2019_04_18(木) 10:28

人生と介護**「耳の聞こえ」と認知症進行の意外な関係

記事投稿: 二児のパワフルママ

2019_04_18(木) 10:28

244

記事投稿: 二児のパワフルママ

244

新しいランドセルを背に通学する小学生。

少し大きめの制服に身を包んだ中・高校生の姿を目にするようになって2週間。

新社会人の皆さんは、すこしずつ生活リズムができてきたのではないでしょうか。

緊張とリラックスの時間が混在するこの時期。

皆さんはどのようにすごしていますか。

新しい事を覚えていくうえで重要な体の器官がいくつかあります。

そのうちの一つは「耳」です。

人との会話もそうですし、危険かどうか判断するためにも耳の聞こえは重要。

また、耳の器官はバランスにもかかわってくることもあります。

そんな大切な器官である「耳」ですが、実は認知機能にも大きく関係することはご存知ですか?

★目次★

耳が聞こえないと何が困るの?

当たり前ですが、人との会話が困ります。(当たり前すぎますね)

でも、人との会話ができないということは、社会的な交流に支障が出てくるわけです。

例えば…

道を歩いていた時に、仲の良い人や老人会で交流のある人があなたを見かけたとします。

「〇〇さーん」と声をかけたのに知らん顔…。

相手は「あの時、声をかけたのに…」という、もやもやが積もっていきます。

情報量が圧倒的に少なくなります

もちろん、自分自身にも大変なことがあります。

耳から入ってくる情報量が少なくなると、人の会話がうまく聞き取れない、会話が成立しにくくなるなどの症状が出てきます。

それが繰り返されることで、徐々に周囲とのかかわりがおっくうになったり、失敗が繰り返されて人と交流が減少していきます。

補聴器を使うと余計に聞こえなくなる!?

補聴器を使うことで、今以上に耳が悪くなるから使わない!という話を聞きますが、それは誤解です。

いままでは、徐々に聞き取れなかった音が聞き取れるようになる(正常に音が聞こえるようになる)と、補聴器を外した時の聞こえないギャップが、「耳が聞こえなくなった」と感じるだけなのです。

補聴器は面倒!?

テレビは聞こえるし、電話はなんとか聞き取れる。

集団でいるときに補聴器を使うと、全部が大きい音になるので使いたくない。

あの、ピーピーという電子音がうっとうしい。

そういって補聴器をつかうことから足が遠のく方もいます。

しかし、補聴器の使い方をしっかり覚えられるうちにこそ、補聴器を使ってほしいのです。

耳が聞こえにくいと認知症の発症リスクが7倍!?

社会的交流の場所に出かけにくくなる、新しい情報が入らなくなる、自分が想像しない部分で社会的交流から離されてしまう。

耳の聞こえがよくないだけで、このような状況になってしまうこともあります。

そうすると、認知機能の低下が進行し、認知症になるリスクが高くなってくるのです。

ちょっと待って!それって本当に補聴器が必要?

そうは言うものの、補聴器って値段がピンからキリまであります。

その前に、なにか手立てがないの?

あるんです!!それは、耳鼻科に行って耳掃除をしてもらうこと。

え?たったそれだけで?って思ったあなた!そう、それだけなんです。

実は日本人の耳垢(みみあか)は、乾燥している人が多いといわれます。

耳かきや綿棒で、耳掃除をしている方はいませんか?

これって、じつは耳垢を奥に押し込んでしまっているんです。

耳垢が奥に押し込まれて、耳の聞こえが悪くなっている高齢の方が結構な割合でいらっしゃいます。

耳掃除をしてもらうことで、すっきりと聞こえるようになることもあります。


認知症予防には社会参加がとても大切!!

社会参加をしていくうえで、人との会話ができることはとても重要です。

どんなお話でも、相手との会話が成り立つからこそ楽しいものです。

そんなきっかけを少しでも大切にしていくために、あなたの耳のこと、一緒に大切にしていきませんか。

オハナスタイル公式ライター : 二児のパワフルママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ