2019_02_22(金) 07:10

きっかけは「家族」!片づけは子どもの為?☆幸せを呼ぶ片付け術

記事投稿: hayuru

2019_02_22(金) 07:10

189

記事投稿: hayuru

189

片付けたい気持ちはあっても、時間がとれなかったりやる気にならなかったり。

なかなかすぐには「片づけ」に取りかかれない場合が多いですよね?

以前は私もそんな感じで「片付け」は後まわし。

散らかっているわけでもないし、と。

でも人はきっかけがあると片付けることができるのです。

それを私は家族によって気づくことができました。

私が「片づけ」に目覚めたきっかけの話です。

物は残る、ということを実感

重い話になりますが、数年前我が家は姑を亡くしました。

あまりに急で、残された家族はすぐには事態を飲み込めず右往左往。

儀式的なことも落ち着いた頃、寂しく悲しい気持ちの中でも舅は遺品を片付けなければならないと思ったようでした。

私もですが、女性って持ち物が多いですよね?

例えばバッグでも様々なデザインの物を持っているのではないでしょうか。

姑は生前買い物が好きで、私もよくバーゲンに一緒に行っては、あれこれ買っていただいて。

子どもが生まれてからは、それこそ服からおもちゃからたくさん買ってくれました。

そんな姑でしたので持ち物も大量。

しばらく舅が片付けていましたが、結構な量だったこと、処分の仕方に悩む物も出てきたことで、嫁の私にヘルプ要請が。

20年弱同居して本当の娘のように暮らしてきたとは言え、姑が遺した物を嫁の私が片付けて大丈夫かと悩みましたが、遺品を見せられてわかったのです。

このたくさんの物を、夫や息子などの近しい関係の人が片付けるのはつらい作業だろう、と。

身内であっても、嫁という一歩引いた立場の方がスムーズにやれることもある。

お世話になった姑のためだと思い、片付けを引き受けました。

そして同時に。

持ち主がいなくなっても、物は変わらずそこにあるという当たり前のことを実感したのでした。

途方にくれていても片付かない

たくさんの物を目の前にして呆然とした私でしたが、はっきりしていることが1つだけありました。

それは、黙って見ていても片付かないということ。

腹をくくって仕事のようにやるしかない、と思ったのを覚えています。

一晩考えた、遺品を片付けるための手順

やみくもに手を付けると大変だと思い、一晩考えてひねり出した「片付け」の手順。

軌道修正しながら、大体次のように進めました。

・人に差し上げられない物は処分

肌着や靴下など使用済みの肌に触れるものは処分。

・アイテム別に分ける

上着だけ、帽子だけなど、まずはアイテムごとに分類。

・アイテム別に分けた物をさらに分別

分類した物をさらに使えそうな物とそうでない物にわけました。

汚れや破れがないかなどを基準に、使えない物は処分。

・使えそうなものをさらに分別

自分が使えるか、形見として差し上げられるか、誰かが使ってくれるかなどを基準に。

当てはまらない物はまとめてリサイクルショップへ。

淡々と書いていますが、葛藤もありました。

捨てるにはしのびないからとリサイクルショップに持ち込みましたが、それも心が痛みましたし、捨てるのもつらい。

ですが、この経験が私を本格的に「片付け」に向かわせることになったのです。

我が子にはこんな思いをさせたくないな、と。


「片付け」は永遠に続く

遺品の「片付け」を通して、今後は私物を片付けると決めた私。

私の私物で我が子の時間を奪いたくないのです。

多分「片付け」に終わりはなくて。

日々持ち物は増えていくし、きっと永遠に続くでしょう。

でも、家族のために片付け続けたい。

重い腰があがらない時、自分の物を処分する家族のことを想像してみることも、1つのきっかけになるかもしれませんね。

オハナスタイル公式ライター : hayuru

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ