2019_01_15(火) 07:00

「なめ茸」使って簡単♪きのこたっぷり炊き込みご飯【パパごはん】

記事投稿: ゆい

2019_01_15(火) 07:00

716

記事投稿: ゆい

716

急に冷え込んだり、暖かい日があったりと気温の変化が激しい日が続きますね・・・

気温の変化が激しい時、某メーカーの発熱インナーを着ていると暑くなりすぎて汗をかいてしまうことがあります。

そこから汗冷えして風邪をひいてしまうなんてことも・・・

こういう時は登山の服装選びの考え方がすごく役立ちます。

気になる方は「登山 レイヤリング」で検索してみてください。

さて、話を戻しましょう(笑)

前回はおかず(スープ)を紹介しましたので、今回は主食です!!

子どもって炊き込みご飯好きですよね~(もしかしてうちだけ?)

うちでは炊き込みご飯を3合で作るのですが、あっという間になくなることが多いです。

上の子はびっくりするぐらい何度もおかわりをします。

というわけで、うちではよく作っている簡単おいしい炊き込みご飯を紹介します。


今回の主役はきのこ!

今回はキノコをたっぷり使います。

瓶詰のなめ茸を使うのがミソです!

あの味付けが炊き込みご飯にするといい感じになるのです♪

干しシイタケでさらにうま味アップ!

きのこたっぷり炊き込みご飯

【準備するもの】
・お米:3合
・なめ茸:1瓶
・干しシイタケ:量はお好みで
・その他きのこ:好きなだけ(笑)
・刻みあげ:寿司あげ2枚分くらい
・きんぴら用こんにゃく:1袋
☆麺つゆ:大さじ1.5
☆醤油:大さじ1
☆顆粒だし(できれば塩分ないもの):5g
☆お水:適量

【作り方】

① お米を研ぐ。

お米を研いで水に20~30分くらい浸けます。

② 調味料を入れる。

一旦水を減らして☆の調味料を入れ水量を調節します(炊飯器の3合のメモリ)

顆粒だしは塩分が入っているものを使うときは、醤油や麺つゆの量を気持ち減らしてくださいね。(味が濃くなりすぎることも)

③ 具を入れる。

きのこ各種・刻みあげ・こんにゃくを入れて最後になめ茸を入れます。

私は干しシイタケは戻さずそのまま入れちゃいます。

後は炊飯器のスイッチON!!

炊けたら出来上がりです。

きのこは体にいい!?

きのこは体にいいと聞いたことありませんか?

意外と栄養豊富なきのこ。

〇 食物繊維が豊富!

どのきのこも食物繊維が豊富です。

便通の改善や体内の有毒物質を絡め取り体外に排出する効果が期待できるそうですよ。

〇 乾燥きのこ類はビタミンDが多い!

特に乾燥きくらげが多いらしいです。

天日干しで乾燥させているものは、太陽の光に当たることでビタミンDが生成されるんだとか・・・

熱風乾燥のみのものはそんなに多くないみたいです。

〇 多種類のミネラル類を含んでいる!!

ミネラルは骨や体をつくり体の調子を整えたり、感情をコントロールしたり疲労回復にも役立つそうです。

きのこはその中でもカリウムが特に豊富。

カリウムは高血圧や無気力症、心不全などを防ぐ働きが期待できるそうです。

〇 葉酸を含んでる!!

妊婦さんや胎児に良いといわれる葉酸。

赤血球を作る際にも必要らしく、妊婦さんや胎児だけでなく誰にとっても必要な栄養素らしいです。

枝豆やブロッコリーも葉酸が多いので一緒に食べると良いらしいです(炊き込みご飯に入れればよかった・・・)

上記内容は私が調べたことなので参考程度にしてくださいね(間違っていたら教えてください(m´・ω・`)m )

そんな栄養満点なきのこを食べて、寒い冬を元気に乗り切りましょう!!

オハナスタイル公式ライター : ゆい

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ