2019_06_03(月) 10:45

父の日のプレゼントに家族旅行はいかが?陶芸体験できる六古窯スポット!

記事投稿: いちかママ

2019_06_03(月) 10:45

260

記事投稿: いちかママ

260

もうすぐやってくる、令和初の“父の日”。

「どう過ごそうか、まだ決まってなーい!」とそろそろ焦っている方、今年は家族旅行を兼ねて陶芸体験はいかがですか?

家族で作った器を、お父さんにプレゼントするも良し。お父さんに作品を作ってもらって、記念にするのも良し。

オリジナルな父の日にすべく、今回は日本の誇る六古窯(ろっこよう)と、その体験施設をご紹介しましょう。

★目次★

六古窯(ろっこよう)って?

聞き慣れない方も多いであろう、“六古窯(ろっこよう)”

いったい何のことかと言うと、日本で古来から生産が続く、6つの陶磁器窯を指します。

初めて陶磁器が作られるようになった東海地方を中心として、瀬戸、常滑、越前、信楽、丹波、備前の6つの窯がそれにあたりますが、今では日本遺産にもなっているんですよ。

六古窯を体験しよう!

【瀬戸焼:愛知県瀬戸市】

瀬戸市南部の猿投山山麓で始まった陶磁器づくりが、現在の瀬戸焼をはじめ、多くの陶器の基盤となっています。

“セトモノ”と器が呼ばれるようになったのも、実はここが発祥。

[体験可能施設] 「愛知県陶磁美術館」

*当日空きがあれば、予約なしでも作陶できちゃう美術館!

【常滑焼:愛知県常滑市】

瀬戸と同じく、愛知県内に窯元のある常滑。

六古窯のなかでも最大規模を誇る常滑焼は、全国の陶磁器づくりに影響を与えてきた存在でもあります。

[体験可能施設] 「光きゅうす」

*常滑焼卸団地セラモール内にあり、周辺の散策やお土産探しも楽しめます!

【越前焼:福井県丹生郡越前町】

平安時代末頃からどんどん盛んになった、福井県越前のやきもの文化。地元の土の特性により、素朴で頑丈なつくりが特徴です。

[体験可能施設] 「福井県陶芸館」

*周辺には、著名な窯元のほか、家族で遊べる広大な越前陶芸公園もありますよ!

【信楽焼:滋賀県甲賀市】

京都に近い位置関係から、茶器を中心に盛んだった信楽焼。

近代に入ると、狸の置物が有名ですよね。伝統を尊重しながら、新たなチャレンジも忘れない逞しい窯です。

[体験可能施設] 「信楽陶苑 たぬき村」

*あの狸の置物が、自分で作れちゃう?!信楽の魅力がたっぷり詰まった施設です♪

【丹波立杭焼:兵庫県丹波篠山市今田町立杭】

地元の気候を活かして、壺やすり鉢など、人々の暮らしに寄り添う陶器を生み出してきた丹波。“蹴りロクロ”と呼ばれる、珍しい手法も特徴です。

[体験可能施設] 「陶の郷」

*豊かな自然に癒される「陶の郷」は、丹波の特産品を味わえるレストランも必訪!

【備前焼:岡山県備前市伊部】

備前の最大の特徴と言えば、その土の質。高温で長期間焼いても耐えられるその性質により、備前焼独特の凸凹感や重みを味わうことができるのです。

[体験可能施設] 「一陽窯」

*普段から全行程を見学できる窯元。1日1組限定なので、体験予約はお早めに!


家族の暮らしに寄り添う、特別な作品を作ろう!

名目はお父さんへのプレゼントと言いながらも、ついつい夢中になってしまう陶芸体験。

自分にとっても、お父さんにとっても愛着のある作品になること間違いありませんね。

是非、今年の父の日は、日本遺産の六古窯に親しみながら、素敵な1日を過ごしてください♪”

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ