2019_05_22(水) 07:15

我が家もついに家を買う!!

記事投稿: みぃ

2019_05_22(水) 07:15

237

記事投稿: みぃ

237

なかなか進まなかったマイホーム計画・・・。

希望する土地を求めると私達の気持ちだけではどうすることもできなかった現状でした。

そんな我が家のマイホーム購入の続きのお話です。(マイホーム編、前回はこちら

★目次★

THEマイホーム!ついに購入へ!!

マイホームが欲しいと思って動き出してから3〜4ヶ月たった頃、不動産屋さんから嬉しい連絡が・・・。

『◯◯さんが希望していた地区ではないのですが、条件に近い建売住宅の計画があるのですが、一応図面を見てみませんか?』

とのこと。

そんな電話から、不動産屋さんと建売住宅のHMさんと会ってお話することになりました。

実際にお話を伺った時点で、地盤調査等の施工がスタートしてしまっていたのですが、情報はまだ出回っていないようで、申込み者もいない状況でした。

土地の区画は6〜7区画。

もう2〜3件は注文住宅での申込みが既に入っていて、施工も同じくらいにスタート。

お話を聞いてみると、一度注文住宅で分譲したところ土地の値段が高いので、なかなか買い手がつかなかった分譲地の余った4区画でした。

その区画を建売住宅のHMが買い取って、土地を5区画に分けて建売住宅として売り出す計画で動いているようでした。

図面を見た最初の印象は、

「狭そう」「変な形の土地」「小さな家」

と、あまりいい印象ではありませんでした・・・。

土地の形は長方形の形よりは正方形の形がいいなと思っていましたので、何もかもマイナスイメージばかり。

5棟の建売住宅の図面を見ながら、お話の流れで現地販売している物件の内見と実際の現場を見に行きました。

実際に現場を見学に行ったときには、既に区画は5区画になっていて、思った通り狭く細長い土地でした。

冷静に考えられる状態ではなかったので、即決というわけにはいかず・・・。

金額の大きな買い物ですから、帰って慎重に考えようと思いました。

お話を聞いていた時は、建売住宅で長方形の土地でってことでマイナスイメージが強く、購入しようという気持ちにはなれませんでした。

図面も購入する気持ちが無かったので、見ていませんでしたが、お家で図面や周辺地図をじっくり見直してみると、1棟の間取りが気になったのです。

その間取りは以前、我が家がいいなと思っていた間取りによく似ていた間取りでした。

我が家の求めるマイホーム、考える先々のこと・・・。

【我が家のマイホームの土地の条件】

① 現在と同じ学区内(市町村)であること

② 大きな川や山・雑木林が敷地に隣接していないこと

③ できるだけフラットな土地であること

④ スーパーやコンビニが徒歩15分圏内であること

⑤ 幼稚園、小学校が2km圏内であること

竹林が隣接していたら厄介だから、どんなにいい土地でもやめたほうがいいと知人からアドバイスをもらっていましたので、竹林は注意して見ていたポイントでした。

竹林は根っこの問題(園芸が趣味なので重要)や、虫の大量発生を心配しながら住むのは嫌だったのです。

雑木林は東日本大震災の原発事故の被害で放射線量が高く、除染が行われていなかったので、住宅地に比べると放射線量が高めでした。

放射線量は子供を育てていく以上は外せない条件です。

建設予定地から竹林が近くにありましたが、100mくらい離れて区画があったので、ここは大丈夫ということにしました。

そうすると、マイホームの土地の条件はクリア!!

主人とじっくり話し合いました。お家を買うとなると先々のことも考えないといけないので・・・。

条件はいいけど、建売住宅なので設計変更が効かない、それはどうだろう・・・。

理想の内装のお家とは言えない、本当に買っていいのか?色んな気持ちがありました。


同じ気持ちを何周もグルグル・・・。

結果、条件の満たしている土地で理想に近い間取りで、この値段でお家が手に入るのなら購入したほうがいいのではないかという考えにまとまり、ついに購入を決意!!

私達の収入から考えても、注文住宅では絶対に建てられない(買えない)お家の条件でしたし、理想を求めて注文住宅で狭い家に理想を詰め込む事は我が家には非現実的な家だったのが決め手でした。

早速後日、申込みへ・・・。

あとは、不動産屋さんとHMさんがやりとりをして、必要な書類や手続きはまとめて1〜2回あった程度でした。

難しい手続きは専門の行政書士が全て行ってくれたので、仕事を休んだり、休日が潰れることもありませんでした。

注文住宅のようなオシャレ感はありませんが、今風のお家でしたし、土地も希望の200平米以上の大きさで、広めのお庭もあり、駐車場も4台可能な理想の土地を安く買うことができました。

安く買えた分は家のメンテナンス費用だったり、DIYで理想の空間造りの費用へ。

二人目計画も十分可能なマネープランとなりました。

計画的にはマイホームの購入が先になってしまいましたが、新しいお家で二人目の赤ちゃんを迎えたいという楽しみが増えました。

その為にもお仕事を頑張って働かないとですね??

建売住宅の場合、最初に申込みをして事前審査が通ったら仮押さえという流れになるようです。

いいなと思った時点で決めないとタイミングによっては他の人に取られてしまうので、決断は早いほうがいいのかと思います。

申込みが完了した頃には、基礎工事が終わっていました。建売住宅ですが、建てる前に注文しているので工事経過を見ながら完成を待っていました。

自分のお家となると、嬉しい気持ちと進捗状況が気になって頻繁に見に行っていました。

娘に、

『このお家はパパとママとゆずのお家だよ』

と、話すとぴょんぴょん跳ねて嬉しそうにしていました♪

[完成予想図]

建売住宅は注文住宅とは違って網戸やカーテンレール、エアコン、照明等は金額に入っていないので、住宅ローンとは別に費用がかかります。

我が家は主人が電気関係の取り付けや作業等は得意なので、業者いらずで節約になりましたが、電話(インターネット)の工事とエアコンの取り付けだけ業者にお願いしました。

トータル的に考えると、建売住宅の方が高めなような気もしました・・・。

完成までの間は、カーテンや家具選びの楽しみがあります。もしかすると完成を待つ時間が一番楽しい時期かもしれません。

そして娘が1歳半になる頃、我が家は建売住宅を買いました!!名義は主人と私の名義で。

それは行政書士さんからのアドバイスで、万が一夫婦で揉め事が起きた場合、一人名義だと困ることになるということだったので、二人の名義にしました。

私一人のお家ではないし、写真ひとつでお家の値段もバレてしまいます。プライベート(年収等の)な情報がいっぱいです。

主人のプライバシー、そして娘の安全の為にも、お家の外観の写真は場所を特定されるので載せることができませんが、これからはマイホームでの楽しいお話を少しづつさせていただきたいと思います。

マイホーム編のご紹介

1:4月一大決心!!ついにマイホーム計画がスタート♪

2:進まないマイホーム計画!家族で考える理想のお家とは??

3:我が家もついに家を買う!!(現在、この記事を開いています)

オハナスタイル公式ライター : みぃ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ