2019_01_24(木) 11:47

バレンタイン!手作りチョコで家族もHAPPY! 週刊オハナちゃんニュース

記事投稿: オハナ一家

2019_01_24(木) 11:47

342

記事投稿: オハナ一家

342

「オハナかくれんぼ」でおなじみ、オハナ一家。今回ニュースを担当するのはわたくし、「オハナパパ」です。

バレンタイン記事なのにパパ?と思ったあなた!鋭い!!

バレンタインはかつて「好きな男の子にチョコを贈る」という、非リア充な私にとっては涙の味しかしない日でした……。

だからこそ、悔し紛れに色々とバレンタインのことを調べるうち、私はバレンタイン、ひいてはチョコの手作りレシピに詳しくなったのです!!!

これこそ「人間万事塞翁が馬」!!!(なのか?)

ということでして、今回はオハナパパが熱くバレンタインを語ります!

パパのおすすめ!簡単♪手作りチョコレシピ厳選3選!

今まで、ママからバレンタインの贈り物をもらうまで、義理チョコすらあまりもらったことのない私です。

でも、バレンタインが気にならなかったわけではありません。

手作りチョコをもらった友人を眺めては

「いいな……」

と思っていたものです。

そんな私は、手作りチョコがうらやまし過ぎて、自分で作るようになりました……(遠い瞳)。

そんな私が手作りチョコ初心者だった頃にも確実に成功した、簡単チョコレシピをご紹介します!!

見栄えもよし!フルーツonチョコ

【材料】

  • ・(一般的な)板チョコ:2枚
  • ・お好きなフルーツ:適量

【作り方】

  • ① チョコを湯煎で溶かす
  • ② お皿の上に、溶かしたチョコをスプーンでたらして置いていく
  • ③ お皿にたらしたチョコの上に、フルーツを乗せていく

最後にまたチョコをかけて、アラザンやスプレーチョコで飾っても可愛いです

間食にもおすすめ!チョコバー☆

【材料】

  • ・(一般的な)板チョコ:2枚
  • ・マシュマロ:10g
  • ・バター:20g
  • ・グラノーラ(フルーツ入りの物だとなおよし):お好みで

【作り方】

  • ① バターを溶かしながら、そこにマシュマロをいれて柔らかくする
  • ② チョコを湯煎して、そこに①を入れる
  • ③ よく混ざった②に、グラノーラを入れてよく絡ませる
  • ④ 長方形の型に入れてもよし、スプーンですくっていくつかに分けてもよし、でお好みに分けたら冷蔵庫で冷やす

HMで簡単チョコ蒸しパン

【材料】

  • ・HM(ホットケーキミックス):100g
  • ・ココア:20g
  • ・牛乳(水でもOK):80cc
  • ・チョコレート:適当(チョコチップならなおよし)

【作り方】

  • ① HM、ココア、牛乳をボールに入れ、混ぜる
  • ② 8号くらいのお弁当のカップやアルミカップに①を入れる
  • ③ チョコチップをそれぞれに散らす
  • ④ 蒸し器で10分程度蒸す(様子を見ながら調節してください)

バレンタインにはメッセージも添えて

昨今のバレンタインは「友チョコ」や「自分へのチョコ」も一般的になってきております。

これはいい傾向ですね。無駄に涙する男子が減っていく気がしております。

今は大事な人同士で贈り合うということも広がっているようで、我が家の娘もお友だちと駄菓子のチョコを交換しておりました。

ただ、娘のチョコのやり取りで非常に良いなと思った点がございました。

それは「メッセージ」

お互いに「いつもありがとう!これからも仲良くしてね」とお手紙を添えていたんですね。

我が娘ながら

「やさしく育ったな……」

と涙が……。

そのようなわけで、やはり贈り物には「メッセージ」を添えるのがよろしいですね。

私も今回のバレンタインには、ママにメッセージと心を込めた手作りチョコを贈りたいと考えております。

え?ママからは何かもらうのかって?

もちろん彼女からは日々、大きな愛をいただいております!感謝です。

気になるホワイトデー事情

近年のバレンタインは友人同士でもやり取りされる傾向が強くなっているので、かつてのように「ホワイトデー」については盛り上がっていないのでしょうか?

というと、実はそうでもなく、やはり恋人同士などであれば、バレンタインに贈り物をもらった側は、ホワイトデーにお返しをしているようです。

我々が学生の頃は、ホワイトデーのお返しと言えば「クッキー」や「マシュマロ」でしたが、最近はどうなのでしょうか?

お返しの人気は?

ホワイトデーのお返し、近年の人気は「アクセサリー」や「バスグッズ」だそうです。

バスグッズは義理チョコのお返しでも、ちょっとした入浴剤(バスソルトというらしいですね)をお返ししたりするそうで……おしゃれですね。

ただやはりスイーツはダントツの人気と言うことで、中でもマカロンや果物をチョコでコーティングしてあるお菓子なども人気ということです。

他にもハンドクリームも人気のお返しだと、隣りでママが話しております。

バレンタインの由来

ここまでバレンタインに役立つように情報を述べてまいりましたが、そもそもバレンタインはなぜイベントになっているのでしょうか……。

ローマにいた司祭が由来?

バレンタインの由来は本当に諸説あり「絶対これだ!」とはどれも言い難いものです。

しかし「バレンタイン」という名前の由来などはおおよそこれではないかという説があり、そちらが有力です。

それは3世紀頃にローマに実在したキリスト教の司祭「聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)」の行動が現代につながっているという説。

この方は3世紀頃のローマの皇帝クラウディウス2世の「兵士は結婚しちゃだめ!」という政策に反対し、密かに若い兵士の結婚に手を貸していたのだそうです。

まぁ…このようなことをして皇帝に見咎められないはずもなく、彼はあえなく処刑されてしまうのですね。

これが269年頃の2月14日ということで、愛し合う者のために殉教した形となっているバレンタインの功績をたたえて、この日が恋人にまつわるお祭りになったようですよ。

ちなみに、チョコを女性から男性へ…という日本で一般的な習慣は、1970年代からの製菓業界のキャンペーンが由来では?というのはよく言われていますね。


おわりに

今回は、私がこれまでに秘めてきたバレンタインへの熱い思いのたけを語らせていただきました。

本当はもっとこう、色々とお伝えしたいところでしたが、隣りでママが「くどくない?」と言っておりますし、この辺りで筆をおさめます。

今は簡単にできる手作りチョコのキットもたくさん販売されておりますし、パパもママも子どもも、家族みんなでチョコを手作りするのもよろしいですね。

どうか皆さま、良い家族時間を!

ハッピーバレンタイン!!

オハナスタイル公式ライター : オハナ一家

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ