数々。

「え、子どもを連れて夜に出歩くの?」

と不安に思うかもしれませんが、台湾の夜市は本当に賑やかで、まるで日本の縁日のよう。

家族でワイワイ食べ歩きするのも、記憶に残るひとときになりますよ。

【グアム】観光にレジャー、家族みんなの夢が叶う!

日本からの飛行時間は約4時間と、台湾とさほど変わらないのが「グアム」

「南国リゾート気分を味わいたいけど、ハワイまでのフライトはさすがに長すぎ!」という方は、子どもが小さいうちはグアムがおすすめかもしれません♪

グアムの長所は、観光名所やレジャー施設などがぎゅっと集まっていて、行動範囲がコンパクトな点

子どもが大好きなプールもあちこち点在していて、滞在中飽きることなく遊べます。

もちろん、ママのショッピングを満喫できる免税店や大型モールも充実していますよ。

また、グアムならではの“チャモロ料理”を満喫してみてみるのも素敵♪

「英語がわからないから心配…」

と感じるかもしれませんが、日本人観光客を受け入れる体制はハワイ以上に整っています

日本人スタッフ常駐ホテルも多いので、是非ともご安心を!

【サイパン】プライベート空間が充実で家族ゆったり

台湾やグアムよりも若干フライトも短めに行ける、サイパン島。

自然豊かで、都会化されていないのどかな雰囲気は

「人混みを気にせず、家族でのんびり過ごしたい」

という方にぴったりの旅行先です。

もちろんビーチリゾートがメインなので、子どもとめいっぱいマリンアクティビティを楽しむことができます

「まだ子どもが小さいから、アクティビティは楽しめないかな…」

という場合でも、砂浜で貝殻集めをするビーチコーミングなど、ゆったり贅沢な時間の過ごし方ができますよ。

お子さんの異文化体験デビューにもってこいのリゾートです。


「また来ようね」の約束は、毎日を頑張る糧になる!

パパやママにとっては、海外へ家族旅行となると一大決心する出来事ですよね。

仕事の都合を付けたり、総出費を計算してみたり、海外用グッズを買ってみたり…。

けれど、お子さんにとっての海外旅行もまた、未知なる大冒険。

「どんな旅になるんだろう」とワクワクが止まらないはず。

家族みんなで踏み出した海外の世界は、きっとキラキラと輝いて見えますよ。

帰国する頃には、きっと「また来ようね」とにこやかに笑いあっていることでしょう。

そんな素敵な時間を過ごせるよう、陰ながら応援していますよ!

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ