2019_03_08(金) 07:10

紙類は「居場所」が決まれば問題解決【幸せを呼ぶ片付け術】

記事投稿: hayuru

2019_03_08(金) 07:10

484

記事投稿: hayuru

484

年代的なものか好みなのか(こちらと思いたい)、私は書く方が好きです。

スマホは持っていますが、予定は手帳で管理(笑)

買い物にもメモを持ち、子どもの勉強もタブレットより書いて覚えろの昭和式。

そんな感じなので、ただでさえDMやお便りなんかであふれかえるのに、メモ紙がテーブルの上に散乱していた頃も(ただのメモ魔)。

ところが、そんな散らかしていた私も少しのコツで片づけられるようになりました。

散らかりやすい紙類をスッキリと片付けるための工夫をご紹介します。

紙類は「どこにしまうか」決めてしまえば簡単!

片付かない理由に、しまう場所が決まっていないということがあります。

場所がはっきりしていないものは、散らかりやすい。

紙類って、その代表ではないでしょうか。

書類などを取っておく場合、どこにしまっておくのか

これさえ決まっていれば、あとは片付けるだけです。

紙の行き場所、つまり住所を決めておくと迷わないのです。

もう1つ大事なことは、すぐに確認すること

いるかいらないかを決めて、すぐしまう。

このくり返しを習慣にすると、紙がちらかりません。

DMや請求書などはすぐに見る

たまにくる新車発表会の招待状、電気量の通知や請求書など、日々紙はやって来ます。

この時「後で見よう」では散らかる一方。

なるべくすぐに中身を確認することをおすすめします。

すぐに出来なくても、1日のうちで書類などに目を通す時間を必ず作っておくと、無理なく片づけられますよ!

見返さない物はすぐに捨てて、後日集金があるものなどは管理しやすいところへ。

私の場合はデパートのご招待会などのDMは興味のない場合、即捨てます。

請求書などは引き落とされるまでカレンダーや予定が貼ってあるコルクボードに貼り、お金が引き落とされたら保管場所にしまう、というようにしています。

学校のプリントはファイルにまとめて

小学校に入って1年目は、毎日くるたくさんのプリントをいつまで取っておくのが正解なのか悩みました。

例えば……

「学級だより」は記念に残そうかなと思うけど、じゃあ「学校だより」は?

なんて考えてたらきりがありません。

私は1年が終わってやっと判断できるようになりました。

私の整理法を参考までに。

① 名簿や連絡網などは1年間保存

A4のブック式クリアホルダーに種類別にわけて保管し、1年保管する物は一番後ろにいれておきます。

こうするとどこに入っているか探さなくてもすぐ見られます。

② 給食の献立や月間予定などは見えるところに

毎日見るものは管理しやすいところに貼っておきます。

③ 学校からのお知らせは直前の長期の休みまで取っておく

ホルダー手前に学校からのお知らせを入れています。

長期の休み中に1度出して、捨てても問題ないものを抜いてまた戻します。

④ 保健室だよりや給食だよりは今月分がきたら前月分は処分

月が変わるともう使わないので、前の分を処分して差し替えます。

⑤ 学級だよりは永久保存

学級だよりなど、子どもの思い出になりそうなものは次の学年に上がるまえに思い出ボックスに移します。

と、このように自分がわかりやすい仕分け方を決めておくと、時短にもなってスムーズですよ。

提出期限があるものや判断に困る紙にも置き場所を

学校に返事を出さなければいけないもの。

すぐに書いて子どもに渡せるものはいいのですが、返事を少し考えたい案件もたまにあります。

それと、興味はあるけど行くかわからないイベントのフライヤーなどはどこにおくか。

何に分けたらいいかわからないけど、もう1回見たいかも、な紙類。

私は短期的に処理する紙はクリアファイルにまとめて入れています

両側から見られるようにして、片側に学校関係や子ども関係、もう片側にフライヤーなどを入れています。

クリアファイルは、私が作業する机においていつでも見ることが出来ます。

これで、締め切りも忘れず、行かなかったイベント情報なども気づいた時にすぐ捨てることができるのでいつまでも残っていることはありません。


我が家が今週さよならしたもの

我が家の夫はサラリーマンなので年末調整はすでに終わっていますが、この時期は前年1年間の医療費を申告することも。

今年は家族全員の領収書と市販薬のレシートをかきあつめても10万円を超えていなかったので、とっておいた領収書を処分。

比較的健康だったということで、それもまたよし。

子どもの医療費が無料の地域なので滅多に10万円を超えることはありませんが、少しの控除でも住民税が節税できる場合があるので1年間は大事に(笑)保管しています。

3月に計算して、必要なかったらまとめて捨てる。

これ私の年間行事(?)のひとつです。

ちなみに医療費の領収書は、他の領収書などと一緒に蛇腹になっているファイルに保管しています。

紙類は、「その時その場で判断」を習慣づける

紙類がごちゃごちゃと片付かないのは、「すぐにやらなかった」の積み重ねなんですよね。

  • ・このプリントはどこに保管しておくのか
  • ・このダイレクトメールはすぐ捨ててもいいものか

などの判断を手にしたその時その場でしておけば、あとはしまったり捨てたりするだけです。

そのためには、紙類をどこにしまうのか、何に分類するのかなどを自分で決めておくのが大事なのです。

これが習慣づくと、流れ作業的に紙類が片付いていきますよ!

と、言っている先から今日もお便りやテストの返却が…、やれやれ(-_-;)

オハナスタイル公式ライター : hayuru

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ