2019_05_27(月) 10:20

「梅雨」を逃れる快適旅!いざ初夏の北海道へ!

記事投稿: いちかママ

2019_05_27(月) 10:20

249

記事投稿: いちかママ

249

今月は”梅雨”をキーワードに連載をお届けしていますが、今日は我が地元北海道のお話をしようと思います。

実は北海道って、梅雨がないのです。知っていました?

ジメジメな梅雨シーズンの暮らしに辟易したら、是非とも北海道へのレジャーも計画頂けたらと、今回は初夏の北海道旅行のススメをご紹介しましょう♪

★目次★

どうして北海道には「梅雨」がない?

そもそも、梅雨という気象現象がなぜ発生するのか、そのメカニズムをご存知でしょうか。

毎年6月頃になると、オホーツク海高気圧という冷たい空気と、太平洋高気圧という暖かい空気がぶつりあい、梅雨前線という雨を降らせる前線が沖縄付近に停滞し始めます。これが梅雨の始まりです。

その前線が徐々に北上し、本州の各地域に梅雨前線がかかるようになります。ただ、北海道まで北上してきた頃には勢力も弱まり、最終的に消滅してしまうのです。

これが、“北海道に梅雨がない”と言われる所以です。

6月の北海道では痛快なアウトドアレジャーを楽しもう!

初夏の北海道を楽しんでいただくべく、筆者が自信をもってオススメするアウトドアレジャーをご紹介します。

どれも家族みんなでエンジョイできる人気スポットですよ!

国際色豊かなニセコでラフティング!

倶知安町に流れる雄大な尻別川を、勢いよくゴムボートで下っていくアクティビティ”ラフティング”。

蝦夷富士(えぞふじ)と呼ばれる羊蹄山を眺めながら、北海道の自然を心身100%で感じられます。

春の雪解け直後は川の流れが激しい為、中学生以上しか参加できません(その代り、激流にのるボートは迫力満点!)。

6月からは小学生連れの家族も楽しめますよ。

≪ラフティング実施会社『NAC』≫ http://www.nacadventures.jp/

札幌至近の新篠津(しんしのつ)村で贅沢グランピング体験!

北海道の都心札幌中心部から約50分。

豊かな森と湖が広がる新篠津村で、今人気のグランピングを体験できちゃいます!

湖畔に建つおしゃれなテントには、ベッドやソファがありリッチなキャンプ気分を楽しめるのです。

手ぶらで様々なキャンプグッズをレンタルできるうえ、地元食材のBBQまで満喫♪

≪新篠津村 グランピング詳細≫ http://www.tappunoyu.com/lake/camp.html


後出し情報でちょっぴり申し訳ないけれど…

北海道には梅雨前線がやってこないと冒頭でお話しましたが、実は“蝦夷梅雨(えぞつゆ)”という独自の雨季が北海道にはあります(やっぱり、あるんじゃん!とツッコミたくなりますね)。

でも、とにかく広~いのが魅力の北海道。蝦夷梅雨の影響があるのは主に道東中心のうえ、たとえ雨が降っても湿度が低めなのが嬉しいところです。

道民が地元をこよなく愛する理由は、やはりこういう過ごしやすさもひとつなのかなと感じます。

地元愛満載でお伝えした今回の初夏の北海道情報、お役に立てたら幸いです♡

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ