2019_01_02(水) 07:00

そろそろ、御馳走にギブアップ!庶民の味が恋しい~っ!!

記事投稿: ヒロインは私

2019_01_02(水) 07:00

173

記事投稿: ヒロインは私

173

変わっていくお正月料理

お正月も年齢を重ねるごとに様変わりしていく我が家。

新婚時代は、良き妻にならなくっちゃ、との凄まじい意気込みで、料理の本を片手に、お節料理をしっかり作っていました。

初めて、嫁として、主人の実家に、新年のご挨拶に行った時、義母と兄嫁と私が三人並んで、料理の支度をした時の緊張感を今でも覚えています。

3人の息子の育児が大変になると、手のかかる「昆布巻き」や「黒豆」は、スーパーで買うようになり……

更に息子が大きくなると、お節料理を食べない事から、お節は一切作らず、子供が喜ぶ、唐揚げや豚カツが「我が家風正月料理」になりました。

最近は、私もゆっくりできるように、息子家族や主人のリクエストで、すき焼きや、しゃぶしゃぶが、お正月の御馳走になりました。

新婚時代に、毎年登場していた三段重ねの重箱は、戸棚のスミで、すっかり、出番が無くなってしまいました。

もともとお正月料理が苦手!

お正月料理と言えば、もともと、私は、お餅が大嫌い!!

ただ、私以外は、全員、お餅が大・大・大好きな人種!

自分は食べないのに、せっせと朝からお雑煮を作って、食べるのは、トースト(笑)という三が日なのです。

年末年始に御馳走を食べすぎ、そろそろ、お寿司も、すき焼きも、お刺身も、もう見たくない!と思っているのは、私だけでしょうか?

あのお正月用の立派なかまぼこではなく、すうどんに100円で買える、赤やピンクのかまぼこをのっけて、食べた~いっ!

庶民すぎる私の舌が、そう要求し始めています。


「今年の一皿」は「我が家の一皿」でも・・・

さて、昨年発表された「2018年の一皿」は、鯖だそうです。なるほど!! 納得です。

水煮缶が体に良いという本も出て、懸賞で当選した図書カードで、早速、本を購入。

そのおかげで、特に鯖の水煮缶は、我が家の食卓に、しょっちゅう並びます。

☆鯖の水煮缶と大根のサラダ

  • ① 大根は食べる分だけ、千切りにする。
  • ② 鯖の水煮缶は、水気を切ってほぐしておく。
  • ③ 千切り大根と、鯖の水煮缶を醤油マヨネーズであえる。
  • ④ 仕上げに、韓国のりをちぎって散らす。

因みに「2017年の一皿」は、鳥胸肉料理。

我が家もここ2,3年で、唐揚げと同じ頻度で鳥天が登場するようになりました。

九州育ちの私は、好物だった事を思い出し、即、作ってみたのです。

鳥胸肉は、とても安価で、家計のお助け食材!

超安値の胸肉で作る、鳥天、鳥ハムは、久々の我が家のヒットメニューで、どちらも大好評!!

☆鳥天 材料(4人分)

  • ・鳥胸肉3枚
  • ・料理酒 小さじ3
  • ・おろし生姜・おろしニンニク・塩(各家庭のお好みで、醤油でも)
  • ・卵1個
  • ・天ぷら粉・青のり・ゴマ

☆作り方

  • ① 鳥胸肉は、一口大のそぎ切りにする。
  • ② ボールにそぎ切りにした鳥胸肉を入れ、料理酒、生姜、ニンニク、塩で味付ける。
  • ③ 30分位寝かせて、卵1個を割りいれて混ぜ合わせる。
  • ④ 天ぷら粉を分量の水で溶き、半分ずつ、青のりバージョンとゴマバージョンを作る。
  • ⑤ 味付けした鳥胸肉をそれぞれのバージョンの天ぷら粉にくぐらせ、油で揚げる。

我が家は味がついているので、そのまま何もつけずに、食べますが、もう少し味付けを抑え目にして、天つゆや、ポン酢、辛子醤油などを、つけてたべてもいいですね。

揚げたてのアツアツは、おつまみにもピッタリ!

好みのつゆをかけて、鳥天丼にしてもいいですね。

やっぱり、御馳走は、「たま~に」だから、おいしいのです。

安い食材を、どうしたら、家族の喜ぶ料理にするか、主婦の腕のミセドコロ!!

今年も、どんな料理が、我が家の味になるでしょうか。

とっても楽しみな2019年の始まりです・・・

オハナスタイル公式ライター : ヒロインは私

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ