2019_02_16(土) 09:15

炊飯器で簡単!時短も叶う甘酒レシピ。麹の万能調味料まで!

記事投稿: つん

2019_02_16(土) 09:15

212

記事投稿: つん

212

麹を使った調味料や、甘酒を作る方法を紹介します。

甘酒には、疲労回復や美肌、腸内環境を整える、ビタミンB群、、食物繊維、オリゴ糖や、アミノ酸、ブドウ糖が含まれています。

甘酒は、飲む美容液としても話題ですよね。

私は、風邪予防としても甘酒を飲んでいます。

では作り方を見ていきましょう

意外と簡単!乾燥麹で甘酒

炊飯器を使った作り方をご紹介

・ 乾燥麹200g、余り物のご飯半量、温度計を準備

・ 乾燥麹を40度程度のお湯を50ml入れ、ふやかします。

・ 50度から70度以下になるようにお湯を足し、6時間おきます。

・ 温度を保たなければいけないので、炊飯器の中に入れます。

※時々、混ぜたり温度を確認しなければいけません。50度以下や、70度以上になってしまうと、麹菌が作り出す酵素が働きません。

・粒が嫌いな人は、ミキサーにかけたらトロトロの甘酒ができます。

・粒が残った状態でもいいので、私はこのままチンして、ゆずを入れたり、生姜やお湯を混ぜて飲んでいます。

甘酒を使うといいこと

甘酒は飲むイメージですが、料理にたくさん使えます

●とにかく柔らかくなる

・肉料理の前の下ごしらえに少し入れて揉む

・味ありがいいなら、醤油麹を揉みこむ

酵素の働きで、お肉をやわらかくしてくれるので、漬け込む時間を短縮できます。

豆腐にも、甘酒を使うとふわふわ豆腐ができるんです。卵焼きに入れても、優しい甘みと、ふわふわ卵焼きの出来上がりです。

●コクがでる

おすすめは、味噌汁です。毎日作る料理に一味加えれるのもいいですよね。

●子どもにみりんやお酒を使わずにすむ

●美容、健康によい

最初に記述したとおり、麹にはたくさんの酵素やビタミン、ミネラルなどの栄養素があります。


混ぜるだけでできる醤油麹

醤油麹は醤油と比べて旨味成分がアップするので、減塩効果もあるようです。甘酒と同様、酵素が含まれています。

・ 麹に醤油を入れて、混ぜます。

・ 1週間程度、混ぜたら出来上がりです。

・ 醤油がわりに使っています。

・ 麹が入っているので、とにかくお肉料理は柔らかくなります。

麹で何にでも使える万能ダレ

・ 甘麹を10、醤油麹を3から4を混ぜる

・ チョッパーや、すり鉢を使って混ぜた方が使いやすい

・ これを作っておけば、何にでも合う調味料になります。

・ 甘麹は砂糖、みりん、お酒の代わり、醤油麹は醤油の代わりになることを考えれば、大半の料理に使えます。

胡麻和え

これと胡麻、お酢を加えるだけでできます。

回鍋肉

万能タレと味噌をプラス

あとは、鯖の味噌煮や、ごまドレの代わりにもなるスグレモノです。

作ったタレや、甘酒は冷凍でも保存が効きます。

あなたも甘酒を使ってみませんか??

オハナスタイル公式ライター : つん

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ