2019_04_14(日) 12:36

人の振り見て我が振り直せ~挨拶の大切さを伝えたい~

記事投稿: ぶちかぶちか

2019_04_14(日) 12:36

57

記事投稿: ぶちかぶちか

57

❝あいさつ❞

普段から、挨拶をすることの大切さを子供たちにも教えているつもりですが、長男にはまだ照れくささがあるようです。

幼児園で、「おはよう!」と色々な方から声を掛けていただいても恥ずかしくてもじもじしたり、小声すぎて相手に伝わらないことが多いです。

自分から進んで元気に挨拶ができる子に育って欲しいと望んでいますが、そのためにはまず私自身がその姿勢を子供たちに見せていくことが必要だと思ってます。

★目次★

挨拶は大切なコミュニケーション

私にとって挨拶とは、人と人とを繋ぐ大切なきっかけであり、時に挨拶ひとつでその日の気分も左右されます。

挨拶する側もされる側も、言葉なり笑顔で返してもらえることはとても気持ちのいいものです。

私の周りにもいつも笑顔でステキな挨拶をされる方、元気に返して下さる方、本当に気持ちのいい方々が大勢いらっしゃいます。

とてもありがたいことです。

残念な思いをしたからこそ気づけたこと

ただ、挨拶に対する考えや思いは人それぞれです。

こんなことを書いている私自身でさえ、その日の気分によってきっと挨拶の仕方は違いますし、受け取られ方も違うと思います。

子供の送り迎えで幼児園に行った際、すれ違った方にこちらから声をかけても無反応で終わることも時にはあります。

きっと相手にしてみたら、知り合いでもないのにそんな親しげに挨拶されても、と戸惑ったかもしれません。

急いでいて余裕がなかったのかもしれませんし、たまたま聞こえなかっただけかもしれません。

そう気にすることもないのででしょうが、私はどちらかというとネガティブ思考派。

馴れ馴れしいと思われたんだろうか、もしかして嫌われてるのだろうか。

頭の中は見事にネガティブ祭り一色に変わることも少なくありません。

日頃の自身の行いを見直すいいきっかけに

❛相手の振り見て我が振り直せ❜

こんな言葉があるように、何かでイヤな思いをした時に思うことがあります。

…自分ももしかしたら同じことを周囲にしていないだろうか?

私たちは時に気づかないうちに相手を傷つけてしまっていることがあります。

自分がイヤな思いをした時こそ、自分の普段の行動を振り返るチャンスだと思います。

相手は自分の鏡なのかもしれません

挨拶に限らず、普段の生活の中でもハッと我に返る時があります。

例えば、運転。

運転していると、煽ってきたり、至近距離で近づいてくる車がごくたまにいます。

こちら側がよっぽどイライラさせるような運転をしていたのだとしたら申し訳ないのですが、あいにく思いあたる節はありません。

なので、到底気持ちのいいものではなく、こちらもついイライラしてしまいます。

けれども、きっと明日は我が身。

運転に慣れているとは言え、急いでいる時などは確かに運転が雑になっていると気付かされます。


子供はいつも親の姿を見ています

子は親の鏡である、と言われるように、子供の行動には親の姿が映し出されているものかもしれません。

言葉使い、しぐさ、生活態度、全てを子供たちはしっかり見ています。

子供に注意する前に、まずは自分自身の振る舞いも合わせて見つめ直す余裕も持ちたいものです。

挨拶もそのひとつとして、子供たちのお手本になるような元気で明るい挨拶ができるようにこれからも心掛けていきたいと思います。

オハナスタイル公式ライター : ぶちかぶちか

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ