2019_03_19(火) 07:20

液体ミルクはパパの味方になる!

記事投稿: スゴパパ工場

2019_03_19(火) 07:20

371

記事投稿: スゴパパ工場

371

先日、2019年3月5日に乳児用調製液状乳(乳児用液体ミルク)について消費者庁より特別用途食品の表示許可が承認されて、各メーカーから販売はスタートしました。

前々から話題になっていた液体ミルク。気になっている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は早速「アイクレオ赤ちゃんミルク」の販売をスタートした江崎グリコの担当者にお話しを聞いたのでレポートしていきます!

★目次★

液体ミルクとは?

そもそも、海外では割と当たり前に使われていたという液体ミルク。

アメリカで子育てをしていたパパ友も日本に帰ってきたら売ってなくてビックリしたと話していました。

改めて液体ミルクとは。

1歳までの乳児に向けた母乳の補完的役割を担うもので、これまでの粉ミルクとは違って、お湯などをつかって“調乳”する必要もなく、しかも常温で乳児に飲ませることができます。

「常温で!?」

と思う人もいると思いますし、僕も思いました。

担当の方も、この問い合わせがたくさん来ると話していましたが、実際、常温で大丈夫とのこと。

ということは・・・外出するときに哺乳瓶意外に「粉ミルク」「お湯を入れた水筒」「冷ますための水」という3点セットが必要だったのが「液体ミルク」だけで済むということ!これは助かります!

しかも、粉ミルクの調乳に慣れていない人だと、そもそも調乳自体が難しい。

濃さも温度も「これでいいのかなぁ」となってしまうし、まかせるほうも「ちゃんとできるのかなぁ」と不安になりがちなのですが、液体ミルクならそれがない。これもうれしい!

災害などで母乳などを安心して与えられる状況ではないときを想定とした備蓄としての利用が想定されていて、すでに東京都文京区をはじめ群馬県渋川市、兵庫県箕面市、千葉県山武市など自治体が取り入れることを発表していますが、そういうときに備えて慣れておくことも大切ですよね。

世間で話題の「あの表示」について直撃レポート!

一方で、気になったのが「母乳は赤ちゃんにとって最良の栄養です。」という表示。

うちの妻は、特に長女の時に母乳がうまく出なくて苦労した経験があります。

しかも15年も前の話、周りにいる年配の方から「ちゃんと母乳をあげないとダメだよ」と言われ精神的にも苦しんだ覚えがあります。

そんな経験があるので、気になってしまい担当の方に聞くと、「そういうお客様のからのご意見はいただいています」とのこと。ただ実は理由があるんです。

WHOの決まりとして、この言葉は必ず明記しないといけないもので、実は、液体ミルクだけでなく粉ミルクにも明記されているのです。それぞれの家庭で環境や考え方があると思いますが、決してそういう人を責めるつもりはありません

なるほど。世の中にはいろいろなルールがあるものです。それでも、いろいろなハードルをクリアして販売を実現させてくれたことは本当にありがたい限り。

しかも!国内販売に向けて動き出したのは、一人のパパが熊本地震の際に被災地で海外製の液体ミルクを見て、利便性の高さに驚きつつも、これが日本製だったらもっと安心して使えるのでは?と考えたことがきっかけというから、同じパパとして誇らしいです。


液体ミルクは「調乳」のハードルを下げてくれた!

子育てになかなか慣れる事ができない新生児のパパはたくさんいます。そして慣れる前に諦めてしまう事も。

液体ミルクだけで全てが変わるとは言いませんが、慣れるまで大変な調乳というハードルを一つ下げてくれたと言う意味で、僕は、“液体ミルクはパパの味方になる”と感じています。

ちなみに、飲んでみましたが。

いわゆるミルクらしい香りがして、ほのかな甘みもありおいしかったです。

気になった方はぜひ一度お手に取ってみてください!

スゴパパの道は一日にしてならず。

スゴパパ工場 工場長 杉山錠士
http://www.george-sugiyama.com/sugopapa/

「アイクレオ赤ちゃんミルク」
https://www.glico-direct.jp/icreo/babymilk/item-6741480

オハナスタイル公式ライター : スゴパパ工場

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ