2019_01_14(月) 14:00

冬を満喫!家族で楽しむスキー場のススメ

記事投稿: いちかママ

2019_01_14(月) 14:00

346

記事投稿: いちかママ

346

東京都心部でもついに初雪観測とのニュースが流れ、本格的に真冬到来という印象ですね。

寒さが苦手な方には「早く春になってー!」と切望する日々かもしれませんが、せっかくならこの冬ならではの思い出を家族で作りたいものですよね。

そこで今回は、冬のアウトドアスポーツの定番、スキーに注目!

北海道出身かつ小学校時代はクロスカントリースキー少年団に所属していた筆者が、家族でスキーを楽しむポイントを伝授しますよ♪

家族でスキー場を楽しむためのポイント

この冬に初めて家族でスキー旅行へ出掛ける予定、という方もいるかもしれませんね。

そんなスキー初心者の方でもご安心を。ここでさっそく、スキー場を楽しむポイントをご紹介します。

あると便利な持ち物は?

スキー場では「とにかく寒さ対策をしなければ!」と意気込んでしまいがちですが、家族の誰にどんな装備が必要であるかを明確にしましょう。

例えば、〝スキーを滑るのはパパと子どもだけで、ママはそばで応援する″という場合は、ママに多めの貼るカイロやボアインソールなどの装備を。

逆に、スキーを滑っていると意外と熱くなるので、天候次第でパパとお子さんにはカイロは必要ありません。

他に便利なのは、防水仕様のスマホケース。首掛けできるタイプなら、お子さんのスキー姿をすぐに撮影することもできますよ。

スキー場へはどう行くのが正解?

お目当てのスキー場まで行く交通機関に迷ってはいませんか?

居住地域とスキー場までの距離感にもよりますが、おすすめはズバリ、マイカーです。

スキーウェアやスキー靴、温かいお茶を入れた水筒…などなど、スキーにはとにかく荷物が多くなりがち。

必要かどうか迷ったものでも、とりあえず車に積んでおけば滑り始めた後でも取りに来ることが可能です。

また、スキー場で板や靴などすべてレンタルする、という場合なら、スキー場が運行している送迎バスなどを利用するのもひとつですね。

どんな施設・設備があると良い?

最近ではスキー場も様々なサービスや設備が充実していて、その内容によってスキー場を決めるということも少なくありません。

スキーの上達レベルによって使い分けできるコース設備があると、初心者からベテランまで安心です。

「うちの子はまだスキーに挑戦できないかな…。でも、親は滑りたい!!」という場合は、託児所付きのスキー場を利用してリフレッシュするのもあり♡

近場にあると嬉しいのは?

もちろんスキーがメインのお楽しみではあるけれど、「せっかくなら1日丸ごとスキー場で満喫したい!」という方は、スキー場内や近所にこんな施設があると良いですよ♪

温泉&スーパー銭湯

スキーを滑っている間は不思議と寒さを感じないのに、汗がひくとすっかり体が冷えてしまうもの。そこでおすすめしたいのが、スキーからの温泉!!

心身ともにぽっかぽかで家族みんな笑顔で1日を終われるはず♡

食事ができる場所

スキーヤーが楽しみにしていることのひとつと言えば、スキー場グルメ♪

ひとすべりしてから、じんわり温まるラーメンを食べたり、スキー場によってはご当地グルメを楽しめるレストランや食堂が併設していることもありますよ。



今年の冬は、家族みんなでスキーにチャレンジ!

事前準備や用意するものが多そうで、家族で行くにはちょっとハードルが高い…と感じてしまう、スキー。

でも、最近ではセットレンタルサービスや家族向けのリフト券割引サービスなど、お得に楽しめるサービスがあれこれ充実しています。

冬ならではの非日常を楽しめるスキーは、家族で楽しむのにぴったりなレジャーです。

この冬は、気分新たに家族でスキーに挑戦してみては?

オハナスタイル公式ライター : いちかママ

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!