2019_03_25(月) 07:44

【脳トレ】ついに文章題登場!「郷土料理」コラム付き!

記事投稿: オハナスタイル編集部

2019_03_25(月) 07:44

251

記事投稿: オハナスタイル編集部

251

オハナスタイルの「脳トレ」で出題された「スピード問題」には、単位変換・ひらめき系といくつか種類がありました!

今日はそこへ「文章問題」も加わることに!

問われている内容に気がつけば、サクッと解けていくはずよ!

また、今日も最後にコラム問題があります。今回は「郷土料理」にまつわるコラム問題。

今日も最後まで楽しんでみてくださいね♪

問題制作:ワオ・コーポレーション

★目次★

「あ、そうか!」気づけば即答!? 文章題!

今日のスピード問題は、冒頭でもお伝えしたように「文章」問題です。

最初は少し慣れないかもしれませんが、分かってくると「解ける~!」感が強くて、ストレス発散になるかも!?

【問題1】

まさこさんは分速100mで、しずかさんは分速120mで歩きます。

2人が同じ地点から同じ向きに歩くと1200mはなれるのは何分後ですか。

【解答】

こういった問題は、小学校では「表」を作って考えた記憶はありませんか?

まさこさんは1分後は100m、2分後は200mの地点まで進んでいます。

一方しずかさんは、1分後120m、2分後は240mの地点まで進んでいます。

2人の距離は1分ごとに20mずつ差が開いていきます。

このため、二人の間が1200mの差になる式は、1200÷(120-100)となります。

【問題2】

たかこさんは分速250mで、みどりさんは分速100mで走ります。

みどりさんはたかこさんから500m先を走っています。

たかこさんは何分後にみどりさんに追いつきますか。

【解答】

こちらも考え方は問題1と同じです。

すでに500mの地点にいるみどりさんと、たかこさんの差は「現時点では500m」。

たかこさんは1分で250m進み、みどりさんは1分で100mのため、たかこさんは1分後に250m、2分後に500mの地点にいます。

一方みどりさんは1分後に600m、2分後に700mの地点にいることになります。

すると二人の距離は、1分後350m、2分後200mと、1分ごとに150mの差が縮まります。

このため、二人の間にあった500mの差が埋まるのはための式は、500÷(250-100)となるのです。

【問題3】

四郎君は分速170mで、三郎君は分速120mで歩きます。

2人が600mはなれたところから向かい合って歩くと何分後に出会いますか。

【解答】

600mという決まった距離に対して、向かい合って進んでいるということがこの問題のカギです。

向かい合って進んでいるということは、結局のところ二人で「歩ける距離を縮め合っている」ことになります。

このため、それぞれでは分速170m、120mで歩いていますが、「距離を一緒に縮め合っている」観点から考えると「分速290(170m+120m)」で進んでいるのと同じ。

よって、決められた距離600mを分速290mで歩くと、何分で600mにたどり着くでしょう、と考えれば600÷(170+120)になるのです。

【問題4】

ゆみさんは分速50mで、一郎君は分速150mで歩きます。

2人が1周1200mの池のまわりを同じところから反対向きに歩きました。2人は何分後に出会いますか。

【解答】

こちらも考え方としては、問題3と同じです。

1200mという距離を、二人で「縮め合っている」ので、1200÷(50+150)となります。

【問題5】

はるみさんは分速40mで、次郎君は分速100mで歩きます。

2人が1周700mの池のまわりを同じところから反対向きに歩きました。

2人は何分後に出会いますか。

【解答】

考え方は問題3、問題4と同じです。

気がつけばすいすい解けますね!

【問題6】

きょうこさんは分速100mで、まどかさんは分速120mで歩きます。

2人が同じ地点から反対向きに歩くと1200mはなれるのは何分後ですか。

【解答】

こちらは二人が1分間で「合わせてどのくらいの距離」を進んでいるか考えれば解けます。

きょうこさんは、1分後100m、2分後200m、3分後300m……の地点まで進みます。

まどかさんは1分後120m、2分後240mまできょうこさんと別れた「出発地点(0地点)」から「逆方向」に進んでいます。

ということは、二人の間の「絶対値」的な距離は、1分ごとに220mずつ増えていきます。

この「二人の間に増えていく距離」が1200mになる時間を考える問題なので、式は1200÷(120+100)となります。

あなたは知っている?この料理は何県の郷土料理?

日本には、その土地の風土が偲ばれる郷土料理や名産が数多くあります。

さて、次の鍋料理や麺類は、何県のもの?

1 土手鍋:鍋の縁に味噌を塗りつけ、カキを豆腐や野菜と煮る。

2 柳川鍋:ドジョウを細く切ったゴボウといっしょに醤油で煮て、卵でとじる。

3 たらいうどん:山で働く人たちが釜揚げしたうどんをたらいに入れてみんなで囲んで食べたのが始まり。

4 稲庭うどん:讃岐うどん、名古屋のきしめんとともに三大麺の1つ、手延べでつくる細めのうどん。

5 もつ鍋:(豚)のもつ(腸)を味がつく程度に煮込み、後にキャベツやニラなどを入れて食べる鍋料理。

【解答】




日本各地の食べ物「購入額」面白データ

暖かい地方、寒い地方、海があるところ、ないところ……いろいろな条件によって食べ物の嗜好は変わってくるものです。ちょっとおもしろいデータを紹介します。

<1世帯あたり食料品等の年間購入額 2012~2014年平均>

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ