2019_06_23(日) 08:00

最後の親子遠足~下手くそなキャラ弁を完食してくれてありがとう☆

記事投稿: ぶちかぶちか

2019_06_23(日) 08:00

108

記事投稿: ぶちかぶちか

108

今日は長男にとって、園生活最後の親子遠足です。

★目次★

梅雨とは思えぬ晴天に恵まれ

今年は例年より早い梅雨入りとなり、遠足当日までずっと不安定な天気予報でした。

しかし、奇跡的に梅雨の合間の貴重な晴れ間とぶつかり、当日は気持ちのいい青空が広がりました。

今年の息子からのお弁当リクエストは?

さて、今年の親子遠足も長男から、

「去年と同じフランケンシュタインのお弁当にして^^*」

と早い頃からリクエストをもらっていました。

最近の長男を見ていると、食欲がたいへん旺盛で体も随分たくましくなってきました。

おやつを用意しても、

「おやつよりご飯ものがいい」

と言われるので、長男の分だけでも夕ご飯を先に用意するような毎日です。

なので、キャラ弁という見た目の楽しみよりもそろそろガッツリ系の男子メシの方がいいのでは??

…と様々な思いもありましたが、本人がそう希望するなら今年も頑張ろう!と自分を奮い立たせたのでした。

前回の「キャラ弁」について、詳しくはこちら

いざ!戦場と化すキッチン

そして、遠足当日。

前日のうちに海苔を型どったり細々した作業は済ませておいたのでそこまで早起きしなくてもよかったのですが、お弁当へのプレッシャーからか、夜明けとと共に目が覚めてしまいました(笑)

そうして、長男に喜んでもらいたい一心で作り上げたフランケンシュタイン弁当。

そして、作り終えてから気づいたことも多く…

頭に刺さっているボルトを忘れた

顔に傷を入れすぎてただの怪我人みたいになってる、

などなど、心残りな点はいくつかありましたが、思いは込めたので良しとしました。

あとは、長男の反応が気になるところです。

ついでに一緒に作ったオバケのキャラ弁はお留守番組の次男用に。

子供も大人もワクワクする遠足

それにしても、遠足のワクワクドキドキ感は子供だけかと思いきや、親の私までワクワクドキドキ、そしてソワソワでした。

それはきっと、めったに乗れない観光バスに乗れるワクワク、他の園児や親御さんと一緒に時を過ごすドキドキ、そして息子がお弁当をちゃんと喜んでくれるかどうかのソワソワが私にはあったのです。

そんな気持ちのまま家にいても落ち着かないので、早々に家を出て誰よりも早く集合場所に到着したら、まだバスも到着していませんでした(笑)

いよいよ遠足スタート!!

そしてのちに全員そろい、遠足も無事出発。

去年はあいにく雨天コースとなり、外で思いっきり遊ぶことができなかった分、おかげさまで今年はたっぷりと外で体を動かすことができました。

5~6歳児にもなると、とにかく疲れ知らずで活発に動き回るので大人も付いていくのがやっとでした。

過去の経験(キャラ弁記事参照)から、お昼の前のおやつはお弁当への意欲をなくす最大の敵であることを学んでいたため、その教訓を生かしおやつは控えさせました。

その成果もあり、早くも11時前に長男がお腹を空かせイライラし始めたところで、早めのランチタイムに突入しました。

いよいよキャラ弁、OPEN!

そして、ついにフランケンシュタインの出番が!!

どうかお弁当がひっくり返ってグシャグシャなんかになっていませんように…

そんなことになっていたら、間違いなく泣きます…私が。

ドキドキしながら、息子がお弁当を開けるのを傍で見つめていると、中身を見た息子が少しずつニヤけてきました。

「…フランケンシュタイン^^」

決して怪我人でもなく、顔色の悪いどこかのおじさんでもなく、すぐにフランケンシュタインと認めてもらえただけで、今日の私のノルマは無事に達成したようなものです。

フランケンシュタインの顔を緑色にするために混ぜたデコふりかけも安心のサケ味なので味も問題なし。

完食してくれたことがホントに嬉しかったなぁ…


子供たちのおかげで私も頑張れる

このような行事を通して毎回気付かされることがあります。

それは、子供たちのためにやっている事って、実は自分のためでもあるということ。

子供たちが喜んでくれるから、どんなに忙しくても毎日が大変でもやっていけてるんだなと改めて思います。

逆に子供たちがいなかったら、きっと私は毎日こんなに頑張れていなかったとさえ思います。

そんな大きなパワーをくれる子供たちにはいつも感謝です。

長男からのふとした質問に

そういえば、昨日ふと長男が私にこう聞いてきました。

「お母さんてさ、どういう時に強くなれるの?」

私は迷わずこう言いました。

「もしも、〇〇(子供たちの名前)が何も悪いことしていないのに誰かに傷つけられたり虐められたりしたら、その時はお母さん、どんな相手だろうとやっつけてやる」

息子は、

「ふ~ん」

とさらっと流して聞いていましたが、私はけっこう本気でそう思っています。

ましてや子供が痛い思い、辛い思いをするくらいならいっそ自分が変わってあげたい、と。

どの親御さんもきっと同じ思いなのではないでしょうか。

子供たちの幸せのために私もこれからますますパワーアップして頑張っていこうと思います。

今回の親子遠足は、子供の成長をますます感じた時間でもあり、またひとつ親離れしたようなとても感慨深い一日となりました。

今夜は私も子供もきっと爆睡だな(笑)

オハナスタイル公式ライター : ぶちかぶちか

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ