2019_04_22(月) 10:26

平成最後だから「各時代」も家族で振り返ってみよう!

記事投稿: いちかママ

2019_04_22(月) 10:26

349

記事投稿: いちかママ

349

もう本当に残りわずかとなってきた「平成」というひとつの時代。この31年を振り返り、それぞれが想いに耽ることもあるでしょう。

この連載も、平成から令和という時代を跨いで続けることができること、幸せに感じます。

そこで今回は、日本の時代をさかのぼり、明治から大正、昭和を感じることができる観光施設をご紹介しつつ、各時代を振り返ってみましょう。

★目次★

激動の明治時代を感じ取る「博物館明治村」(愛知県犬山市)

西暦1868年からその後44年間、1912年までが「明治時代」とされています。

新政府の樹立や大日本帝国憲法の発布、そして日清戦争や日露戦争など、近代化に向けて大きく歴史が動いた時代です。

その明治を感じ取ることができるのが愛知県にある、「博物館明治村」です。

欧米文化を取り入れた洋風建築など、近代の建築文化の基礎となる文化財を保存するために生まれた「明治村」。

当時の飲食店を再現したグルメを堪能したり、明治時代風ドレスや矢絣・袴姿になって園内を散歩することもできますよ。

明治村公式HPはこちら

年数は平成の約半分!大正時代「日本大正村」(岐阜県恵那市)

明治が終わった1912年から1926年という15年間が、「大正時代」です。

年号の中では比較的短い期間でしたが、国際的には第一次世界大戦が勃発し、国内では大正デモクラシーなる風潮が浸透します。

歴史的な災害である関東大震災が起きたのもこの時代です。

この濃密な大正時代の雰囲気をそのまま保存しようと試みているのが、岐阜県恵那市の「日本大正村」です。

製糸工場が盛んだった明智町の当時の建物や町並み、風情をそのままに感じ取ることができます。公式イメージキャラクター「大正ロマンちゃん」もキュート!

日本大正村公式HPはこちら

現代日本を創り上げた昭和時代「ぎふ清流里山公園※旧日本昭和村」(岐阜県美濃加茂市)

数ある元号の中でも、最も長く続いた「昭和」という時代。

1925年から1989年までの間に、あの第二次世界大戦による敗戦があり、そして戦後復興への道のりを歩むことになった奮闘の時代です。

岐阜県美濃加茂市にある「ぎふ清流里山公園」では、昭和の暮らしにまつわる展示や、芝居小屋を再現した施設など、”懐かしさ”を感じる施設がそこかしこにあります。

広大な敷地には子供向け遊具もあるので、家族で1日中楽しむことができますよ。

ぎふ清流里山公園の公式HPはこちら


残りわずかの「平成」、これから始まる「令和」に祈りを込めて

よく言われるように、「平成」という時代は”戦争がない時代”として幕を閉じようとしています。

それはとても幸せなことではありますが、これから始まる「令和」でも引き継がなければならない時代です。

家族で旅行を楽しむ、お出掛けする、当たり前のように、家族がいつも一緒に笑って過ごす。

そんな時代がこれからも続くよう、昔を振り返りながら祈りを込めたいものですね。

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ