2016_09_15(木) 18:41

人生で一番ピンチだった時に助けてくれたのは嫌いだった両親<神奈川県 30代男性>

記事投稿: オハナスタイル編集部

2016_09_15(木) 18:41

2148

記事投稿: オハナスタイル編集部

2148

我々(BOLSTER株式会社)は、皆さんへ親孝行のきっかけと、親孝行を手軽に行うための仕組みを提供しています。今回は、神奈川県在住の30代男性から、「人生で一番ピンチだった時に助けてくれたのは嫌いだった両親」が届きましたので是非ご覧ください。

 

小さいころから両親が嫌いだった。

私は、幼い頃から両親のことが嫌いでした。私には兄がいたのですが、いつも両親は私と兄を比較し「お兄ちゃんみたいに」という言葉と共に叱られていたからです。明らかに兄に非がある時に私が叱られることも多く、幼い頃から、両親は私のことが嫌いなのだと思い込み、それに応じるように私自身も両親を嫌いになっていったのです。

その後、私は家でほとんど両親と会話をしなくなりました。高校を卒業して就職してからも、ほとんど連絡を取らなくなっていったのです。


 

借金が膨らんで返せない状態に。

就職を決めたはいいものの、私はすぐに仕事を辞めました。理由は様々ありますが、簡単に言えば我慢ができなかったという理由です。その後も働きはするのですが、すぐに仕事を辞めてしまうような状態です。早いときは、二週間で仕事を辞めたこともあります。

仕事を辞めても実家で暮らしていたわけではなく、一人暮らしをしていたので、当然、お金がなくなっていきます。借金をしなければ生活できないような状態になってしまい、何度も何度も、今度は仕事を長く続けようと思うのですが、実際に働いてみるとその決意をすぐに忘れ、また仕事を辞めてしまうという繰り返しでした。その結果、借金はみるみる膨らんでいったのです。

 

貧乏だった実家。友人には断られる。

家賃も払えなくなり、携帯電話も止められという状態になるのに時間はかかりませんでした。借金は100万円ほどまで膨らみ、誰かにお金を借りることでしか、現状を解決することはできなかったのですが、両親に連絡したくはありませんでした。嫌いな相手にお金を借りたくないというプライドがありましたし、私のためにお金を用意してくれるとも思えなかったからです。そして、何より実家は貧乏だったので、そもそもお金を用意することができないとも思っていました。

そのような状態だったので、恥を知りながら友人などに何人かお金を借して欲しいと連絡をすることにしました。しかし、お金を借してくれる人はいませんでした。

 

母からの「いいよ」の一言。

お金がない状態は想像よりもきついです。毎日、朝起きてから寝るまでずっとお金のことを考え続けました。5キロほど体重も減りましたし、何より街中を歩く人間全員が幸せそうに見えて仕方ありません。正直、何度金を奪ってやろうと思ったか数え切れません。さらに、徐々に世界にフィルターがかかったようになり、色彩感覚や味覚が薄くなっていきました。生きている実感がなく、死ぬか、犯罪を犯すか、という二択を永遠と考え続けていました。今考えれば、少し精神的におかしかったのだと思います。

そんな折、たまたま母から連絡があり、食事を一緒にすることになりました。私はその時に「お金かして」と、あえて軽く言ってみました。プライドがあったので、半笑いで、別に無理なら大丈夫、というような感じで、あえて言ったのです。なぜお金が必要なのかも言いませんでした。

すると母は「いいよ」と即答しました。お金がないはずなのに、という疑問もありましたが、私は後日お金を母から受け取り、何とか生き長らえることができました。後で知った話ですが、実は母は借金をしてお金を用意してくれたようです。

 

病気の父と母を助けたい。

お金を援助してもらってから、私の中にあった両親に対する嫌悪感というものが徐々に消えていきました。いざという時に救ってくれるのは、親しかいない、だからこそ親なのだ、と実感したからこそ、昔のことは全て忘れようと思えたのです。

それから数年が経ち、父が肺気腫になってしまいました。命に関わる状態ではありませんが、今は実家の近くに引越し、頻繁に実家に帰るようにしています。それが親孝行と言えるのかはわかりませんし、旅行や仕送りなどのような具体的な親孝行を行えるほど私にも余裕があるわけではありません。でも、今後はそのようなことも含めて、もっと親孝行をしていきたいと思っています。

 

<神奈川県 30代男性 ペンネーム:タク>

親孝行、始めませんか?

みなさんはご両親とのコミュニケーションは取られていらっしゃいますか?忙しい日々を過ごしていると、つい両親への連絡が後回しになってしまう方も多いのではないでしょうか。まずは月に一度から、手軽に両親への手紙を郵送できる「親孝行、お届け便。」を活用して、コミュニケーションのきっかけをつくってみませんか?
「親孝行、お届け便。」は、お客様のスマートフォンに保存されている写真やSNSの投稿をもとに、スマートフォンをあまり利用していないご両親にも近況を手軽に伝えられる手紙を作成し、ご両親のお手元までお届けするコミュニケーションサービスです。ご両親へご郵送させて頂く際には、返信の際にご利用頂ける返信用ハガキも同封していますので、メールや電話とは違う、直筆の温かみがあるお返事も頂けますので、ぜひ一度、「親孝行、お届け便。」を体験してみてくださいね。

ライター応募はこちら

タイアップ

関連記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

新着記事

オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ
オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ オハナかくれんぼ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 年間

お得なプレゼントの案内や家族に関する記事を受け取ろう!


おすすめコンテンツ

次へ
前へ