2019_02_27(水) 07:00

笑顔のお花が咲く家族のお祝い【初節句・雛祭り】

記事投稿: みぃ

2019_02_27(水) 07:00

494

記事投稿: みぃ

494

娘のお誕生日は3月ですが、3月は女の子にとってもう一つイベントがあります。

桃の節句、雛祭りです!!

我が家の初節句は1月から準備がはじまっていました。

雛人形どうする??どんな物を選ぶ??

我が家は羽子板は年末に購入し、お正月に飾っていましたが、雛人形は初売りから選びはじめて迷っていました。

雛人形なんて、じっくり見たことがなかったので、実際に購入するとなると何を基準に選んでいいのか分かりませんでした。

昔は何段もあるような大きな雛人形が多かったようで、私の雛人形も組み立て式の大きな物でした。

時代は変わり、今は小さめの雛人形を購入する人が多いようです。

私の両親と、主人の両親のお祝いにもらったお金を合わせると高価で大きめの雛人形が買えたのですが・・・、

我が家には大事な家族がもう一匹(猫)いるのでいたずらされないようにケース入りの小さめの雛人形を買うことにしました。

ケース入りとは決まったものの、ケースの色やお人形さんのお顔だったり、着物だったり・・・・となかなか決められません。

主人にどれがいいと聞いても、全部同じに見えると言って頼りにならず、私が決めることになりました。

何度もいろんなお店に通って、雛人形を見比べて随分悩み、最終的な決め手になったのはお内裏様のお顔でした。

将来、結婚してほしい男性をイメージしながら決めました。私の勝手な希望というか、願いを込めて・・・。

皆様はどのようなお雛様を選びましたか??

きっと一人一人に色んな願いや思いが雛人形に込められているのではないかと思います。

初節句の記念写真♪

初節句の記念に写真を撮る家庭もあると思いますが、我が家もちゃんと写真に残そうと思いました。

お食い初め、年賀状用、初節句、初誕生日・・・。

子供が生まれると節目やイベント等で写真を撮る機会が増えますよね?

写真屋さんで撮ると金額が高くなりますが、可愛い衣装を着てキレイな写真が残るので絶対に撮ろうと決めていました。

私がお願いした写真屋さんは、初節句プランとい撮影プランがあり、雛人形と一緒に撮影するということで、買ったばかりの雛人形を初めて箱から出したのが写真屋さんでした。

撮影の時も家族皆で見守りました。

個々に写真を撮ったり、ビデオを回していたり。

じいじやばあばも大興奮でした。

十二単を着せてもらって、機嫌が悪くならないかなと心配していましたが、意外と衣装が気に入ったようで忙しく歩き回っていました。

十二単を着ただけなのに、急に大人になったように感じに・・・。撮影がはじまるとエンジンがかかったように動き回っていました。

スタッフの人にお座りさせてもらうと、一時はちょんと座っているのですが、歩くのが大好きな娘はすぐ立って歩いてしまいます。

お菓子やお人形で誘導してみるものの、自由に歩き回って遊ぶ娘・・・。

『初節句で十二単でここまで立って歩く子は珍しいよぉ~ 』

カメラマンの方も娘の動きの早さにビックリしながら、同じ早さで娘を追いかけ撮影していました。

お食い初めの写真の時は、開始15分で泣いてしまって泣き顔での撮影でした。

せっかくの写真が泣き顔で残ってしまって残念だったので、今回は泣かないでいてくれたことが救いでした。

いいね~、このままでいてねと離れると・・・。

あらら・・・、立っちゃった・・・。

あの手この手で、カメラマンの方にいっぱい撮ってもらったのですが、やっぱり座った写真はあまり撮れていませんでした。

親バカな我が家は写真がどれも可愛くて、選ぶことができず結局、全データを購入してしまいました。

きっとそう思うのは、我が家だけではないはず!!

我が子の姿はどれも可愛いんですもの♪

写真はキーホルダーにして家族にプレゼントしました。

『写真を貰うよりいい!!』

と意外と喜んでもらえて、みんなバックにつけて持ち歩いているようでした。

家族にとっては初孫でもあり、唯一無二のアイドル的存在です。


家族でお祝いをしよう!!

休日に家族が集まって、お誕生日と初節句のお祝いをしました。

3月生まれなのでお祝いが一緒になってしまいますが、その分盛大にお祝いしました。

雛人形を飾ったら、オルゴールに興味を持ち何回も何回も聞いていました。雛人形のケースのガラスは娘の手でベッタリ・・・。

お友達からお誕生日のお祝いに浴衣ドレスのプレゼントをいただきました。手芸が得意なお友達の手作りの嬉しいプレゼントでした。

さっそく着せてあげると、嬉しそうにしていました。

可愛い衣装を着て機嫌が良くなるのは、やっぱり女の子なんだなって思いました。

まだ寒くて桃は咲いてはいませんでしたが、我が家の中では笑顔のお花がいっぱい咲いていた一日でした。

家族が皆そろって、美味しいもの持ち寄ってゆっくり過ごす・・・。

ただそれだけなのに、すごく幸せなお祝いになりました。

小さな子供にはお金を貰うより、一緒に居て楽しい時間を過ごすことのほうが絶対嬉しいと思います。

連日・・・・、子供の虐待に関する報道を見て、子供の虐待と殺害という信じられない現実を心苦しく思います。

同じ子供を持つ親として、考えられないことばかり。

今、悲しい辛い思いをしている子供がいるのであれば一人でも多く救われますよう祈るばかりです。

どうか、世界中の子供達が幸せでありますように・・・。

オハナスタイル公式ライター : みぃ

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ