2019_02_28(木) 11:24

連休に読みたい!おすすめ厳選「漫画」!!週刊オハナちゃんニュース

記事投稿: オハナ一家

2019_02_28(木) 11:24

371

記事投稿: オハナ一家

371

あなたは漫画って読みますか?

「クールジャパン」の代名詞ともなっている、日本の漫画やアニメですが、今回は

「クールジャパン」とかじゃなくてさー!とにかく面白いから読んでみてよ!

という、オハナ一家の独断で、連休に(別に連休じゃなくても)読みたい漫画を一家が一人ずつ紹介していきます!!

オハナちゃんおすすめ「よつばと!」&「さよならミニスカート」

最初は私、オハナちゃんがおすすめするよ!

私のおすすめは「よつばと!」

オハナと同じ6歳の女の子の毎日を、とってもゆっくり、そして細やか~に描いている漫画です。

1つひとつの動作とか、時間の流れ方が本当にあったかくて読んでいて気持ちが落ち着く感じ♪

とーちゃんとか、とーちゃんのお友だちのジャンボややんだ、お隣りさんとかがめっちゃイイ大人ばっかりで、オハナはこの街に住みたい……と思うよ。

絵も丁寧で、コマ割りもゆっくり見ていくと映画を観ているような気分になるのです( *´艸`)

逆にちょっとヒリヒリ感を感じたいなら「さよならミニスカート」もおすすめ!

オハナみたいに生まれながらにしてのアイドルには、もう本気で他人事には思えないお話~。

タイプは真逆だけと、「よつばと!」と「さよならミニスカート」は性別とか年齢とか関係なくおすすめの漫画だよ!!

ボウズくんおすすめ「BEASTERS」「風の谷のナウシカ」

俺の最近のおすすめは断然「BEASTERS」!!

動物たちが人間のように暮らす世界での物語なんだけど、最初は結構サスペンス的にお話が進んでいたんだ。

でも世界観がめっちゃ深くて、謎を解く系の展開だけじゃなくって、草食動物と肉食動物の関わりとか、色んな動物のコンプレックスとか、もうすげーの!!

それぞれの動物の抱える闇っぽいのって、結構人間世界にも当てはまって、これは絶対大人も読むべき!って俺は思ってるぜ。

あと、世界観的なところでいうと、パパに教えてもらった「風の谷のナウシカ」の原作本。

俺はアニメ版しか観たことなくて、ちょっとアニメの中でも気になる所とかあって、それをパパに聞いたら、パパが自分の持ってる原作本を貸してくれたってわけ。

「風の谷のナウシカ」は、マジで連休とか時間が取れる時にじっっっっくり読んでみてほしいーーー!という感じだぜ。

腐海が存在する本当の意味とか、ナウシカたちの「本当のところ」とか、アニメ版では語りつくせてないところが「深すぎだぜ!!!」って俺、4回は叫んだね。

2019年はGWが長いらしいし、外出の予定があんまりないならマジでおすすめ。

パパおすすめ「陰陽師」「イティハーサ」

はい、バトンが渡ってまいりました。

皆さまは私が漫画を読むことに少し驚かれるかもしれませんが、私は漫画好きですよ、ええ。

本格的にはまったのは中学生くらいからですかね。世にいう「中二病」にもしっかりと罹りました

私の右目は邪眼であり、いつか眉間に第三の目が開くと思っていたものです(遠い瞳)。

さてそんな私がおすすめするのは「陰陽師」と「イティハーサ」です。

まずは「陰陽師」から。

こちらは映画にもなりましたね。野村萬斎さんが主役の安倍清明を演じて話題になりました。

そのイメージを引き継いだのが、羽生結弦選手の「陰陽師」というのは有名ですね。

漫画の「陰陽師」は原作が「夢枕獏」さん漫画を「岡野玲子」さんが担当されています。

岡野さんの絵が、平安時代の「土と血の臭い」とか「人間臭さ」を非常に高く表現されていて、まるでその場所で呼吸をしているような気分になるのです。

物語には随所に「おもしろみ」だったり「現代的にしている部分」があるのですが、それも含めて、新しい平安像のようなものが私の中にできました。

私たちには「平安時代のリアル」なんてなかなか感じることは難しいですが、この漫画には「そこに息づく生命」を確かに感じられます

次におすすめするのは「イティハーサ」

「陰陽師」にしろこの「イティハーサ」にしろ、漫画としては現在「オンタイム」で連載をされているものではございません。

「イティハーサ」については、当時からかなり「好み」が分かれていたように思います。当初掲載されていた雑誌は少女漫画誌でしたしね。

舞台は古代日本。登場人物も色々と個性的すぎる特徴をもった人ばかりなのですが、練りに練られた物語精緻な描画は、物語の読後、自分の何かを変えるくらいの力があると感じました。

是や非だけでは語れない濃厚で重厚な世界を、たくさんの方に感じていただけたら……と思いますね。

白黒つけたがる現代だからこそ、多くの人に読んでいただきたいと思う物語です。

ママおすすめ「舟を編む」「パタリロ!」「海街ダイアリー」

はーい!最後はママのおすすめ漫画を紹介しまーす!

実はかなりの漫画好きなので、選ぶのに色々考えました!

で、今回はその中から選りに選って3つ!

まずは「舟を編む」

これは三浦しをんさんの原作小説もヒット、映画もヒット!ということで、小説や映画で知っている人も多いかなって思います。

私は原作も映画も大好きなんだけど、ぜひぜひ、漫画も読んでほしい!!!!

マジメちゃんの風貌とか、佇まいとか、玄武書店の様子や人間関係、漫画を描かれた「雲田はるこ」さんのコマ割りとセリフの位置、人物の立たせ方など、どれもこれも秀逸でため息もの

原作の小説に登場するセリフを、それぞれの登場人物が愛をもって話しているのが、本当にいとおしくて、言葉に対する愛、世界に対する愛を感じる瞬間は何度出逢っても感涙します!!

雲田はるこさんの漫画では、他にも「昭和元禄落語心中」もかなりおすすめ!私はこれで落語を深めました!八雲師匠に心を持っていかれたのは私だけじゃないはず!

次は「パタリロ!」

今、GACKTさんと二階堂ふみさんがW主演で「翔んで埼玉」って映画をしているけど、あのお話の原作者である魔夜峰央さんの代表作の1つが「パタリロ!」

主人公の少年王パタリロ8世が、それはそれは色々な展開で謎を解いたりただギャグに走ったり、時にシリアスな世界情勢を語ったり、この漫画だけで私の世界はどんだけ広がったかわかんない感じ!

世界の多様性を身に染みさせてくれたのも、この漫画がきっかけだった気がしています(*’ω’*)

「翔んで埼玉」が面白かったと思った人はぜひ♪

3冊目は「海街ダイアリー」

ゆっくりと丁寧に描かれた鎌倉を舞台にした物語。

ついに完結したのですが、本当に最後までぶれずに描き切られた四姉妹の日々には、いつも自分のことを振り返って考えさせられることが多かったですね。

長女のサチさんの考えや視点、次女のよっちゃんの変化、三女のチカの生き方、そして四女のすずの大きな成長。

周囲の人との関りや季節の移ろい、そして「それぞれが抱える想い」をさすがの心理描写で描き、見事に昇華させた感じがします。

読むと「自分も頑張ろう」と静かに心がふるえる漫画です。未読であればぜひ、ゆっくりと読み進めてみてください♪

ちなみに作者の吉田秋生さんの作品では「海街ダイアリー」の登場人物がリンクする「ラヴァーズ・キス」もおすすめです。


おわりに

今回はオハナ一家がそれぞれにおすすめの漫画について語りました!

気になる一冊はあったでしょうか?

2019年の長くなるらしいGWはもちろん、ちょっとしたお休みに家族で同じ漫画を読んで感想を言い合うのも楽しいですよ♪

オハナスタイル公式ライター : オハナ一家

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ