2016_10_22(土) 10:56

この世に生まれ出る事ができなかった妹の存在と母の本当の想い。 <大阪府在住 40代女性>

記事投稿: オハナスタイル編集部

2016_10_22(土) 10:56

4053

記事投稿: オハナスタイル編集部

4053

我々(BOLSTER株式会社)は、皆さんへ親孝行のきっかけと、親孝行を手軽に行うための仕組みを提供しています。今回は、大阪府在住 40代女性から、「この世に生まれ出る事ができなかった妹の存在と母の本当の想い。」が届きましたので是非ご覧ください。

 

弟には重度の知的障害があった。

今年で結婚して19年。この19年は、実家を離れて暮らした歳月でもあります。私の実家には70代の父母と年子の弟が住んでいます。弟は、生まれつきの知的障害で、療育手帳A判定の重度障害者です。

私がおそらく3歳頃の記憶ですが、まだこの頃は、弟はベッドに寝たきりでした。首も座っておらず、ずっと母が赤ちゃん抱きをしていたのを覚えています。その弟も養護学校の幼稚部に通える年齢となり、ようやくヨチヨチと歩けるようになりました。父はサラリーマンで仕事が忙しく、朝早く出かけたら夜は11時頃まで帰って来ない毎日でした。母はずっと弟に付きっきりで世話をしていたので、私はよく祖母の家に預けられていました。



 

自分のことは全て自分で。

小学校に上がると、参観日や運動会などの行事があったのですが、それもすべて来てもらえることはありませんでした。中学の進路相談も自分で決め、高校、大学と親に相談する事もなく、何もかも自分で決めて大きくなりました。

私の小さい頃からの目標はただ一つ、「家を出る」という事でした。家族であって家族の一員ではないとずっと思い続けてきたので、少しでも早く家を出たいと考え、大学進学と同時に一人暮らしを始めました。大学は奨学金をもらい、生活費はアルバイトで捻出しました。

 

車の中で父からの衝撃的な話しが…

無事に大学を卒業して就職し、その会社で今の主人と知り合って結婚をしました。家を出てからは、結婚式以外は全く実家には寄り付かない生活をしていました。

結婚して2年目に、お腹に赤ちゃんが出来ました。その頃、父がガンを患い長期間の入院をしたため、実家の近くに住んでほしいと母に頼まれ、仕方なく実家からすぐの場所に引っ越しました。幸い父はガンの発見が早く、無事に退院することが出来ました。

退院する父を迎えに行った時、その車の中で久々に父と話をしました。父が「羊水検査はちゃんと受けたか?」と聞くので、「特に受けてないよ」と答えると、「弟の事もあるからきちんと受けたほうが良い」と言われました。

「それってお腹の子が障害があったら堕ろせってこと?私は自分の子はちゃんと可愛がって育てるからどんな子でも大丈夫。お母さんと一緒にしないで。」と思わず怒って言い返しました。

すると、「お前には本当は妹もいたんだよ。でもその子が○○(弟の名)と同じ障害かも知れないと分かって、お母さんは堕ろしたんだ。」と言われました。初めて聞く話だったのと、自分も妊婦だったこともあって、とてもショックでした。「そんなの生まれてみないと分からないのに、なんで勝手に殺しちゃったの。かわいそう。やっぱりお母さんは○○のことだけが可愛いんだ。」と叫びました。「それは違う。お母さんは△△(私の名)にこれ以上負担はかけられないって決めたんだ」と父に言われました。

 

この世に生まれ出る事ができなかった妹の存在と母の本当の想い。

母は、私に弟のことで負担をかけまいと頑張ってきたそうです。3人目の子どもがいれば、私が大きくなった時に負担が少なくて済むのではないかと考えたそうですが、残念ながら3人目の子どもも障害を持っている事が分かり、仕方なく堕ろすことに決めたのでした。『母が私を実は大切に思っていてくれていたこと』『私のせいでこの世に生まれ出ることができなかった妹の存在』一度に色々と聞かされて涙が止まりませんでした。

 

今の私が一番やりたいこと。

今は、2人の子どもに恵まれ、母とも仲良く話をするようになりました。弟は相変わらず、とても手がかかるので、母はゆっくりとは出来ませんが、それでもたまにはショートステイを利用して息抜きが出来るようになりました。今の私が一番やりたいことは、長年、弟の世話ばかりで一泊旅行ですら行けなかった母に、思い出に残る旅行をプレゼントすることです。その旅行の間は私が弟の世話をして、母ばかり犠牲にならなくても私もちゃんとお世話が出来るんだよって安心させてあげられたらと思います。生まれて来られなかった妹の分まで、私が弟の世話をして母を助けたいと思っています。

メールやラインばかりの連絡に慣れてしまっているので、手紙でメッセージを届けてもらえるサービスはとても新鮮で今後活用していければと思います。

 

大阪府在住 40代女性 ペンネーム あやママ。

 

 親孝行、始めませんか?

みなさんはご両親とのコミュニケーションは取られていらっしゃいますか?忙しい日々を過ごしていると、つい両親への連絡が後回しになってしまう方も多いのではないでしょうか。まずは月に一度から、手軽に両親への手紙を郵送できる「親孝行、お届け便。」を活用して、コミュニケーションのきっかけをつくってみませんか?
「親孝行、お届け便。」は、お客様のスマートフォンに保存されている写真やSNSの投稿をもとに、スマートフォンをあまり利用していないご両親にも近況を手軽に伝えられる手紙を作成し、ご両親のお手元までお届けするコミュニケーションサービスです。ご両親へご郵送させて頂く際には、返信の際にご利用頂ける返信用ハガキも同封していますので、メールや電話とは違う、直筆の温かみがあるお返事も頂けますので、ぜひ一度、「親孝行、お届け便。」を体験してみてくださいね。

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

新着記事

アクセスランキング

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ