2019_05_10(金) 10:03

令和元年から始める「衣替えなし」生活【幸せを呼ぶ片付け術】

記事投稿: hayuru

2019_05_10(金) 10:03

585

記事投稿: hayuru

585

長い長い連休も終わって、「令和」時代の日常が動き出しましたね。

季節もとっても過ごしやすい時期。

でも、まだまだ寒暖差があるので、着るものに迷いますよね。

冬物と夏物の入れ替えもしないといけないし。

この衣替えが面倒に感じること、ありませんか?

最低でも年2回、入れ替えしないといけない。

自分の洋服だけではなく、子どものもの、夫のもの。

我が家の場合、1回の衣替えに1日は確実にかかります。

この手間をなんとか減らしたいと思いませんか?

実は我が家では、数年前からこの衣替えをしなくて済むようにしました。

家事を少しでも減らしたい方、衣替えをしない方法を一緒に考えてみましょう。

★目次★

衣替えをしない方法がないものか考えた

私は季節の変わり目に洋服を買いたくなることが多くて、まさに衣替えの時期と重なってしまうんです。

衣替えもしなければならないのに、洋服を増やしてしまうタイプだと気づいたある日、猛烈に衣替えが嫌になったのです。

衣替えをしないで済む方法が何かないものかと考えてたどりついた答え、それは。

全部を出しておく

というもの。

逆に言うと、季節によってしまい込むことをやめるということ。

ちょっと大雑把なやり方に聞こえるかもしれません。

でも、全部出ていると季節によってしまったり出したりしなくて済みますよね?

この衣替えなしの収納方法、参考になれば幸いです。

衣替えしないための収納手順

私が実際にやってみた手順をご紹介しますね。

収納場所を1か所に決める

まず一番に考えたのは、洋服を収納する場所を1か所、つまりクローゼットだけとか、タンスだけなどに決めることが大事です。

もちろん、その1か所に収納するのは季節問わず持っている洋服すべて。

家自体に収納が少ないなど、それぞれの事情があるのはわかります。

クローゼットが小さいので絶対無理と思ったら、収納ケースをクローゼットの外に置いても大丈夫。

ただ、あちこち分けて置かないということを意識するのです。

1コーナーまたは1スペースに決めることが大事。

できたら家にある収納ケースなどを空にして設置してみるといいですよ。

この際洋服の量は考えません。

まず、決めたスペースに収納用品を設置してみる。

部屋を圧迫しない程度の、理想的な配置が決まったら次の作業です。

季節別・種類別に分けてみる

片付けにはもう当たり前の全部出しを洋服でもやります。

他の部屋においてあるものもすべて集めて。

まとめて洋服と言っていますが、ファッション小物も同じスペースに置く方が便利なので、それも含めます。

出したら季節別・種類別に分けていきます。

家着やパジャマ

半袖と長袖

ニットとTシャツ

ストールとスカーフ

など自分の感覚でいいので分類していく。

何に分類するか悩んだら、わからない物としてわけておきます。

洋服を厳選する

次は残すものと処分するものを分けていきます。

最初に収納するスペースに全部入りそうなら、全部残してもいいんです。

でも多分。

洋服全部を収納スペースに収めきれないので衣替えをしているはず。

衣替えをしない収納にするために、洋服の容量を収納スペースに合わせるようにすることが大事です。

洋服に限らず、家のスペースに入りきらないほどの量を持っていること、これが片付かない一因となっている場合があります。

洋服って、同じようなデザインや色の物を持っていることが多くないですか?

好きなデザイン・色って決まっていて、よく袖を通すものも決まってることが多い。

だから着ていない洋服を減らしても、案外困らないものです。

自分のわかりやすい方法で収納

我が家はウォークインクローゼットなのですが、ハンガーでポールに掛けられるものはとにかく全部ハンガー掛けにしました。

人別でまず左右にわけて(右側:夫、左側:妻など)、各エリアでアウター、シャツ、パンツ、スカートなどアイテム別にわけて掛けました。

夏冬まったく関係なく、ざっくりと。

もう少しきちんとしたければ、さらに季節ごとに分けるといいと思います。

引き出しにしまいたいトップスなどは夏冬で縦分けにしました。

前後分けもやってみましたが、結局前後を季節で入れ替える作業は衣替えと変わりません。

なので、左に夏物、右に冬物(自分の覚えやすい方でOK)を入れることにしました。

Tシャツをしまうと決めた引き出しを縦に仕切って夏冬に分けて入れます。

厳選して残したアイテム全部を1アイテム1引き出しと考えて夏物も冬物も一緒にしまう。

少なくとも我が家はこれでまったく衣替えする必要がなくなりました。

今週さよならしたもの

なぜこんなに持っていたんだろうと思うくらい持っていた、タートルネック。

買った時流行っていたのか、それとも同じようなコーディネートが楽だったのか。

一昨年と去年の2年間、一度も着なかったこのタートルネックのカットソーを、念のため黒1着残してさよならすることに。

引き出しから一度も出されなかった洋服は、いつまで持っていても多分着ない。

そういうことに気づけるようになるのも、衣替えなしの収納方法にしたからだと思います。


衣替えをしないことにしたら、いろんなことが楽

防虫剤を取り換えるだけで済むようになったら、本当に楽になりました。

もちろん、着なくなった服やシミが付いたものなど、入れ替えは大切。

子ども服だったら成長に合わせて買う必要もありますし。

実は他にも衣替えをしなくなって楽になったことがいくつかあって。

しまいこんで洋服を見逃してしまうことがまず減りました。

持っている洋服がすべて目に入るので、どれも1軍の洋服として活用できるようになります。

スペースに合った洋服の量になると、管理しやすいんですよね。

それに持っている洋服を把握していることで無駄買いが減るメリットも。

単純に洋服の量が減ることで、コーディネートに悩むことも少なくなり、その分時短になっていると思うのです。

家事を一つ減らすつもりが、他にも楽になったことがわかって片付けた甲斐があったなあとクローゼットの中を見ながら自分を褒めています(笑)

令和元年から衣替えをやめてみませんか?

オハナスタイル公式ライター : hayuru

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ