2019_02_19(火) 14:03

惜別の声ぞくぞく!よしお兄さん&リサお姉さん、ついに「おかいつ」卒業!

記事投稿: オハナスタイル編集部

2019_02_19(火) 14:03

258

記事投稿: オハナスタイル編集部

258

驚きました( ゚Д゚)

でも、少しはそんな予想もしていました。

え?なんのことかって?

それは「おかあさんといっしょ」という子ども向け番組の、「よしお兄さん」と「リサお姉さん」の卒業です。

2019年2月18日、この2人の3月末での卒業が発表されると、大手メディアはこぞってこの話題をニュースに。

Twitterなどは2人への惜別の声があふれました!!

「おかあさんといっしょ」で親子が育った

筆者には2人子どもがいますが、この2人はどちらも『おかあさんといっしょ』で「よしお兄さん」「リサお姉さん」に親しんできました。

ただ、歌のお兄さん・お姉さんに関しては、上の子と下の子では、少し世代が異なります。

上の子の時の歌のお兄さん・お姉さんは、横山だいすけさんと三谷たくみさんでした。

下の子は、現在の歌のお兄さん・お姉さんである、ゆういちろうお兄さんと、あつこお姉さんにたくさんの歌を教えてもらいました。

2人とも、今でも『おかあさんといっしょ』で知った歌がとても大好きですし、どこかでふとそうした歌を耳にすると、口ずさんで歌っています。

娘は今も楽しい時は知らず知らず「いえイェイ」という歌をノリノリで歌います。

昔から長く歌い継がれている童謡も番組内ではたくさん歌われるので、親子で一緒に歌えるものも多いですね。

親子にとっての「子どものテレビの時間」

私自身は核家族で子どもを育てているので、ずっと自分が子どもを見ているわけにはいきませんでした。

そんな「ちょっとこの時間だけは」という時に、我が家での愛称「子どものテレビ(Eテレでの子ども向け番組たち)」は本当にありがたい存在。

「いないいないばぁ」から始まり、「おかあさんといっしょ」、「みぃつけた」にはそれぞれ本当にお世話になりました(今も子ども達は時間があれば見ていますが)。

ですから、こうした番組のキャラクターやお兄さん・お姉さんが代替わりする時は、子どもも親もすごくすごく、寂しい気持ちになります。

先述した、先代のうたのお兄さん・お姉さんである「だいすけお兄さん」と「たくみお姉さん」が卒業されるときは、さよならの挨拶の時間が、番組内にありました。

娘と一緒にそれを見て、一緒に「ありがとう」「さびしいねぇ」とつぶやきあったのは、今でもよく覚えています。

この時は歌のお姉さんである「たくみお姉さん」が先に卒業されたのですが、卒業後、新しいお姉さんが登場されてしばらくは、娘が

「たくみおねえさん、げんきかな」

とよく呟いていました。

育児の時間にテレビ番組を見せることについては、今も賛否ありますが、娘はたくみお姉さんの卒業で「会えなくなるのはさびしいな」という気持ちを確かに育てました。

また親子で「同じ番組」の情報を共有することで「私は〇〇が好き」「お母さんは△△が好きだな」「お父さんは□□が好きだよ」と、人それぞれに「好きなものが違う」「視点が違う」ということも学んだと感じています。

個人での楽しみや趣味が多様化したした時代に、こうして大人も子どもも一緒にシェアできるものがあるのはとても貴重ではないでしょうか。

ありがとうの気持ちがいっぱい!!

さて今回2019年3月末をもって卒業されることが決まった「よしお兄さん」と「リサお姉さん」は主に体操や身体表現を中心にして、子ども達に楽しい時間をくださっていました。

よしお兄さんの「すりかえ仮面」のダジャレ(時に「それは厳しくない?」というのもありましたが(笑))、リサお姉さんの「パント」、そして歌の中での百面相(カニのおじさん、のリサお姉さんのプロ根性には脱帽です)は本当に楽しい時間でした!

子ども達も「楽しむ大人」を日々見ることで「毎日って楽しい」「歌っておもしろい」を学んでいたように思います。

よしお兄さんは何と14年も体操のお兄さんをされていたそうで、始められた当時5歳だった子はもう19歳になりますね!

もしかしたら、よしお兄さんの影響で子供番組の「お兄さん」になりたい!と思った子がいるかもいれません。

一方、リサお姉さんは7年、身体表現のお姉さんをしてくださいました

明るくて、しなやかなリサお姉さんのパントマイムには、日々子ども達は「うわぁすごいな」の時間をもらいました。

リサお姉さんのパントを見て、娘が「ぞうきん絞りのマネ」や息子が「ロボットのマネ」をしていたのは、私にとっても良い想い出になっています。

本当に、豊かで楽しくて、健やかな時間をありがとうございます!の気持ちがいっぱいですね。


おわりに

よしお兄さんとリサお姉さんの卒業が発表された後、TwitterなどのSNSでは驚きと、卒業を惜しむ声が本当にたくさん集まりました。

しかし、やはり1番多かったの「ありがとう」の声。

親世代はもちろん、孫と一緒に「おかあさんといっしょ」を観ていた、じーじ、ばーばも、よしお兄さんとリサお姉さんには「ありがとう」の気持ちがいっぱいです。

そして何より、これまで2人の笑顔に、楽しくってワクワクする時間をもらってきた子ども達からは「ありがとう」の気持ちがあふれています。

よしお兄さんとリサお姉さんが、成長と共に番組を卒業する子ども達にいつもエールをくれていたように、今度は視聴者から、2人の新しい門出にエールを送りたいですね!

よしお兄さん、リサお姉さん、本当に素敵な時間をありがとうございました!

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ