2019_04_08(月) 10:02

「なつぞら」スタート!ドラマの舞台を家族で駆け巡ろう!

記事投稿: いちかママ

2019_04_08(月) 10:02

71

記事投稿: いちかママ

71

これまで数々の名作を生み出してきたNHK連続テレビ小説、通称“朝ドラ”

この4月に始まった新ドラマ「なつぞら」で、なんと通算100作目となります。

そんな記念すべきドラマとなる「なつぞら」の初回を見逃した方や、「タイトルは聞いたことあるけど、いったいどんなお話?」と気になっている方へ、今回はドラマのあらすじや見どころ、そして気になるロケ地情報をご紹介します。

GWや今年の家族旅行でロケ地めぐりもおすすめですよ!

★目次★

「なつぞら」とは?

まずはなんといっても、ドラマのあらすじを改めてお伝えしましょう。

~あらすじ~

舞台は太平洋戦争が終結した後の日本。

主人公である奥原なつ(広瀬すず)は戦争で両親を失い、父の戦友で牧場経営者である柴田剛男(藤木直人)に引き取られます。

北海道十勝の広大な牧場で、新しい家族に囲まれて新生活を始めたなつは、やがて絵描きの山田天陽(吉沢亮)との出会いをきっかけに、絵を描く仕事に興味を持つように…。

そして、生き別れた兄(岡田将生)を探すため上京すると同時に、日本のアニメーションの世界の扉をたたきます。

「なつぞら」最初の舞台は北海道!

あらすじにもあるように、舞台の始まりはなつが幼少期を過ごす北海道十勝

道内でも特に自然が豊かで、農業やスイーツ、畜産などが盛んな地域です。

十勝地方の中心地は帯広市というまちですが、その周辺には今回のドラマロケも行われた新得町(しんとくちょう)や陸別町(りくべつちょう)があります。

陸別町は、冬に-30度超えを記録するなど””日本一寒いまち””としても知られていますね。

ロケ地めぐりの際には、十勝が誇る温泉地「十勝川温泉」も是非おすすめです♡

お肌がツルツルになりますよ!

実際にロケが行われたとされている場所

柴田一家が住む家:陸別町

柴田家の牧場:新得町の現役牛舎

「なつぞら」東京・新宿編の見どころは?

物語の中盤から、主人公なつが上京してアニメーターを目指す「東京・新宿編」がスタート。

元人気ダンサーでおでん屋の女将・岸川亜矢美(山口智子)や、なつの世話役でベーカリーカフェのオーナー・前島光子(比嘉愛未)らが主要キャストに加わり、十勝で養った“開拓者魂”を胸になつが奮闘する日々を描きます。

登場人物たちが戦後から立ち直り日々生きる姿、日本の現在のアニメ文化や芸術、音楽などの原点を感じるような力強いストーリーに期待が膨らみますね。

まだ撮影中なので新宿編のロケ地情報については詳しくなっていませんが、今後、物語が進むにつれて新たなロケ地も明らかになると思います。


家族で「なつぞら」を楽しんだ後は、ロケ地探しもお楽しみ♪

まだまだ始まったばかりの朝ドラ「なつぞら」。初回を見逃してしまったという方も、ネット配信等で復習すればこれから楽しめますよ♪

家族で毎朝のお楽しみにするというのも素敵な時間になりますよね。

東京にあるNHKスタジオ内で撮影されることも多い朝ドラですが、やはりスタジオのセットで撮りきれない部分は十勝や関東を中心にロケが行われているようです。

毎朝ドラマを楽しんだ後は、家族で「このロケ地はどこかな?」と探してみるのも良いですね!

そして次の家族旅行は、実際にロケ地めぐりなんていかが?

「なつぞら」についてはこちらの記事もどうぞ♪ ↓↓

朝ドラ「なつぞら」スタート!家族で楽しむ「なつぞら」のすすめ♪

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ