2019_02_03(日) 07:00

子供たちから教わった「安くても贅沢な旅行」とは?

記事投稿: ぶちかぶちか

2019_02_03(日) 07:00

289

記事投稿: ぶちかぶちか

289

勢いにも後押しされ、泊まりがけでの旅行が我が家でも久しぶりに実現しようとしています。

今回の旅行の目的はズバリ

❝雪遊び❞

です!

この冬は暖冬と言われているように去年ほど雪が積もらないので、普段の生活にはありがたい環境なのですが、雪遊びをするには物足りません。

子供たちも雪遊びは大好きなので今回はスキーリゾートの方に行くことにしました。

とは言っても、我が家にはウィンタースポーツが得意な者は誰もおりません。

私もこれまでの人生でウィンタースポーツは2~3回やった程度です。

なのでスキーやスノボといった本格的なものではなく、子供たちがソリや雪遊びが楽しめるような易しい場所を探すことにしました。




子供にとっての旅行の魅力とは?

旅行と言えば、お金をかけて高級旅館などでラグジュアリーな時間を過ごすことが贅沢の極みだと思っていました。

もちろん、今でもその憧れは持っていますしチャンスがあるなら飛びつきたいくらいです(笑)

しかし、我が家にとって今がそのタイミングではありません。

子供をもってから、私の旅行に対する価値観が少しずつ変化してきました。

子供たちには贅沢よりも、たくさんの経験や好奇心を掻き立てるようなチャンスを与えてあげたい。

今はこう思います。

旅行にはそんな魅力がたくさん詰まっていると思います。

なので、贅沢旅行は子供がもう少し大きくなってから、または夫婦水入らずでゆっくり過ごせるようになってからのお楽しみにしたいと思います。

お金をかけることが全てではない!?

旅行に限らず、日常生活を通して子供から教わることはまだまだあります。

そのひとつが、お金の価値観です。

親の気持ちからすると、子供たちには少しでも良いもの、いい思いをさせてあげたいと思うものです。

けれども、子供にとってはお金をかけようがかけまいがそんなことは全く関係ないのです。

例えば、ブランドの子供服。

やはり素材もいいですし、デザインもオシャレで長持ちするのでたまに奮発してブランドの子供服を買ってあげることがあるのですが……。

結局子供が好んで着続けるのは間に合わせで買った、チェーン店の安い子供服だったりします。

また、おもちゃもそうです。

クリスマスや誕生日になかなか普段は買ってあげられないような高価なおもちゃを買ってあげたりしても、結局いつも好んで遊んだり持ち歩くおもちゃは100均の剣やピストルだったり。

大人と違い、子供にとってはお金をかけたから良いものだという概念は全くないことが分かりました。

子供と違い、私はいかに長持ちするか、肌触りが少しでもいいもの、見栄えがいいもの、そんな基準で子供に物を与えることが多かったのですが、知らぬ間に子供の意向を無視していたこともあったかもしれません。

お金をかける=子供の幸せ

とは限らないのかもしれません。

子供たちのために選んだホテルは?

そんな我が家が今回選んだホテルは、スキー場が目の前にあるリゾートホテルです。

ホテルのグレードも決して高くなく、お部屋は基本の和洋室で食事もバイキングです。

大人にとっては少し物足りない内容かもしれませんが、子供にとってはきっと新鮮なことだらけです。

  • ・ふとんで寝る(普段はベッド)
  • ・子供用の浴衣を着て過ごす
  • ・バイキングを楽しむ
  • ・大浴場を利用する

これだけでも子供たちにとってはとても刺激的な体験になるのではないかと期待しています。

あとは、雪遊びという目的を安全に楽しく果たせれば、この旅行も私にとって大成功と言えると思います。

旅行先でも子供目線で楽しみを共有できるよう、努めたいと思います。

どうか当日まで誰も体調を壊しませんように…

お正月の悲劇(この悲劇についてはコチラ)を思い出す私です(笑)

オハナスタイル公式ライター : ぶちかぶちか

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ